ポスト安倍、岸田文雄政調会長が『ひるおび!』生出演! 大ヨイショ大会の内容にネトウヨが見せた驚きの反応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ポスト安倍、岸田文雄政調会長が『ひるおび!』生出演! 大ヨイショ大会の内容にネトウヨが見せた驚きの反応の画像1
TBS公式HPより


 やっぱり、こうなるか──。自民党の岸田文雄政調会長が生出演した9日の『ひるおび!』(TBS)を見ていて、思わず、ため息が出てしまった。

 周知の通り、加計学園問題で追い詰められて錯乱したネット右翼たちは、テレビメディアに対して「安倍おろしのための反日偏向印象操作」とレッテル貼り攻撃を連発しているのだが、目下、何を勘違いしたのかその標的にされ、スポンサー降板運動まで行われているのが、この『ひるおび!』である。

 だが、本サイトで何度も取り上げてきたように、『ひるおび!』といえば、田崎史郎・時事通信社特別解説員を中心にバリバリの安倍擁護を展開しまくる“政権忖度番組”だ。

 そこで先日、本サイトはネトウヨたちの『ひるおび!』批判が、まったく的外れであることを指摘した記事(「ネトウヨと視聴者の会が『ひるおび』を“反日番組”と勘違いしスポンサーに圧力! 田崎史郎大活躍の政権忖度番組をなぜ?」)を出したのだが、するとネトウヨから逆に、「リテラも相当まいってるな!」「効いてる効いてるwww」などと意味不明な反応が返ってきた。

 もはや、ネトウヨ諸兄は本サイトと別の世界にいるのかと思えるほど、なにか極めて倒錯めいた状況になっているが、そんななか、自民党の有力者で“ポスト安倍候補”ともてはやされている岸田政調会長が『ひるおび!』に出演。岸田氏といえば、リベラル派といわれる宏池会の領袖ながら、この間、安倍首相との政治信条的な対立軸を社会に示すわけでもなく、外相として政権を支え続け、ただひたすら安倍政治を推進してきた政治家。永田町では、すでに安倍首相の悲願である改憲を黙認するのとバーターで、次期総理の禅譲の密約がなされているのではないか、というような噂が後を絶たない。あるいは禅譲はないとしても、岸田を前面に押し出すことで保守リベラルの批判をおさえ込もうという意図があるのはミエミエだ。

 実際、安倍応援団メディアである産経新聞なども、その意向を忖度してなのか、思想が近い石破茂を叩き、岸田氏を褒めそやすという倒錯状況に陥っている。

 そんな岸田氏が、いま渦中(?)の『ひるおび!』に出るというのだから、そこでネトウヨたちの言う“反日偏向印象操作”なるものが本当に存在するか、あらためてチェックしようと思い、いざ、視聴してみたわけである。

 が、結論から言うとそこで繰り広げられたのは、“反日偏向印象操作”どころか“ポスト安倍忖度”だった。岸田に対するヨイショ、へつらい、ゴマすり、太鼓持ちの数々……。反吐が出るほどの完全な“接待放送”であった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ポスト安倍、岸田文雄政調会長が『ひるおび!』生出演! 大ヨイショ大会の内容にネトウヨが見せた驚きの反応のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ひるおび!ネトウヨ加計学園岸田文雄編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 とろサーモン、スーマラの女性差別を松本、たけしが論点すり替え
2 河野太郎の「次の質問どうぞ」はマスコミの弱腰が生んだ
3 THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
4 順天堂大はコミュ力高い女子減点、柴山文科相が東京医大の差別擁護
5 池松壮亮、塚本晋也の時代劇『斬、』が深い
6 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
7 入管法改正をケント・ギルバートが批判
8 女性蔑視はとろサーモン久保田、スーマラ武智だけじゃない
9 安倍政権の国会蹂躙がヤバすぎ! 議長が言論封殺、自民理事が暴力
10 宮崎駿がブチ切れた川上量生の差別思想
11 在日差別に怯え続けた芸能人の苦悩
12 百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
13 三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
14 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
15 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
16 グッディ!土田マジギレ真の原因
17 中居がすべらない話でJのタブーに!
18 自民党が「護憲派を敵とみなしネガキャンせよ
19 沖縄で相次ぐ米軍事故を緊急取材
20 安保法で中居正広が松本人志に反論!
1水道民営化が参院委員会で可決!安倍政権と水メジャーの癒着
2安倍政権の国会蹂躙がヤバすぎ! 議長が言論封殺、自民理事が暴力
3田崎に続き三浦瑠麗にも自民党から金
4水道民営化法案が強行成立! 池上彰、石原良純も危険性を指摘
5 安倍首相が外国人実習生死亡の事実に「知らない」と無責任答弁
6THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
7 河野太郎の「次の質問どうぞ」はマスコミの弱腰が生んだ
8 入管法改正をケント・ギルバートが批判
9三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
10麻生財務相が「人の税金」で“愛人のクラブ”に792万円!
11 沖縄・辺野古への土砂投入強行にアベ友企業が協力
12浦沢直樹が大阪万博誘致を「万博という発想、古くさい」と批判
13 水道民営化で自然災害が起きても復旧が困難に
14自民党が「護憲派を敵とみなしネガキャンせよ
15憲法審査会強行でちらつく安倍改憲へのシナリオ
16百田尚樹『殉愛』裁判で晒した嘘と醜態
17 順天堂大はコミュ力高い女子減点、柴山文科相が東京医大の差別擁護
18天皇・皇后が発信し続けた安倍政権の排外主義への危機感
19秋篠宮が「大嘗祭」には秘密の儀式が
20“コピペ疑惑”百田尚樹『日本国紀』を見城徹・幻冬舎社長が絶賛

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄