再放送でも話題『逃げ恥』はなぜ響いたのか? 星野源と作者・海野つなみが語っていたその理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 それを受けて、番組にはリスナーから平匡に対してこんなお叱りの感想メールが大量に届いたという。

〈7話の最後のシーンはもう。平匡さんのバカ〉
〈世間では『平匡なにしてんだ!』という意見と、『みくり早まったな』という意見と二択に別れております。源さんの意見を是非お聞かせ願いたいです〉

 ただ、これを読んで星野は重要な指摘をする。メールの「男だったらこういうとき逃げちゃダメだ」という意見は、「男ならこうすべき、女だったらこうあるべし」的な性別によるレッテル貼りの行為だとして、物語の登場人物たちはそういうレッテル貼りにこそ苦しめられているのではないかと看破したのだ。

「平匡が拒否するというエンディングになったときに、やっぱりみんな怒っている怒り方が、メールとかを見ていると、『男なのに何やってんだ! 女性から申し込まれたそういう誘いを男がなぜ断るか?』って怒っているんだけど、それって、平匡なり、みくりなりがずっと苦しんできた“男に生まれたから”っていうレッテル、“女に生まれたから”っていうレッテル。そういうものとまったく一緒なんですよね」

 星野はさらに分かりやすくなるように、男女を逆転させて議論を進めていく。

「すごく分かりやすいなと思うのは、男女を反転するだけで全然怒る気持ちにならないんです。いままで彼氏がいたことがなくて、そういうこともしたことがない女性に対して『いいですよ、あなたとならしても』って男が言ったときに感じる感情って全然違うじゃないですか。怒りじゃない。それで拒否しても、全く怒る気にならない。『それはしょうがないよね』ってなる。でも、男になっただけで『お前、しっかりしろよ!』ってみんなから言われるっていうことは、それはいかにみんなが男と女というレッテルに縛られているかっていうことの証明なんですよね。だから、出演者が苦しんでいる理由は、見ている人たちの、怒った人たちの心のなかにある」

 社会の価値観に絡め取られるのではなく、社会観の価値を疑ってみる。──最終話では、果たして問題提起した「愛情の搾取」をどのように着地させるのか、そしてどんな結論へと向かっていくのか。今夜の放送が楽しみだ。

最終更新:2018.10.18 01:50

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

再放送でも話題『逃げ恥』はなぜ響いたのか? 星野源と作者・海野つなみが語っていたその理由のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新田 樹星野源海野つなみ逃げるは恥だが役に立つの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅義偉の弔辞「山縣有朋の歌」は安倍がJR葛西の追悼で使ったネタ
2 安倍国葬で大はしゃぎ 百田尚樹ら安倍応援団とフジサンケイの醜態
3 安倍こそ政治の犠牲になった国民を「悼む気持ち」のない冷淡政治家だった
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
6 岸田首相が性差別発言や統一教会擁護の安倍応援団・小川榮太郎をブレーンに
7 統一教会問題で下村博文と山谷えり子の呆れた開き直りと嘘
8 高橋治之と安倍晋三は親戚関係だった!安倍家の自宅購入資金も高橋弟が捻出
9 安倍が選挙妨害に関与の決定的証拠
10 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
11 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
12 統一教会とズブズブ報道の萩生田光一政調会長がテレビ各局に圧力か
13 玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
14 『笑点』で三遊亭円楽が「いま日本は本当に民主主義国家ですか?」
15 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
16 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
17 KADOKAWA夏野剛社長に新たな暴言が発覚! 一方、森喜朗には…
18 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
19 中山美穂ラブラブ写真に辻仁成は
20 安倍政権御用ジャーナリスト大賞10位〜6位発表! 
1菅義偉の弔辞「山縣有朋の歌」は安倍がJR葛西の追悼で使ったネタ
2高橋治之と安倍晋三は親戚関係だった!安倍家の自宅購入資金も高橋弟が捻出
3安倍こそ政治の犠牲になった国民を「悼む気持ち」のない冷淡政治家だった
4岸田首相が性差別発言や統一教会擁護の安倍応援団・小川榮太郎をブレーンに
5安倍国葬で大はしゃぎ 百田尚樹ら安倍応援団とフジサンケイの醜態
6 統一教会問題で下村博文と山谷えり子の呆れた開き直りと嘘

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄