小倉智昭、坂上忍がゴールデングローブ賞受賞式に「胸開けドレス着てセクハラダメとか言うな」と女性差別発言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
tokudaneviking_01_180113.jpg
フジテレビ『とくダネ!』(上)、『バイキング』(下)番組サイトより


 今月7日に開かれた第75回ゴールデングローブ賞。多く報道されている通り、今回のゴールデングローブ賞では、ハーヴェイ・ワインスタイン騒動に端を発したセクハラ告発の流れを反映し、出席した映画業界関係者の多くが抗議の意味を込めた黒い服装で参加した。

 ところが、日本におけるゴールデングローブ賞の報道では、思わず耳を疑ってしまうようなものが少なからず散見されたのだ。

 まず、1月9日放送『とくダネ!』(フジテレビ)では、ゴールデングローブ賞で起きたことを説明するVTRが流れた後、司会の小倉智昭が開口一番こう言い放った。

「確かにセクハラはダメですけど、女優さんにあんなに胸強調されたら、男の人もたまりませんよね」

 また、10日放送『バイキング』(フジテレビ)では、松嶋尚美が「いいことだとは思いますけれども、あんなパコーッとおっぱい半分出てる服とか着るの止めたほうがいいんじゃないかと。肩出したりとか、スケスケとか、ノーブラとか、もう」とコメントしたのを皮切りに、おぎやはぎの小木博明は「おっぱい見えちゃってるんだもんね」と発言し、加えてそれに乗っかるようにして坂上忍は「セクハラダメだろって言ってるわけだもんね」とコメント。

 そして、挙げ句の果てには、こんな発言まで飛び出した。

「セクハラを受けたことによって売れた人たちっているじゃないですか、枕営業で。訴えた人のなかにもそれで売れた人ってたくさんいると思うんです。そういう人たちがいま訴えたところでどっちが悪い?」(小木博明)
「それはダメでしょ。合意のうえで、利害関係が一致したうえでなんじゃないですか?」(坂上忍)

 いったいこいつらは自分がなにを言っているのか、わかっているのだろうか。

 服装や公の場での表現と、セクハラ被害は何の関係もないのに、胸を開いているドレスを着ている女性はセクハラ批判するな。これは、女優たちが黒いドレスを着て授賞式に参加した意図を無に帰する発言であるのはもちろん、“グラビアアイドルやAV女優はセクハラされても文句言うな”と言っているに等しい。いや、きっと連中は本音ではそう思っているのだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし