新海誠に「気持ち悪いです」と言い放って怒らせた!『君の名は。』プロデューサー川村元気の仕事術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kiminonaha_161106.jpg
映画『君の名は。』公式サイトより


 興行収入210億円を突破し、『千と千尋の神隠し』に次いで邦画の歴代2位にまで到達した『君の名は。』。興行通信社による12月17日〜12月18日の国内映画興行収入ランキングでもいまだに6位にランクインしており、今後もしばらくロングラン上映は続きそうだ。現在では、中国やタイでの上映も始まっており、いずれの国でもこれまで公開された日本映画のなかで歴代興行収入1位記録を塗り替えている。

 そんな今年を代表するヒット作となった『君の名は。』なわけだが、この作品に関しては新海誠監督の手腕もさることながら、これまで「カルト的人気作家」の粋をなかなか出ることができなかった監督をメジャーなフィールドで受け入れられるものにコントロールしたプロデューサー・川村元気の仕事を評価する声も多い。たとえば、10月1日放送『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』(TBSラジオ)内の『君の名は。』評のなかで宇多丸はこのように語っている。

「そこで今回の『君の名は。』ですがね、まず言えるのは、本作はやっぱりいままでの新海誠さんのフィルモグラフィと並べるとはっきりするのは、プロデュース力ですよね」
「俺はやっぱりこれ、新海誠イズムそのものだなっていう風にも思うし。なんだけど、見違えるほどポップにもなっている。作家性と商業性を、両立するというよりは一致させてみせたというか。もともとあった作家性の中の商業的ポテンシャルを、作家性を商業的ポテンシャルの方に発展させてみせたというか。そしてそれが実際に巨大な成功を収めてしまっているのだからという。もう、グウの音も出ませんというね。『川村元気、恐るべし』としか言いようがないっていうね」

 川村元気は『電車男』『告白』『悪人』『モテキ』などのヒット作を手がけてきた東宝の社員プロデューサー。今年は『君の名は。』の他に『怒り』『何者』もプロデュースしてきた。また、近年は映画プロデューサーとは他に作家としても活動しており、佐藤健の主演で映画化もされた『世界から猫が消えたなら』や、『四月になれば彼女は』といった作品を執筆している。

 東宝の社員と作家という二足のわらじを履く彼だが、最近受けたインタビューのなかで、もしも本を書くようにならなければ映画プロデューサーとしてダメになっていたかもしれないと告白し話題となっている。それは、今月5日に出版されたムック本『週刊文春エンタ!』(文藝春秋)でのことだった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

新海誠に「気持ち悪いです」と言い放って怒らせた!『君の名は。』プロデューサー川村元気の仕事術のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
2 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
3 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
4 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
5 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
6 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
9 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
10 キンコン西野批判こそ「お金の奴隷」だ
11 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
12 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
13 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
14 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
15 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
16 西野、梶原、又吉ら意識高い系芸人が吉本上層部を全面擁護
17 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
18 2017サブカル論争&炎上事件簿
19 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
20 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
3ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
4菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
7河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
8 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
9蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
10 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
11バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
12信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
13 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄