嫌いなジャニーズ1位木村拓哉がマツコに「覚悟ランキングだったら、オレけっこういくと思うよ」いったい、どの口が…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 そう。マツコの番組に出るというから何か起きるのかと期待していたが、結局、今回も、キムタクは最近のテレビ出演のパターンを繰り返しただけだったのである。

 SMAP解散の“裏切り者”イメージを払拭しようと、キムタクはこの間、いままで絶対に出なかったバラエティやワイドショー、ニュース番組に積極的に露出してきた。『情報ライブミヤネ屋』(日本テレビ)、『あさイチ』(NHK)、『さんタク』(フジテレビ)、『報道ステーション』『羽鳥慎一モーニングショー』『徹子の部屋』(テレビ朝日)……。そのときに必ずやるのが、「なんでもしゃべりますよ」という気さくさの強調と本音トークのスタンス。『報ステ』の富川悠太キャスターなどは木村に「打ち合せはいりません。なんでも聞いてください」と言われたという裏話をわざわざ明かしていた。

 しかし、実際には、解散の真相に斬り込んだ質問など誰もせず、キムタクもまわりのヨイショに乗っかって、結局、“俺さまトーク”を繰り広げるだけ。たとえば、『ミヤネ屋』では「宮根がどうしても聞きたかったあのこと」などと散々煽りながら、宮根が口にしたのは「サーフィンってそんなにいいんですか」みたいな質問だった。唯一、黒柳徹子が「解散して、その後どうなったの?」「(騒動の渦中)みんな会ったときはどういう感じなの?普通なの?」「普段は、仲がいいわけではない?」などと質問していたが、キムタクはまともに答えず、結局お決まりの『ONE PIECE』みたいな船と仲間のたとえ話に逃げるだけだった。

 ようするに、キムタク自身がひとり「おれ、こんな番組にまで出てすごいフレンドリーなトークだってしてるでしょ、新しいキムタクを見せてるでしょ」「話しにくい解散のことだって話してるぜ」と悦に入っているだけで、本音なんて何一つ語っていないし、新しいキムタクも見せてはいない。むしろ、いままで以上に周囲に気を使わせ、「木村さんがこんなことを話してくれるなんて」と無理やりよいしょをさせているだけだ。

 そういえば、今回の『夜の巷を徘徊する』でキムタクはやたらと “マツコが心配だ”と繰り返したていたが、これも同じだろう。

「すっげぇ心配なんだって、マジで。全部テレビ局の人たちが自分たちで言えネェなっていうことを全部、マツコに背負わせて、マツコだったら全部、番組内で一本背負いで全部、投げてくれるからって企画している」

「みんなが言えないことを『おう、任せとけ』って感じで言ってるでしょ? 思い切ってはいるけどセンシティブなわけじゃない? 攻撃的なものを求められているけど、線引きしてもいいじゃない」

 これって、マツコの過激なスタンスを心配しているようで(丸くなったいまのマツコにそんな心配をすること自体も完全にピントがはずれているが)、実は、“そんな過激な番組に出演する俺”アピールでしかなかった。

 おそらく、こんなスタンスでいくらバラエティに出演して、マツコや宮根誠司、さんま、黒柳徹子といった芸能界を代表する大物や司会者とトークを繰り広げても、そのイメージが回復することなんてありえないだろう。

 実際、発売中の「週刊文春」(文藝春秋)5月4・11日合併号の「『好きなジャニーズ』『嫌いなジャニーズ』」では、キムタクがダントツの“嫌いなジャニーズ”1位に選ばれている。しかも2位のNEWS小山慶一郎にトリプルスコア以上の差をつけてだ。ちなみに“好きなジャニーズ” 1位は元SMAPの中居正広。

 とにかく、ジャニーズ事務所や御用マスコミが強引な情報を垂れ流せば流すほど、そして露出すればするほど、逆にキムタクのイメージは悪くなっていく。

 そういう意味では、今回、キムタクはマツコから「あんたね、やっぱり解散のこと、きれいごとじゃなくて、きちんとなぜ裏切ったのか、話さなきゃだめよ」くらいのことを言われたほうがよかったのかもしれない。もちろん、すっかり芸能界の論理を身につけてしまったいまのマツコが、そんなことをつっこむはずはないのだが……。

最終更新:2017.12.01 04:22

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連記事

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

嫌いなジャニーズ1位木村拓哉がマツコに「覚悟ランキングだったら、オレけっこういくと思うよ」いったい、どの口が…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズマツコ・デラックス木村拓哉本田コッペの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
2 石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
3 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
4 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
5 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
6 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
7 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
8 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
9 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
12 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
13 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
14 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
15 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
16 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
17 キンコン西野批判こそ「お金の奴隷」だ
18 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
19 ゴーンが会見で「逮捕を仕掛けた政府関係者の実名」告発を取りやめた理由!
20 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
4吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
5特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
6河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
7 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
8蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
9 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
10石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
11 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
12バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
13信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄