『心が叫びたがってるんだ。』が地上波初放送…脚本家・岡田麿里が物語に反映させた自身の引きこもり体験とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
『心が叫びたがってるんだ。』が地上波初放送…脚本家・岡田麿里が物語に反映させた自身の引きこもり体験とはの画像1
アニメ映画『心が叫びたがってるんだ。』公式サイトより

 中島健人(Sexy Zone)や芳根京子らの出演で実写映画化され現在ヒット中の『心が叫びたがってるんだ。』。

 その元となったアニメ版の『心が叫びたがってるんだ。』が、本日21時よりフジテレビ系にて初めて地上波放送される。

 この『心が叫びたがってるんだ。』(通称『ここさけ』)は、幼少時に自分のおしゃべりがきっかけで父の不倫を母に悟らせてしまい両親が離婚してしまったことがトラウマとなり、他人と話すことができなくなってしまったヒロイン・成瀬順を中心にストーリーが展開する。そんな彼女は、クラス強制参加の地域ふれあい交流会の実行委員に指名され、そこでミュージカルを演じることになる。そして、クラスメイトと一緒に舞台制作や稽古に奔走するうちにだんだんとトラウマを克服していく……、というのがあらすじだ。

 この作品で脚本を担当した岡田麿里のもうひとつの代表作に『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(通称『あの花』)があるが、この作品もまた、引きこもりの主人公・宿海仁太(じんたん)が仲間とともに死んだ幼なじみの願いをかなえようとまい進することでだんだんと変わっていくという物語だった。

 実はこれらの作品には、岡田麿里自身の引きこもり体験が非常に大きな影響を与えている。本サイトでは以前、彼女の自伝『学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで』(文藝春秋)を紹介し、『ここさけ』や『あの花』の物語がいかにして生まれたかを考察した記事を配信したことがある。

 ここに再録するので、是非とも読んでみてほしい。今夜の『ここさけ』の物語をより味わい深いものとして観ることができるはずだ。
(編集部)

********************

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』と『心が叫びたがってるんだ。』。それぞれ人気テレビアニメシリーズであり、大ヒットアニメ映画だが、実は両者の作品には共通点が2つある。

 ひとつは、両方とも同じ脚本家によって書かれているということ。そしてもうひとつは、ストーリーの核となるテーマとして「ひきこもり」が描かれているということだ。

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(以下、『あの花』)の主人公・宿海仁太(じんたん)は、幼なじみと母親の死や高校受験の失敗などが重なり、不登校に。普段は家に引きこもってゲーム三昧、用があって外出せざるを得ないときはニット帽や眼鏡で変装。偶然知り合いに遭遇すると慌てて逃げたり目をそむけたりする人物として描かれている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『心が叫びたがってるんだ。』が地上波初放送…脚本家・岡田麿里が物語に反映させた自身の引きこもり体験とはのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。引きこもり編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍が統計不正答弁中の根本厚労相に「戻れ」指示
2 加計学園獣医学部の「四国枠」合格者がたった1名! 
3 “安倍チル魔の3回生”田畑毅議員を被害女性が刑事告訴!
4 安倍が拉致被害者に「北朝鮮に戻れ」と
5 「安倍がトランプをノーベル賞に推薦」を海外メディアが
6 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
7 「憲法9条を守れ」と主張する芸能人
8 橋本聖子が池江選手の病を利用しスポーツ界の不祥事放置を宣言
9 どの口で?田母神らが「左翼は金で動員」
10 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
11 安倍首相が統計不正に「選挙5回勝ってる」とヤジ
12 安倍首相にマッチョ批判
13 安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
14 日露首脳会談大失敗を御用メディアが必死のフォロー!田崎は…
15 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
16 片山さつきが坂上忍に批判された
17 ウーマン村本が朝鮮学校差別を煽る政治とメディアを痛烈批判
18 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
19 KAT-TUNの恋愛を側近が暴露
20 フィフィの蓮舫デマに新聞が丸乗り! 背景に安倍忖度と女性蔑視
1 安倍首相が統計不正に「選挙5回勝ってる」とヤジ
2嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
3渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
4安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
5勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
6安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
7小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
9青山繁晴議員が「僕と握手したらガンが治った」と吹聴
10 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
11安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
12北方領土の日、「日本固有の領土」の主張が消えた! 
13ウーマン村本が朝鮮学校差別を煽る政治とメディアを痛烈批判
14フィフィの蓮舫デマに新聞が丸乗り! 背景に安倍忖度と女性蔑視
15小川彩佳アナ退社の要因はテレビ朝日の安倍政権忖度か
16「安倍がトランプをノーベル賞に推薦」を海外メディアが
17安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
18辻元清美の外国人献金に大騒ぎする夕刊フジの愚劣
19不適切動画バイトを血祭りにあげるマスコミとネットの異常
20自民党・田畑毅議員の離党は女性への暴行が原因か

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄