西内まりや、長澤まさみ、紗栄子、菜々緒…震災への思いを綴る芸能人を炎上させるネット民の悪質

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 タレントの紗栄子は19日、Instagramに〈私も今できることを。子供達もお小遣い貯金を千円ずつ。家族みんなで寄付させていただきます。家族みんなで祈ります。〉というコメントともに500万2000円の募金をし、その振込受付書の写真を投稿した。かなりの額の寄付だが、この行動に対しても〈あざとい〉〈ダルビッシュの金だろ〉といった心ないコメントがネット上に書き込まれている。

 狩野英孝、川本真琴との二股騒動で名を知られたタレントの加藤紗里も炎上の被害に遭っている。彼女のブログのコメント欄は日常的に荒れているのだが、地震発生前の13日にアップした記事のコメント欄には、地震発生後も普段とまったく変わらず、彼女を誹謗中傷するコメントが書き込まれ続けていた。それに対し、15日更新のブログで〈てか、どうでもいいけど、1つだけ言っていい? すごく大きい地震が熊本を中心にあったって知ってるのにどうでもイイ紗里のこと、ブログにわざわざディスりコメントしてる人ってなんなの? 別に紗里をディスるなんていつでも出来るんだから そこは今は、違うでしょ。〉と警鐘を鳴らした。

 続けて、〈こういう時に助け合ったり自分のできることを考えたり、励まし会えないなら発言するなって感じ。〉〈助け合ってる方々の姿が映ってて助け合える日本であることに、改めて誇りを持てた。まだまだ余震があったり、外で待機されてる方も映ってたので全然、安心できてないと思いますが、、、応援してます。〉と被災地への思いを綴っていたのだが、その思いはとにかく彼女を攻撃したいだけの悪質なネット民には届かなかった。その後ブログで、広島の実家に現在イタズラ電話が相次いでいることを明かしている。

 兵庫県出身の藤原紀香は、地震発生直後、阪神淡路大震災のこともあげながら、被災地を心配する文章をブログに投稿。しかし、そのなかにあった〈どうかこれ以上、被害が広がりませんように そして 火の国の神様、どうかどうか もうやめてください。お願いします〉という文章が被災者の心情を逆なでするとして炎上した。現在はその一文を削除しているのだが、その件について釈明がなかったことが新たな炎上の火種となっている。

 AKB48に所属している村山彩希も炎上騒動に巻き込まれたひとり。14日深夜、Google+に〈熊本県で震度7の地震があった事をしりました。余震がまだあると思いますが、皆さんが無事である事を祈ってます。〉と書き込んだのだが、その投稿に楽屋でのオフショットを載せていたことから〈何も考えてないんだろうな アホだから〉といったコメントが多く寄せられた。後日、彼女はこの投稿を削除している。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

西内まりや、長澤まさみ、紗栄子、菜々緒…震災への思いを綴る芸能人を炎上させるネット民の悪質のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新田 樹震災の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
2 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
3 外務省「旭日旗」正当化のインチキ!
4 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
5 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
6 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 「詩織さん全面勝訴」で証明された警察と検察のおかしさ! 
9 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
10 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
11 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
12 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
13 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
14 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
15 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
16 高市早苗はなぜ“ネオナチ”といたのか
17 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
18 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
19 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
20 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
5八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
8高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
9 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
10河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
11倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
12安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
13DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
14高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄