『とと姉ちゃん』反戦メッセージ封印の一方でモデル「暮しの手帖」編集部には「政治色が強すぎ」と批判が!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 しかし、こうした変化に対して、「昔のほうがよかった」「政治記事で『暮しの手帖』を壊さないでほしい」などと批判するのは、明らかに「暮しの手帖」がどういう雑誌か知らない人間の意見だろう。

 花森安治氏は1970年発行の「暮しの手帖」で、同誌のスタンスをこのような文章にして掲載している。

〈さて ぼくらは もう一度
 倉庫や 物置きや 机の引出しの隅から
 おしまげられたり ねじれたりして
 錆びついている〈民主々義〉を 探しだしてきて 錆びをおとし 部品を集め
 しっかり 組みたてる
 民主々義の〈民〉は 庶民の民だ
 ぼくらの暮しを なによりも第一にするということだ
 ぼくらの暮しと 企業の利益とが ぶつかったら 企業を倒す ということだ
 ぼくらの暮しと 政府の考え方が ぶつかったら 政府を倒す ということだ
 それが ほんとうの〈民主々義〉だ〉(「見よぼくら一銭五厘の旗」/『一戔五厘の旗』所収、暮しの手帖社)

 この花森氏の文章にもあるように〈ぼくらの暮し〉こそを守ろうという確固たる思いが、「暮しの手帖」を唯一無二の存在たらしめてきたのだ。

 むしろ、そうした〈民主々義〉の雑誌を壊したのが、松浦編集長だった。現在は削除されているが、松浦氏は2011年の年末にFacebook上でこんなエピソードを紹介していた。

 その文章によると、松浦氏はある人に「今の「暮しの手帖」にジャーナリズムはあるのか、それともないのか」と尋ねられて、「いわゆる昔ながらのジャーナリズムはありません。しかし新しいジャーナリズムはあると思う」と答えたという。その上で「君の言う新しいジャーナリズムとは何か」と訊かれ、松浦氏はこう答えたという。

「悪人探しや間違い探しではなく、反権力でもなく、政治的主張によって存在を表すものでもなく、正しさの白黒をつけることでもなく、今日一日をあたたかく安らかに楽しく過ごすためや、少しでも今日の暮らしを美しくするための知恵や工夫を発見して、わかりやすく面白く伝えることです」

 松浦氏がこう言うと、〈その人は「花森安治の暮しの手帖も終わったな」と言って去っていった〉という。このエピソードを、松浦氏は〈今日あったほんとうの話です〉と締めくくっている。わざわざ〈ほんとうの話〉と記しているあたりから察するに、松浦氏は“あり得ない暴言を吐かれた”とでも感じたのかもしれないが、むしろ花森氏が守ってきた編集方針を知る者からすれば、「終わったな」と言われるのも当然の話だろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『とと姉ちゃん』反戦メッセージ封印の一方でモデル「暮しの手帖」編集部には「政治色が強すぎ」と批判が!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。とと姉ちゃん大方 草暮しの手帖朝ドラ雑誌の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 東京五輪学徒動員”に向け、緊急事態宣言中に教員770人が会場を“集団下見”
2 大阪維新・府議の「感染、即入院」はなぜ報じられない?
3 菅首相の7月高齢者接種完了宣言の裏で総務省が自治体に「完了すると言え」
4 大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
5 高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
6 北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
7 宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
8 つるの剛士が虎ノ門ニュースに出演
9 入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難
10 大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
11 維新の市長候補はたかじん遺言執行人
12 西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
13 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
14 菅原文太の安倍批判が一周忌に公開
15 内閣官房参与の高橋洋一がコロナ感染状況を「さざ波」「笑笑」とツイート
16 東京都が東京五輪の観戦に子ども81万人を動員! 感染拡大中に通達
17 東京五輪ボランティアと同種の仕事に「時給1600円」疑惑を組織委に直撃
18 ウーマン村本、ローラ…権力批判芸能人を排除する醜悪メディア
19 松坂桃李、GLAYもランクイン「芸能人よく言った大賞」後編!
20 池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが反対運動封じに利用!
1大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
2コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
3東京五輪学徒動員”に向け、緊急事態宣言中に教員770人が会場を“集団下見”
4 菅首相がコロナ対応の失敗を改憲にスリカエる発言! 国民投票法も強行成立
5大阪維新・府議の「感染、即入院」はなぜ報じられない?
6 菅首相が「人流は間違いなく減少」と真っ赤な嘘! 東京駅前は昨年の1.8倍
7宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
8『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
9大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
10北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
11菅首相「五輪選手と国民が交わらない」は嘘 528自治体で選手団と住民が交流
12内閣官房参与の高橋洋一がコロナ感染状況を「さざ波」「笑笑」とツイート
13高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
14池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが反対運動封じに利用!
15西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
16入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難
17菅首相の7月高齢者接種完了宣言の裏で総務省が自治体に「完了すると言え」

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄