欅坂46の衣装がナチスそっくりと炎上! ウケ狙いだけで「ファシズム」「軍服」を安易に取り入れる“秋元康”的手口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 一方、振付のTAKAHIRO氏は、前掲「BRODY」16年5月号のインタビューで、

「この曲からは『社会のシステマティックさと、若者の自我の焔の両面を対比させた画』というイメージが伝わってきました。衝動や衝撃、若さの中の不安定さ、それに打ち勝つパワーをバランスよく表現しようと思いました。」

 と語っているが、PVから伝わってくるのは、「社会のシステマティックさ」だけで、「若者の自我の焰」はほとんど感じられない。同曲ではサビ部分でセンターの平手友梨奈が、ナチス式敬礼にも見えるポーズでメンバーの群れをかきわけて前に進み出る振りがあるが、まさかこれが「若者の自我の焰」なのだろうか。

 歌詞を考えた人間とPVのコンセプトを考えた人間が、本当に同一人物なのかと疑いたくなる。軍服風の衣装、軍隊の敬礼や行進を彷彿とさせる振付、突出したセンター……強いインパクトを求めるあまり、安易でわかりやすい「ファシズム」というファッションに飛びついたのではないか、という気もしてくる。

 実際、欅坂46のファシズムファッションは「軍服」だけではない。メンバー全員が出演したテレビドラマ『徳山大五郎を誰が殺したか?』(テレビ東京)では、目の部分をくり抜いた紙袋を出演者がかぶっているシーンが何度も登場し、「これ、KKKっぽい」と、差別思想を掲げて有色人種に卑劣な暴力を加えたアメリカの秘密結社クー・クラックス・クラン(KKK)の服装との類似性も囁かれたこともある。

 もちろん、こうした安易な仕掛けの裏には、秋元康の存在があるはずだ。最近の秋元康が欅坂46のセンターを務める平手を、かつての前田敦子や島崎遥香、宮脇咲良のように頻繁に観劇に同伴するなど寵愛していることはファンの間では有名な話だが、もちろん欅坂とのかかわりは、それだけではない。

 たとえば「日経エンタテインメント!」(日経BP社)のインタビューで秋元は、

「欅坂46もオーディションに合格したメンバーと話したり、あるいは楽曲を選んだりしているうちに、なんとなく今の自分がやりたかったことはこういうことなのかなと気づいてきました。初めから『サイレントマジョリティー』での、笑顔がないアイドルを作ろうと思ったわけではないんです。」

 また二曲目の「世界には愛しかない」についても、

「この子の雰囲気はこのセリフに合うなというように、誰がどこを歌うのかを決めていきました。
 僕の中では女子高の演劇部みたいなものがあったら面白いんじゃないかというイメージがあって。例えば「舞台に立ったときに平手(友梨奈)が走ってきて、このセリフをどういうふうに言う?」というように、セリフの言い回しや解釈について話し合いながらレコーディングを進めたんです。」

 と語っている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

欅坂46の衣装がナチスそっくりと炎上! ウケ狙いだけで「ファシズム」「軍服」を安易に取り入れる“秋元康”的手口のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48ナチス欅坂46秋元康酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
2 乙武洋匡が不倫旅行、5人の女性と関係
3 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 三原じゅん子が「政権を握っているのは総理大臣だけ」と無知発言
6 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
7 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
8 ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
9 昭和の名作裏ビデオ史
10 槇原敬之は明らかに不当逮捕だ!薬物より怖い警視庁組対5課
11 乃木坂46歌唱で『セーラー服を脱がさないで』歌詞の女性蔑視に非難殺到!
12 国会審議で「総理は嘘つき」が“侮辱罪”にあたる可能性を政府は否定せず
13 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
14 ミスチル新曲に小林武史への憎悪が?
15 吉村知事肝いりの大規模入院施設の利用率が最大7%で閉鎖
16 原発事故前に安倍が地震対策拒否
17 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
18 自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
19 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
20 安倍晋三「桜前夜祭」事件で秘書が「違法性を認識していた」と供述!
1「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
3ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
4古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
5自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄