再放送でも話題『逃げ恥』はなぜ響いたのか? 星野源と作者・海野つなみが語っていたその理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
再放送でも話題『逃げ恥』はなぜ響いたのか? 星野源と作者・海野つなみが語っていたその理由の画像1
TBS『逃げるは恥だが役に立つ』番組ページより


 大晦日より連続放送されている『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS)の再放送。今日は9話から最終回である11話まで放送される(一部地域除く)。

 昨日はツイッターでも『逃げ恥』に関するワードが次々とトレンド入りし、放送から1年近くの時が過ぎても、いまだに衰えないこのドラマの人気が改めて浮き彫りになった。

 しかし、『逃げ恥』はなぜそこまで視聴者の心に響いたのだろうか?

 大ブームとなった「恋ダンス」の影響もあるだろうし、「ムズキュン」とも呼ばれた主人公二人の微笑ましい恋模様の力もあっただろう。しかし、なによりも重要だったのは、社会が保守化し、「家族のあり方」に対しても窮屈な言論状況になるなか、見事にそのカウンターを示したからではないだろうか。

 また、この作品がカウンターを示したのは家族に関する問題だけではない。「多様性」に関わる問題もそうだ。

『逃げ恥』の登場人物たちは、オタクだったりゲイだったり毒女だったりプレイボーイだったりと、これまでの映画やドラマではステレオタイプな描き方をされてきたキャラクターが多い。

 しかし、『逃げ恥』はそのようなキャラクターをステレオタイプな物の見方に当てはめず、「その人」自身の個性や多様な側面も丁寧に描いてきた。

 本サイトでは、ドラマが放送されていた当時、主演の星野源や原作漫画家の海野つなみの発言を紐解きながら、作品が伝えるリベラルな思想について分析した記事を配信している。ここに再録するので、是非読んで『逃げ恥』の物語をより深く味わってほしい。
(編集部)

********************

 ついに今夜最終回を迎える『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS)。今月6日に放送された第9話の総合視聴率(リアルタイムの視聴だけでなく、レコーダーによる録画再生も反映させた視聴率)は30%台に届くなど、人気も評判も日を追うごとに高くなっている。

『逃げ恥』がこれだけの人気作品となった要素は色々あるだろう。「ムズキュン」とも称される津崎平匡(星野源)と森山みくり(新垣結衣)の不器用すぎる恋愛模様はもちろん、「結婚」というシステムをめぐって2人が会社の人間関係や家族との関係に悩みながら前に進んでいくストーリーも極めて現代的なテーマである。

 なかでも先週放送の10話では、会社の人員整理に巻き込まれ近々職を失う予定の平匡が、本当に結婚すれば家事代行のための経費がかからず貯蓄に回すことができると無神経なプロポーズをしたのに対し、みくりが「愛情の搾取に断固反対します!」と宣言して求婚を拒否したラストシーンが話題となった。

 みくりは家事労働を「仕事」として引き受け平匡に雇用されてきたのに、お互いが恋愛関係になった途端、平匡は家事を無償労働として提案した──。つまり愛情で結ばれた関係であるならば見返りなど求めず家族のために尽くすのは女性として当たり前、という社会で“常識”とされている価値観を、みくりは愛情を盾にした「搾取」だと批判したのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

再放送でも話題『逃げ恥』はなぜ響いたのか? 星野源と作者・海野つなみが語っていたその理由のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新田 樹星野源海野つなみ逃げるは恥だが役に立つの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
2 五輪汚職のJOC竹田会長居座りを許すマスコミの電通タブー
3 高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
4 竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
5 『報ステ』がまた政権批判アナ排除
6 山本太郎を評価せよ!
7 安倍首相にマッチョ批判
8 安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
9 ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
10 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
11 『グッドワイフ』が描く検察のダーティさがリアル
12 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
13 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
14 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
15 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
16 自民党NHK受信料義務化の狙いは?
17 グッディ!土田マジギレ真の原因
18 安倍首相が隠した原発事故の責任
19 酩酊状態にさせ暴行して無罪!甘い性犯罪判決の背景
20 玉川徹が中国人のマナーをあげつらう自番組を批判!
1安倍首相が隠した原発事故の責任
2 震災から8年、安倍政権の被災者切捨て
3 電力会社の原発広告復活! 関西電力、九州電力は3倍増に
4NHKの国会報道が安倍のPR動画状態
5上田晋也が安倍政権とメディアの“沖縄県民投票無視”を痛烈批判
6ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
7安倍自民党「公約の9割成果」の嘘を検証
8安倍独裁で“法の番人”内閣法制局長官までネトウヨ化!
9『報ステ』がまた政権批判アナ排除
10安倍首相が元号を私物化!「新元号は日本の古典から」のインチキ
11安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
12高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
13 安倍が再びバノンから「偉大なヒーロー」と
14田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
15安倍首相が“外国人労働者受け入れ”でもお友達優遇か
164人のヘイトデモを大量の警察官が守る異様な過剰警備!
17参院選出馬説の貴乃花が危険な極右オカルト発言!
18酩酊状態にさせ暴行して無罪!甘い性犯罪判決の背景
19 防衛省元幹部が新基地建設事業投資ファンドの広告塔に
20百田尚樹vs古市憲寿、ウソついたのは

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄