大飯原発福井訴訟弁護団・島田広弁護団長インタビュー

大飯原発が14日に再稼働! 差し止め判決を出した地裁裁判長は左遷、一変した控訴審…裁判所で何が起きているのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

それでも露骨に関電の肩をもつ裁判所、形骸化する「裁判官の独立」

──証拠調べの請求が軒並み却下されたんですか? 客観的証拠もあり、関電の主張のデタラメさもわかっているのに。

島田 それがいまの裁判所の態度です。関電側は、裁判所をなめてかかっている感じさえします。裁判所に対しては行政の安全審査に提出した資料を示すだけで、疑問点には何をきかれても前と同じような主張を繰り返すだけ。そして最終的に安全審査が通れば、裁判所もそれに従うだろうと。逆に言えば、裁判所に厚い信頼を持っているなとさえ思うほどです。関電は一審でも裁判官からの求釈明に対しまともに答えなかった。それで負けたとも言えますが(笑)、しかし今回も基本的に一緒です。住民側が指摘した疑問点にはなるべく答えないという姿勢で、同じような話を繰り返し、核心部分はごまかし答えない、不都合なデータは明らかにしない。福島事故の後も体質は変わらないのでしょう。

──そうした関電や裁判所の姿勢を変えるためにはどうしたらいいんでしょうか。

島田 問題の根本は、こと原発をめぐる訴訟においては、不当な人事と「研究会」を通じた最高裁の圧力が高まる中で、「裁判官の独立」が形骸化し、究極の無責任体質の隠れ蓑に転化しているのではないかと疑われることです。もちろん、樋口判決のほかにも、大津地裁、最近の広島高裁など、圧力をはねのけて勇気ある判決を書く裁判官がいることは重要ですが、圧力に屈する、というか、屈するという明確な意識すらなく最高裁に追随する裁判官が多いのです。
 こうした状況を転換するのは、相当難しいと思います。国民が「おかしいだろう」と知り包囲していく。そんな世論の高まりしかないのかもしれません。官僚司法制度そのものへの疑問を掘り起こして、かねてから日弁連が主張している法曹一元制(裁判官、検察官を弁護士経験者から任用する制度)など、裁判官の任用システムをダイナミックに変えない限り難しいでしょうね。原発の問題に関して言えば、再稼動に反対する市民は多いですから、具体的に行動を起こしていく人が一人でも増えていくことしかないでしょう。
 福井県は原発集中地です。そして大飯原発の下にゆるい地盤があること、基準地震動が過小評価されていることがはっきりした。これは深刻な問題です。このままでは、大飯原発を大きな地震が襲ったとき、福島第一原発事故のときのような「想定外」の事態に陥ることは、大いにあり得るのです。
 今後、政治が変わらない限り再稼動は相次ぐでしょう。しかし、その安全性は誰が保障しているのでしょう。規制委員会は「安全だとは言わない」といい、政府は規制委員会の安全審査に合格したのだから動かすのだという。国民の基本的人権を守るべき裁判所は最後のストッパーですが、実はそこに、行政追随、最高裁追随の究極の無責任体質が広がっているとしたら、住民が安心できるわけがないでしょう。
 私の力はとても小さなものですが、司法の世界に身を置く者の一人として、原発をめぐる無責任ぶりをどうにかしなければという強い思いがあります。放置していたら福島の人々に本当に申し訳ないですからね。そのためにも樋口判決を守っていくことが大切だと思っています。


■島田広
弁護士。1968年、愛媛県生まれ。東京大学法学部卒業後、1995年に司法試験に合格。1998年福井弁護士会に登録。2012年に大飯原発福井訴訟弁護団に参加、2017年4月から同弁護団長。著書に「動かすな、原発―大飯原発地裁判決からの出発」(岩波ブックレット 共著)がある。またネット動画「福島事故の反省はどこへ 〜崖っぷちの関電を救済する名古屋高裁金沢支部〜」(170820大飯原発訴訟控訴審現状報告)https://www.youtube.com/watch?v=fgDDOBK0R4Uも配信中。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

大飯原発が14日に再稼働! 差し止め判決を出した地裁裁判長は左遷、一変した控訴審…裁判所で何が起きているのかのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。原発大飯原発編集部裁判所訴訟の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍が甘利明を党三役に起用、改憲の旗振り役に
2 “自衛隊OB軍事評論家の子女”防衛大生の交通事故めぐり忖度疑惑
3 大坂なおみの母親が日本で受けた結婚めぐる人種差別
4 加藤浩次が五輪批判に「外野がウダウダ言うな」
5 BBCが山口事件の被害者・詩織さんを特集
6 BTSと秋元康のコラボ中止で浮き彫りになった日本のガラパゴスぶり
7 宇多田「東京は子育てしにくい」は事実
8 神社本庁の田中総長が辞意、原因は不動産不正取引疑惑
9 3選安倍首相の秋葉原街宣で参加者に謎の茶封筒が…
10 『ZERO』降板の村尾、安倍首相ブチギレ事件
11 八代弁護士とせいじが消費税で「たかだか2%」の暴論
12 高齢処女が抱える「モテない理由」
13 『女が嫌いな女』アンケートの噓を暴く
14 “がん放置”近藤誠医師が宗教化?
15 炎上!「ViVi」“プロ彼女”特集 
16 安倍首相が秋葉原街宣で動員以外の一般市民を排除
17 男尊女卑・女性差別事件総まくり
18 あの香川も!サッカー選手のヘア処理
19 女流官能小説家が業界の偏見を暴露
20 安倍首相が圧力問題で自分の嘘をバラし犯人を示唆
1安倍首相が秋葉原街宣で動員以外の一般市民を排除
2大坂なおみの母親が日本で受けた結婚めぐる人種差別
33選安倍首相の秋葉原街宣で参加者に謎の茶封筒が…
4“自衛隊OB軍事評論家の子女”防衛大生の交通事故めぐり忖度疑惑
5「新潮45」でLGBT攻撃!小川榮太郎と安倍の関係
6沖縄県知事選で佐喜真陣営が予算をエサに建設業者を動員
7 「新潮45」杉田水脈擁護に安倍応援団揃い踏み
8 八代弁護士とせいじが消費税で「たかだか2%」の暴論
9安倍が甘利明を党三役に起用、改憲の旗振り役に
10加藤浩次が五輪批判に「外野がウダウダ言うな」
11神社本庁の田中総長が辞意、原因は不動産不正取引疑惑
12 BTSと秋元康のコラボ中止で浮き彫りになった日本のガラパゴスぶり
13 秋元康のガールズバンド計画が大炎上
14安倍首相が圧力問題で自分の嘘をバラし犯人を示唆
15樹木希林が辺野古に現れた日
16安倍首が総裁選討論会で嘘と逆ギレ連発
17沖縄県知事選で創価学会幹部が暗躍
18安倍首相が総裁選でトンデモ発言継続中
19安室奈美恵のラストライブをめぐり自民党が
20安倍政権が「賃金データ」を恣意的操作

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄