『心が叫びたがってるんだ。』が地上波初放送…脚本家・岡田麿里が物語に反映させた自身の引きこもり体験とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
『心が叫びたがってるんだ。』が地上波初放送…脚本家・岡田麿里が物語に反映させた自身の引きこもり体験とはの画像1
アニメ映画『心が叫びたがってるんだ。』公式サイトより

 中島健人(Sexy Zone)や芳根京子らの出演で実写映画化され現在ヒット中の『心が叫びたがってるんだ。』。

 その元となったアニメ版の『心が叫びたがってるんだ。』が、本日21時よりフジテレビ系にて初めて地上波放送される。

 この『心が叫びたがってるんだ。』(通称『ここさけ』)は、幼少時に自分のおしゃべりがきっかけで父の不倫を母に悟らせてしまい両親が離婚してしまったことがトラウマとなり、他人と話すことができなくなってしまったヒロイン・成瀬順を中心にストーリーが展開する。そんな彼女は、クラス強制参加の地域ふれあい交流会の実行委員に指名され、そこでミュージカルを演じることになる。そして、クラスメイトと一緒に舞台制作や稽古に奔走するうちにだんだんとトラウマを克服していく……、というのがあらすじだ。

 この作品で脚本を担当した岡田麿里のもうひとつの代表作に『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(通称『あの花』)があるが、この作品もまた、引きこもりの主人公・宿海仁太(じんたん)が仲間とともに死んだ幼なじみの願いをかなえようとまい進することでだんだんと変わっていくという物語だった。

 実はこれらの作品には、岡田麿里自身の引きこもり体験が非常に大きな影響を与えている。本サイトでは以前、彼女の自伝『学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで』(文藝春秋)を紹介し、『ここさけ』や『あの花』の物語がいかにして生まれたかを考察した記事を配信したことがある。

 ここに再録するので、是非とも読んでみてほしい。今夜の『ここさけ』の物語をより味わい深いものとして観ることができるはずだ。
(編集部)

********************

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』と『心が叫びたがってるんだ。』。それぞれ人気テレビアニメシリーズであり、大ヒットアニメ映画だが、実は両者の作品には共通点が2つある。

 ひとつは、両方とも同じ脚本家によって書かれているということ。そしてもうひとつは、ストーリーの核となるテーマとして「ひきこもり」が描かれているということだ。

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(以下、『あの花』)の主人公・宿海仁太(じんたん)は、幼なじみと母親の死や高校受験の失敗などが重なり、不登校に。普段は家に引きこもってゲーム三昧、用があって外出せざるを得ないときはニット帽や眼鏡で変装。偶然知り合いに遭遇すると慌てて逃げたり目をそむけたりする人物として描かれている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『心が叫びたがってるんだ。』が地上波初放送…脚本家・岡田麿里が物語に反映させた自身の引きこもり体験とはのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。引きこもり編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 森喜朗の暴露でわかった安倍首相「五輪後に任期延長と衆院選」シナリオ!
2 緊急事態宣言で従業員は逆に「休業手当」を貰えなくなる? 加藤厚労相も…
3 黒沢かずこの検査めぐり鈴木おさむが“検査不要論”に反論!
4 安倍チルドレンの政務官が「感染拡大を国のせいにしないでくださいね」
5 五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
6 三浦瑠璃、高須克弥、八代英輝…この期に及んで「布マスク2枚」を擁護
7 安倍首相の「1世帯30万円支給」に批判殺到! 一方で大企業には1000億円出資
8 コロナ補償で「在日外国人、生活保護受給者に払うな」の排除論が跋扈!
9 自民党がまた『モーニングショー』に圧力! 和田政宗が青木理をデマ攻撃
10 自殺した赤木さんの妻が『バイキング』生放送中にLINEで…
11 安倍政権も小池百合子も「飲食店や酒場にいくな」だけで“補償”なし
12 葵つかさが「松潤とは終わった」と
13 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
14 安倍首相「1住所あたり布マスク2枚」にネットでツッコミ殺到
15 阪神・藤浪選手や志村けんが証明した「検査不要論」の嘘!
16 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
17 安倍昭恵が和田政宗をトンデモ応援演説!公選法違反の呼びかけ
18 太田光が右翼の抗議で転向していた?
19 感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
20 「桜を見る会」招待のマルチ企業に財務省が調査ストップ
1安倍首相の「1世帯30万円支給」に批判殺到! 一方で大企業には1000億円出資
2五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
3 「人工呼吸器不足」は安倍政権の責任だ! 野党の指摘を放置
4自殺した赤木さんの妻が『バイキング』生放送中にLINEで…
5自民党がまた『モーニングショー』に圧力! 和田政宗が青木理をデマ攻撃
6安倍チルドレンの政務官が「感染拡大を国のせいにしないでくださいね」
7昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
8安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
9 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
10 安倍政権も小池百合子も「飲食店や酒場にいくな」だけで“補償”なし
11阪神・藤浪選手や志村けんが証明した「検査不要論」の嘘!
12 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
13安倍首相「1住所あたり布マスク2枚」にネットでツッコミ殺到
14「桜を見る会」招待のマルチ企業に財務省が調査ストップ
15黒沢かずこの検査めぐり鈴木おさむが“検査不要論”に反論!
16森喜朗の暴露でわかった安倍首相「五輪後に任期延長と衆院選」シナリオ!
17赤木さんの妻が安倍首相の反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」
18感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
19三浦瑠璃、高須克弥、八代英輝…この期に及んで「布マスク2枚」を擁護
20大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算

カテゴリ別ランキング


マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄