欅坂46ナチス問題でユダヤ人をファンと高須らネトウヨが「被害者ビジネス」と攻撃! 広がる無自覚な歴史修正主義

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 SWCも抗議文書で〈仮に欅坂46に被害者を傷つける意図はなかったとしても、あのパフォーマンスは、ナチスによる犠牲者・被害者の記憶を軽んじるものであり、ドイツやその他の国々でネオナチ感情が高まっているなか、若者たちに間違ったメッセージを発信していることになる〉と指摘していたように、たとえナチスを礼賛したわけではなかったとしても、“ナチス的なもの”が「かっこいい」などと価値のあるものだと捉えられること自体を危惧しているのだ。

 そもそも、ナチズムの組織原理においては“大がかりな儀式”が重要な役割を担ったが、そのなかでも「制服」には大きな意味があった。ナチスの思想、文化などにおける戦略を読み解いた『第三帝国の社会史』(リヒアルト・グルンベルガー著、池内光久訳/彩流社)には、こう書かれている。

〈制服は第三帝国の目に見える背景幕であった。どこへ行っても制服があり、しかもいろいろな種類の制服があるということは帝国に存在する権力の巨大さを実感させた〉

 また、『暴力と芸術』(勅使河原純/フィルムアート社)では、ナチズムに協力した映画監督のレニ・リーフェンシュタールと建築家のアルベルト・シュペーアの果たした役割をこのように言及する。

〈一糸乱れぬ群衆の生みだす壮大なパターンの美は、おそらく全体主義の美学のなかでも、もっとも洗練された大規模なものであろう。今日われわれがナチスという言葉で連想するイメージの大半は、こうしてシュペーアによって演出され、リーフェンシュタールの手で映像化されたものなのだ〉

 ナチスの制服、軍服のデザインやナチス式敬礼などのかっこよさとは、つまりファシズムの美学であり、ナチスが大衆を煽動するために意図的かつ精巧につくりあげたものなのである。「かっこいいものを真似するのは当然」なのではなく、かっこいいからこそ警戒しなくてはいけないのだ。

 さらに、高須医院長をはじめとして、原爆投下などの“戦争被害者としての日本”をもち出して問題をすり替える者たちに至っては、歴史と向き合う姿勢が欠如しているとしか思えない。もちろん、日本は戦時中、沖縄での地上戦、本土への空襲、広島と長崎への原爆投下によって多くの人びとの命が奪われた。しかし、日本は自ら戦争を引き起こした当事者であり、他国で多くの人びとの命を奪った“戦争加害国”である。これは世界で共有されている事実だが、日本ではこの「加害国」という認識があまりに薄い。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

欅坂46ナチス問題でユダヤ人をファンと高須らネトウヨが「被害者ビジネス」と攻撃! 広がる無自覚な歴史修正主義のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。歴史修正酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
4 町山、ロマン、水道橋、春日、豪の論戦
5 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
6 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
7 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
8 『女が嫌いな女』アンケートの噓を暴く
9 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
10 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
11 X JAPAN、TAIJIの死の謎
12 古舘伊知郎“最後の一刺し”がテレビ大賞
13 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
14 オリラジの吉本興業退所でマスコミが触れない松本人志をめぐる圧力
15 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
16 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
17 ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
18 古舘降板は安倍とテレ朝上層部のせい
19 朴槿恵と同じ!安倍も操られていた
20 川島なお美が近藤誠の診断を告発
1「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
5古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄