AV女優・上原亜衣が“痴女”演技のためにした勉強とは…「痴女の淫語」は水道橋博士も通った風俗店で生まれた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 ゴールドマン監督の痴女系作品には前述の三代目葵マリーも出演しているのだが、彼の証言からも痴女ものAVを撮るにあたって「どんな態度でどんな言葉を言えばいいのか」を重要視していたことが分かる。また、それにあたって参考となるひな形となったのは、またしても「乱コーポレーション」を源流とする風俗の女性たちのプレイであった。

 こうして確立された淫語を重視する痴女像は後進の監督たちにも受け継がれていく。痴女もので高い評価を受ける二村ヒトシ監督も、その淫語の重要性を認識していたひとり。その一例として安田氏は、2000年に刊行されたムック本に掲載された二村監督の撮影現場レポートにあるこんな一文を引いている。

〈二村監督は非常にセリフにこだわりを持っており、脚本も本人が書いている。今回それが十分に発揮され、美人の単体女優が強烈な淫語を口にする展開に、取材しつつ私も興奮を覚えた〉(『いやらしい2号 第2巻』/データハウス)

 こうした過程を経て、現在では、単体のどんなアイドル系AV女優であろうと必ず企画に組み込まれるほど定番化した「痴女」ジャンルだが、本稿冒頭の上原亜衣のエピソードからも分かる通り、これを自然に演じるのには相当なスキルを要する。安田氏は前掲書でこのように綴っている。

〈痴女プレイの撮影では、淫語は監督から「こういう風に言って下さい」などと指示があることが多いが、それを淀みなく口にするのは難しい。さらに単に暗記していればいいわけではなく、状況によって的確な淫語を話すには、頭の回転が速いことが要求される。そして淫語の中身は女優におまかせの場合も珍しくなく、ボキャブラリーが豊富でなければ、痴女はこなせない。
 痴女を演じるには才能が必要なのだ。痴女役に挑戦したものの、うまくできずに現場で泣いてしまったという女優の話もよく聞く。筆者がインタビューしたある女優は「痴女をやるくらいなら、ハードレイプやSMの方がずっと楽」と言っていた〉

 前述したように、「痴女」というジャンルを生み出したのは、池袋にある性感マッサージ店の女性たちだったわけだが、実はいま、再び女性によって「痴女」というジャンルが刷新されようとしている。その旗手がSODクリエイトの社員監督である山本わかめだ。彼女の監督した『SOD女性監督・山本わかめ式「射精コントロール」勃起した男子は“射精の快楽”を味わうためなら、女子の言いなりになってしまうのか?』では、その長いタイトルが表している通り、男性を内面から侮辱するような言葉選びであったりと、新たな「淫語」の可能性を追求する動きを見せ、賛否両論の議論を巻き起こしている。女性によって生み出された「痴女の言葉学」は、今後これまた女性によって新たな可能性が探られていくのかもしれない。
(田中 教)

最終更新:2018.10.18 03:46

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

キカタン日記 無名の大部屋女優からAV女王に駆け上った内気な女の子のリアルストーリー

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

AV女優・上原亜衣が“痴女”演技のためにした勉強とは…「痴女の淫語」は水道橋博士も通った風俗店で生まれたのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。田中 教の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
2 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
3 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由
6 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
7 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
10 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
11 自民党がネトサポに他党叩きを指南
12 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
13 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
14 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
15 吉村知事がリテラへの反論で馬脚「大阪・兵庫間の往来自粛」の真相
16 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
17 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
18 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
20 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
1検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
2官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
3 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
4安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
5安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
9 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
10黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
11内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
12河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
13田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
14検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
15吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
16テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
17検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
18木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
20ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄