手塚治虫も性表現への圧力に激怒していた! マンガの神様が逆ギレしてやけっぱちで描いた“エロマンガ”とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 ただ、では手塚は単に下品なマンガを描きたいから『やけっぱちのマリア』を描いたのかといえば、まったくそんなことはない。

 彼がこの作品を描いたのは、子どもたちにきちんとした知識を教えなくてはいけないという医学博士でもある手塚らしい思いと、そのような「性」の知識を通じて、「生」、すなわち「生きること」「生命」の大切さを知ってほしいという真摯な思いがあった。それは、前掲『手塚治虫文庫全集』のあとがきで引用されている当時の手塚のコメントを読めば一目瞭然だ。

〈性の概念としてオトナはすぐ行為そのものを考えるので、性はイヤラシクなってくるんです。男女の二つの性があるのはなぜか、生命とはなにか、愛とはなにか、人間とはなにか、といった疑問に取り組むとき、性の問題を避けて通ることはできなくなるはずです。きわめて根源的なテーマなのです。なぜ私がまんがを描くかというと、たまたま、私がまんが家だから、まんがを通じて性を子供たちに教えようというわけです。言葉をかえていえば、しつけといえるかもしれません〉(「サンデー毎日」70年6月28日号/毎日新聞出版)
〈性の問題は、人間が生まれた時からすでに男と女に分かれているというように人間の一生で最大の要素でありながら、あまりに遠慮がちに、あるいはこそくに取り扱われてきた。子供たちはもうそんな性に対する考え方を超えている。子供はみんな知っているんです。この子供たちに性の事実を教えることが正しい性教育だろう。知識がないまま、方法だけが先走りするからいまのハイティーンのような乱れたセックスが生まれる。性がタブー視されるのは性行為を考えるからだが、性と性行為そのものははっきり区別しなければならない。性の事実をズバリ描くことで徹底的に基礎知識を教えるというのは、わたしの漫画家としての長い間のテーマで、ハレンチ漫画といっしょにされては困る〉(「西日本新聞」70年8月28日付)

 実は、『やけっぱちのマリア』をきちんと読めば、作者にこのような思いがあるのだろうなということはすぐに分かる。絵も、一応ヌードはあるし、ダッチワイフも登場するのでそれなりには過激だが、わいせつな意図は微塵もないことは明白で、現在の感覚で見れば子どもが読んでも何の問題もないように思える。むしろ、面白く読めて理想的な保健体育の教科書とも言える。だが、当時はこの程度でも「悪書」として取り扱われた。

 表現、特に、性表現をめぐる規制は時代によって変化する。いまとなっては『やけっぱちのマリア』をめぐる騒動は、手塚治虫を語るうえで、巨匠らしからぬ逆ギレの一幕を伝える小咄の一つだが、何年か先、現在の性表現規制について、そういう風に笑える日はくるのだろうか。日に日に強まる規制を見ていると、逆の結果になるような気もするのだが……。
(新田 樹)

最終更新:2018.10.18 04:41

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

手塚治虫も性表現への圧力に激怒していた! マンガの神様が逆ギレしてやけっぱちで描いた“エロマンガ”とは?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。圧力新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 伊藤詩織氏への名誉毀損ははすみとしこ氏だけじゃない、国会議員も
2 文通費問題で「やる気なし」なのは維新!松井代表がセルフ領収証OKに
3 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
4 クーポン券事務費967億円「過大でない」は嘘 子ども食事支援は22億円
5 吉村知事がコロナ協力金めぐる税金無駄遣いを棚上げし岸田クーポン批判
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 玉川徹が『ドクターX』に出演して岸部一徳に言われた一言
8 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
9 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
10 岸田首相のオミクロン対策はザルだ! 入国禁止は外国人だけで差別性丸出し
11 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
12 安倍晋三に中国電力から原発マネーが 
13 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
14 三原じゅん子が「政権を握っているのは総理大臣だけ」と無知発言
15 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
16 安倍首相が百田尚樹『日本国紀』をPR
17 瀬戸内寂聴が生前、「美しい憲法を汚した安倍政権は世界の恥」
18 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
19 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
1吉村知事がコロナ協力金めぐる税金無駄遣いを棚上げし岸田クーポン批判
2自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
3クーポン券事務費967億円「過大でない」は嘘 子ども食事支援は22億円
4安倍晋三に中国電力から原発マネーが 
5橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
6コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
7吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
8政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
9伊藤詩織氏への名誉毀損ははすみとしこ氏だけじゃない、国会議員も
10岸田首相のオミクロン対策はザルだ! 入国禁止は外国人だけで差別性丸出し
11文通費問題で「やる気なし」なのは維新!松井代表がセルフ領収証OKに

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄