嫌いなジャニーズ1位木村拓哉がマツコに「覚悟ランキングだったら、オレけっこういくと思うよ」いったい、どの口が…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 いや、それどころか、この日のマツコはいつものツッコミはどこへやら。これまで見たことないくらいキムタクに気を使いまくり、番組全体がキムタクヨイショ大会と化していたのだ。

 そもそも、この番組、タイトル通り“夜の街を徘徊して、偶然、いろんな人に出会う”のが趣旨なのに、キムタクマツコが徘徊した場所は、テレ朝敷地周辺。明らかにキムタクのために、“安全なホーム”を用意したとしか思えないものだった。しかも、やたら、キムタクのフレンドリーさやいい人ぶりばかりが強調されていた。

 たとえば、テレ朝前で、キムタクが一緒に仕事をしたことがある『お願い!ランキング』(テレ朝)のAPを務める女性にバッタリ会うのだが、その女性はなんと高校生のころに、地方にドラマのロケに来ていたキムタクに出会い、「テレビの世界を目指します」と語り、実際にその夢をかなえ、『お願い!ランキング』にキムタクが出演した際再会を果たしたというエピソードの持ち主。そんな偶然ってあるのだろうか。

 とにかく最初から最後までこんな調子で、マツコは結局、キムタクに対し“みんなが言えないけど、本当は聞きたいこと”など、何ひとつ質問しなかった。

「あなた、なんで飯島さんと4人を裏切って、ジャニーズ事務所をとったのよ?」
「スマスマ公開謝罪のときの、あのドヤ顔はないんじゃない?」
「なんで解散って聞いて、すぐハワイから帰って来なかったの?」
「工藤静香の尻にしかれてるの?」
「大晦日の焼肉は、誘われなかったのか、誘われたけど断ったのか、どっち?」

 いま日本中のみんながキムタクにいちばん聞きたいことといえば、“キムタク裏切り”の真相以外にないだろう。しかし、マツコは冗談交じりにすら、こうした疑問に触れることは一切なかった。それどころか、こんなことを言ってヨイショする始末。

「絶妙なバランスで生きてきてるよね。あなたの覚悟と世の中の要求が絶妙なバランスなのよ。覚悟しているランキングで言ったら芸能界トップ3に入っていると思うよ」

 覚悟と要求のバランス? もはや何を言ってるのかよくわからない。かつての過激さを失った近年のマツコでもここまで媚びるのは見たことがないというくらいの気の遣いようだった。しかもこのあからさまなヨイショに、さすがに謙遜するかと思いきやキムタクは真に受けて、なんの衒いもなくこう応じたのだ。
 
「覚悟ランキングでいったら、けっこう行くと思うよ。本気度でいったら」

 いやいや、苦楽をともにしたメンバーとともにジャニーズ事務所を独立する覚悟もなければ、自分を貫いた結果グループを終わらせた“裏切り者”“戦犯”の誹りを甘んじて引き受ける覚悟もないこの男を、覚悟があるなどと思っているのは、世界中でおまえだけだよと画面の前で多くの人がツッコんだと思うが、もちろんマツコがそのツッコミを代弁してくれることなどなかった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連記事

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

嫌いなジャニーズ1位木村拓哉がマツコに「覚悟ランキングだったら、オレけっこういくと思うよ」いったい、どの口が…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズマツコ・デラックス木村拓哉本田コッペの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
2 石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
3 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
4 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
5 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
6 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
7 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
8 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
9 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
12 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
13 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
14 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
15 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
16 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
17 キンコン西野批判こそ「お金の奴隷」だ
18 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
19 ゴーンが会見で「逮捕を仕掛けた政府関係者の実名」告発を取りやめた理由!
20 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
4吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
5特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
6河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
7 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
8蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
9 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
10バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
11石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
12 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
13信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄