再放送でも話題『逃げ恥』はなぜ響いたのか? 星野源と作者・海野つなみが語っていたその理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
再放送でも話題『逃げ恥』はなぜ響いたのか? 星野源と作者・海野つなみが語っていたその理由の画像1
TBS『逃げるは恥だが役に立つ』番組ページより


 大晦日より連続放送されている『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS)の再放送。今日は9話から最終回である11話まで放送される(一部地域除く)。

 昨日はツイッターでも『逃げ恥』に関するワードが次々とトレンド入りし、放送から1年近くの時が過ぎても、いまだに衰えないこのドラマの人気が改めて浮き彫りになった。

 しかし、『逃げ恥』はなぜそこまで視聴者の心に響いたのだろうか?

 大ブームとなった「恋ダンス」の影響もあるだろうし、「ムズキュン」とも呼ばれた主人公二人の微笑ましい恋模様の力もあっただろう。しかし、なによりも重要だったのは、社会が保守化し、「家族のあり方」に対しても窮屈な言論状況になるなか、見事にそのカウンターを示したからではないだろうか。

 また、この作品がカウンターを示したのは家族に関する問題だけではない。「多様性」に関わる問題もそうだ。

『逃げ恥』の登場人物たちは、オタクだったりゲイだったり毒女だったりプレイボーイだったりと、これまでの映画やドラマではステレオタイプな描き方をされてきたキャラクターが多い。

 しかし、『逃げ恥』はそのようなキャラクターをステレオタイプな物の見方に当てはめず、「その人」自身の個性や多様な側面も丁寧に描いてきた。

 本サイトでは、ドラマが放送されていた当時、主演の星野源や原作漫画家の海野つなみの発言を紐解きながら、作品が伝えるリベラルな思想について分析した記事を配信している。ここに再録するので、是非読んで『逃げ恥』の物語をより深く味わってほしい。
(編集部)

********************

 ついに今夜最終回を迎える『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS)。今月6日に放送された第9話の総合視聴率(リアルタイムの視聴だけでなく、レコーダーによる録画再生も反映させた視聴率)は30%台に届くなど、人気も評判も日を追うごとに高くなっている。

『逃げ恥』がこれだけの人気作品となった要素は色々あるだろう。「ムズキュン」とも称される津崎平匡(星野源)と森山みくり(新垣結衣)の不器用すぎる恋愛模様はもちろん、「結婚」というシステムをめぐって2人が会社の人間関係や家族との関係に悩みながら前に進んでいくストーリーも極めて現代的なテーマである。

 なかでも先週放送の10話では、会社の人員整理に巻き込まれ近々職を失う予定の平匡が、本当に結婚すれば家事代行のための経費がかからず貯蓄に回すことができると無神経なプロポーズをしたのに対し、みくりが「愛情の搾取に断固反対します!」と宣言して求婚を拒否したラストシーンが話題となった。

 みくりは家事労働を「仕事」として引き受け平匡に雇用されてきたのに、お互いが恋愛関係になった途端、平匡は家事を無償労働として提案した──。つまり愛情で結ばれた関係であるならば見返りなど求めず家族のために尽くすのは女性として当たり前、という社会で“常識”とされている価値観を、みくりは愛情を盾にした「搾取」だと批判したのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

再放送でも話題『逃げ恥』はなぜ響いたのか? 星野源と作者・海野つなみが語っていたその理由のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新田 樹星野源海野つなみ逃げるは恥だが役に立つの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 BTSファン「ARMY」がスゴイ!国境を超える連帯と勇気
2 BTSを「ナチス礼賛だ」と歪曲攻撃したナチ信奉者たち
3 安倍「徴用工でなく労働者」と言い換えも麻生家の炭鉱は「朝鮮人地獄」
4 BTSの『Mステ』締め出しは原爆を口実にした韓国ヘイト
5 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
6 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
7 安倍政権が北方領土のため「年金の金」でプーチンに貢ぎ物計画
8 安倍政権の水道民営化強行の裏! 日本の水道が崩壊
9 植村隆の名誉毀損裁判で不当判決!櫻井よしこの捏造を無視
10 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
11 蓮池透氏がさらに安倍の詐術を批判!
12 医療亡国論の曽野綾子が夫の認知症で…
13 大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
14 倒産したジャパンライフと安倍側近
15 欅坂46ナチスで秋元康が責任逃れ謝罪
16 安倍首相も桜田五輪相と同じ「事前通告がない」ウソの常習犯
17 吉川晃司が「俺は現政権がでえっ嫌い」
18 竹田恒泰が慰安婦像に「鼻クソの刑」ツイートの愚行
19 久米宏が電通タブーに踏み込む激烈な五輪批判
20 徴用工問題は本当に解決済みなのか?
1安倍政権の水道民営化強行の裏! 日本の水道が崩壊
2朝ドラ『まんぷく』の憲兵より本物の憲兵のほうがヒドい
3徴用工判決ヒステリーの日本マスコミが触れない事実
4BTSの『Mステ』締め出しは原爆を口実にした韓国ヘイト
5片山さつきだけじゃない! “ほぼ全員スキャンダル内閣”
6マイケル・ムーア監督が安倍首相と日本の民主主義に危機感
7植村隆の名誉毀損裁判で不当判決!櫻井よしこの捏造を無視
8安倍首相が「消費税は全額社会保障に使う」をまた反故に!
9安田会見に坂上、東国原、土田らがゲス全開バッシング
10 橋下徹、ビートたけしらの安田さんバッシングが無知まるだし
11安倍首相が「文化の日」を「明治の日」に
12田崎史郎にも“国会通行証”疑惑が浮上!?
13安倍首相も桜田五輪相と同じ「事前通告がない」ウソの常習犯
14安倍政権が北方領土のため「年金の金」でプーチンに貢ぎ物計画
15徴用工問題は本当に解決済みなのか?
16竹田恒泰が慰安婦像に「鼻クソの刑」ツイートの愚行
17入管法改正をめぐる安倍政権のデタラメ
18米・中間選挙を前に「トランプNO」ミュージシャンが続々
19BTSを「ナチス礼賛だ」と歪曲攻撃したナチ信奉者たち
20安倍首相の日中「3原則」の裏で今井秘書官と谷内NSC局長が

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄