『心が叫びたがってるんだ。』が地上波初放送…脚本家・岡田麿里が物語に反映させた自身の引きこもり体験とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
『心が叫びたがってるんだ。』が地上波初放送…脚本家・岡田麿里が物語に反映させた自身の引きこもり体験とはの画像1
アニメ映画『心が叫びたがってるんだ。』公式サイトより

 中島健人(Sexy Zone)や芳根京子らの出演で実写映画化され現在ヒット中の『心が叫びたがってるんだ。』。

 その元となったアニメ版の『心が叫びたがってるんだ。』が、本日21時よりフジテレビ系にて初めて地上波放送される。

 この『心が叫びたがってるんだ。』(通称『ここさけ』)は、幼少時に自分のおしゃべりがきっかけで父の不倫を母に悟らせてしまい両親が離婚してしまったことがトラウマとなり、他人と話すことができなくなってしまったヒロイン・成瀬順を中心にストーリーが展開する。そんな彼女は、クラス強制参加の地域ふれあい交流会の実行委員に指名され、そこでミュージカルを演じることになる。そして、クラスメイトと一緒に舞台制作や稽古に奔走するうちにだんだんとトラウマを克服していく……、というのがあらすじだ。

 この作品で脚本を担当した岡田麿里のもうひとつの代表作に『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(通称『あの花』)があるが、この作品もまた、引きこもりの主人公・宿海仁太(じんたん)が仲間とともに死んだ幼なじみの願いをかなえようとまい進することでだんだんと変わっていくという物語だった。

 実はこれらの作品には、岡田麿里自身の引きこもり体験が非常に大きな影響を与えている。本サイトでは以前、彼女の自伝『学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで』(文藝春秋)を紹介し、『ここさけ』や『あの花』の物語がいかにして生まれたかを考察した記事を配信したことがある。

 ここに再録するので、是非とも読んでみてほしい。今夜の『ここさけ』の物語をより味わい深いものとして観ることができるはずだ。
(編集部)

********************

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』と『心が叫びたがってるんだ。』。それぞれ人気テレビアニメシリーズであり、大ヒットアニメ映画だが、実は両者の作品には共通点が2つある。

 ひとつは、両方とも同じ脚本家によって書かれているということ。そしてもうひとつは、ストーリーの核となるテーマとして「ひきこもり」が描かれているということだ。

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(以下、『あの花』)の主人公・宿海仁太(じんたん)は、幼なじみと母親の死や高校受験の失敗などが重なり、不登校に。普段は家に引きこもってゲーム三昧、用があって外出せざるを得ないときはニット帽や眼鏡で変装。偶然知り合いに遭遇すると慌てて逃げたり目をそむけたりする人物として描かれている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『心が叫びたがってるんだ。』が地上波初放送…脚本家・岡田麿里が物語に反映させた自身の引きこもり体験とはのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。引きこもり編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 東電が福島原発の廃炉作業を外国人労働者に押しつけ
2 ブラックホール会見でNHK記者“日本スゴイ”質問に世界が失笑
3 上野千鶴子「東大祝辞」へのワイドショーコメントが酷い!
4 安倍首相「桜を見る会」招待状が8万円で売買との報道!
5 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
6 安倍首相と省庁幹部の面談記録ゼロ!安倍政権“公文書破壊”の実態
7 ゴーン逮捕“国策捜査説”を裏付ける経産省メール
8 秋元康の東京五輪に椎名林檎が危機感
9 ピエール瀧逮捕でワイドショーが石野卓球に「謝れ」攻撃の異常
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 報道特集が中曽根の慰安所作りを報道
12 自衛隊スパイ事件、官邸が解禁の理由
13 国民健康保険料が大幅値上げ、年間10万円増額も
14 林真理子まで安倍政権に危機感
15 野党議員をデマ攻撃「政治知新」の兄・自民党県議を直撃!
16 安倍首相が「桜を見る会」に『虎ノ門ニュース』一行を堂々招待
17 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
18 衆院補選で安倍自民党が大惨敗の予想が!
19 『荒川強啓デイ・キャッチ!』終了の不可解、聴取率好調なのに
20 青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
1国民健康保険料が大幅値上げ、年間10万円増額も
2安倍首相と省庁幹部の面談記録ゼロ!安倍政権“公文書破壊”の実態
3石野卓球がワイドショーに勝利した理由
4忖度道路めぐり安倍の直接指示の新事実が
5安倍首相が「桜を見る会」に『虎ノ門ニュース』一行を堂々招待
6安倍が“忖度道路”の要望書を提出、山陰自動車道でも利益誘導
7上野千鶴子「東大祝辞」へのワイドショーコメントが酷い!
8 塚田「忖度」発言は事実! 麻生利益誘導の疑惑
9イチローに国民栄誉賞を断られ安倍政権が赤っ恥
10野党議員をデマ攻撃「政治知新」の兄・自民党県議を直撃!
11NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ人物が専務理事に復帰
12維新勝利で橋下徹が「反対した年配の人が死んじゃった」
13中村文則が安倍政権批判に踏み込む理由
14 『あさイチ』の「中高生に韓国が人気」企画炎上の異常
15 安倍首相「桜を見る会」招待状が8万円で売買との報道!
16菅官房長官「令和おじさん」人気の正体!
17ゴーン逮捕“国策捜査説”を裏付ける経産省メール
18「あつまれ!げんしりょくむら」以外も…原子力ムラの醜悪SNS戦略
19衆院補選で安倍自民党が大惨敗の予想が!
20 ピエール瀧出演の『麻雀放浪記2020』に“安倍政権への皮肉”

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄