前川氏授業に圧力の安倍チル・赤池議員が『ちびまる子ちゃん』にも圧力!「友達に国境はな〜い」のコピーに「国家意識がない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

もう一人の圧力議員・池田佳隆は「宇予くん」JCの元会頭

 では、現時点でわかっているもう一人の圧力議員・池田佳隆氏はどうか。池田議員といえば、「宇予くん」問題やヘイトツイートで顰蹙を買った日本青年会議所(JC)の元会頭。2012年衆院選で初当選し、例の「文化芸術懇談会」のメンバーでもあった典型的な安倍チルドレンだ。池田氏がJCの会頭を務めていた2006年には、「週刊ダイヤモンド」(ダイヤモンド社)同年12月16日号の広告記事での女優・紺野美沙子との対談で、こんな“極右教育観”を展開している。

「戦後の偏向教育は日本を堕落させた根幹だと思います。今こそ道徳教育が必要だと考え、本年度、日本JCは義務教育の現場へ直接働きかけました。道徳教育を通じて文化や伝統の大切さを伝え、日本に生まれたことを誇りに思える子どもたちを育む義務がおとなにはあります。われわれがまず伝えたいのは純粋に祖国、先人を想う心。自国の利益のみを追求する国粋主義とは違います。そもそも祖国を想う心がなくて、どうしてほかの国を想うことができるでしょう」

 しかも、池田氏の会頭時代にJCは『誇り〜伝えようこの日本(くに)のあゆみ〜』なる歴史修正アニメも制作している。第一安倍政権の極右教育政策と軌を一にするものだが、それもそのはず。実際、池田議員は安倍首相にぞっこんらしく、産経新聞の阿比留瑠比記者によれば、06年7月に〈たまたま面会した〉当時内閣官房長官だった安倍氏から「日本は私たちが必ず守ります」と言われ、この言葉に感動して政治家を志したという。しかも池田議員は「安倍のまな弟子」を自認しているらしい(「産経ニュース」14年12月1日)。まるで愛国カルトの教祖と信者みたいではないか。

 いずれにしても、今回の文科省による授業データ提供強要事件は、赤池、池田という2人の安倍首相子飼い極右議員が文部科学省に圧力をかけていた結果、引き起こされたのは間違いない。

「教育の独立」「言論の自由」を一顧だにしておらず、国家に命を捧げる国民をつくり出すことを教育だと捉えているような連中にとって、自分の親分の不正を告発した元官僚の授業を検閲することは、当たり前の行動なのだろう。

 しかし、恐ろしいのは、こんなトンデモ思想をもつ議員に圧力をかけられて、文部科学省がいとも簡単に教育基本法第16条や憲法21条に反する行為をやってしまったことだ。これは、文科省の官僚たちが赤池、池田両議員の背後に安倍首相の存在があることを意識したからにほかならない。

 彼らの主張は安倍首相とほとんど同じものであり、安倍首相自身もこれまで、文科省に対してさんざん圧力を加え、極右教育を押し付けてきた。その結果、文科省は赤池、池田のようなチンピラ議員すら、安倍首相の代弁者ととらえ、違法行為を強制するような無理難題にも唯々諾々と従うようになってしまったのだ。

 この構造は、いま、大きな問題になっている公文書改ざんにも共通しているものだ。日本は、安倍首相と側近議員たちの鶴の一声で、官僚たちが平気で違法行為を働くとんでもない国になってしまった。そのことの恐ろしさを国民は改めて認識すべきだろう。

最終更新:2018.03.21 08:11

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連記事

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

前川氏授業に圧力の安倍チル・赤池議員が『ちびまる子ちゃん』にも圧力!「友達に国境はな〜い」のコピーに「国家意識がない」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。WiLLちびまる子ちゃん前川喜平文部科学省池田佳隆編集部赤池誠章の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相が総理番記者60人と朝食付きで「完全オフレコ懇談会」
2 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
3 ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!
4 産経新聞元ソウル支局長が「内調」に転職? 韓国で起訴された嫌韓記者
5 竹内結子の自殺を受け加藤官房長官が国民の“自助”任せ発言
6 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
7 小籔だけじゃない、おかずクラブや尼神インターも政府PR
8 菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
9 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
10 中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
11 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
12 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
13 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
14 葵つかさが「松潤とは終わった」と
15 菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
16 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
17 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
18 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
19 安倍首相の病状説明に矛盾 「体調異変」と説明した時期にステーキ
20 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
3中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
4デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
5菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
6ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
7菅首相が総理番記者60人と朝食付きで「完全オフレコ懇談会」
8東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
9ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!
10悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
11菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
12菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
13ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
14大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
15菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
16河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
17杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
18竹内結子の自殺を受け加藤官房長官が国民の“自助”任せ発言
19産経新聞元ソウル支局長が「内調」に転職? 韓国で起訴された嫌韓記者

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄