女流官能小説家たちが「性を語る女性への偏見」を批判!「女性作家は処女かヤリマンのどっちか」といわれ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
seiwokakuonnatachi_01_160926.jpg
『性を書く女たち インタビューと特選小説ガイド』(青弓社)

「an・an」(マガジンハウス)が毎年恒例の「セックス特集」を初めて掲載してから約30年の時が経ち、女性が自らあけすけに「性」を語り、表現する場所や機会も増えてきた。

 たとえば、AV業界ではソフト・オン・デマンド(以下、SOD)の山本わかめ監督をはじめ女性の監督も生まれ、また、「SILK LABO」をはじめとした女性向けAVも堅調な人気を獲得している。

 官能小説業界でもそれは同じで、女性作家が次々登場して、男性向けはもちろん女性向けの官能小説でもヒット作を連発している。しかも、特徴的なのが、彼女たちの多くが何か特別な動機があるわけではなく、ごく自然なかたちでこのジャンルを選んでいることだ。

 たとえば、新潮社が主催する「女による女のためのR-18文学賞」で大賞を受賞したことからデビューした南綾子氏は、『性を書く女たち インタビューと特選小説ガイド』(いしいのりえ/青弓社)のなかで、官能小説を書き始めた理由についてこともなげに語っている。

「「人と性欲」に興味がありました。性欲によって人生を狂わされることがあるというのが、ずっとおもしろいなと感じていたんです。例えば権力者だったら、性欲による一晩の過ちで、人生が転落してしまうかもしれない。子どもを残すための必要欲求であるはずの性欲なのに、人を滅ぼすこともありうるというのが、十代の頃から不思議でした」

 ここには、これまで性表現に関わる女性に対しメディアが当て嵌めがちだった、「性的なトラウマがきっかけ」といった物語はまったくない。いまや女性たちにとって、性を語ることはごく普通のことなのだ。

 しかし、同書を読んでいると、一方で、いまだに女性が「性表現」に関わることへの偏見が根強くあることも痛感させられる。SF、児童文学から官能小説までを幅広く手がけている森奈津子氏は、前掲『性を書く女たち』のなかでこのように語っている。

「女性がエロい創作物を作ることが気にくわない人たちは一定数存在していて、エロマンガ家でも女性であることを隠して描いている人がいます。女性が性的に解放されることを恐れている人が大勢いるなんて、それこそ女性差別だと私は思うんですけどね。女がエロを書いて誰を喜ばせようと、それは自己決定権に基づくものなのだから、他人がとやかく言うべきではないと思います」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

性を書く女たち: インタビューと特選小説ガイド

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

女流官能小説家たちが「性を語る女性への偏見」を批判!「女性作家は処女かヤリマンのどっちか」といわれ…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。南綾子団鬼六官能小説森奈津子田中 教の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 玉川徹を攻撃する橋下徹、三浦瑠麗、ほんこんの悪質デマ垂れ流し過去
2 “使い回し”菅義偉が国葬弔辞に“見てない話”をギャンブルで盛り込んだと自慢
3 菅義偉の弔辞「山縣有朋の歌」は安倍がJR葛西の追悼で使ったネタ
4 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 安倍国葬で大はしゃぎ 百田尚樹ら安倍応援団とフジサンケイの醜態
7 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
8 安倍こそ政治の犠牲になった国民を「悼む気持ち」のない冷淡政治家だった
9 玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
10 「ほんこんおもんない」に法的措置ちらつかせ批判殺到…極右芸人・ほんこんがやらかしたもうひとつの言論弾圧と在日ヘイト誘発
11 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
12 自民党がネトサポに他党叩きを指南
13 見城AbemaTV安倍ヨイショとテレ朝
14 統一教会とズブズブ報道の萩生田光一政調会長がテレビ各局に圧力か
15 “菅親衛隊”状態の田崎史郎が石破茂批判で「飲み食いの数が少ない」
16 高橋治之と安倍晋三は親戚関係だった!安倍家の自宅購入資金も高橋弟が捻出
17 岸田首相が性差別発言や統一教会擁護の安倍応援団・小川榮太郎をブレーンに
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
20 詩織さん全面勝訴でも山口敬之氏と安倍首相の関係に触れないテレビ
1菅義偉の弔辞「山縣有朋の歌」は安倍がJR葛西の追悼で使ったネタ
2安倍こそ政治の犠牲になった国民を「悼む気持ち」のない冷淡政治家だった
3岸田首相が性差別発言や統一教会擁護の安倍応援団・小川榮太郎をブレーンに
4安倍国葬で大はしゃぎ 百田尚樹ら安倍応援団とフジサンケイの醜態
5“使い回し”菅義偉が国葬弔辞に“見てない話”をギャンブルで盛り込んだと自慢
6玉川徹を攻撃する橋下徹、三浦瑠麗、ほんこんの悪質デマ垂れ流し過去
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄