もう一度言う、ベッキーだけが叩かれるのはおかしい! 不倫や犯罪、パワハラをしても大手芸能事務所なら報道されないのに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
becky_01_141125.jpg
ベッキー『ベッキーの心のとびら』(幻冬舎)

 本日発売の「週刊文春」(文藝春秋)2016年1月28日号に、ベッキーと川谷絵音(ゲスの極み乙女。)の新たなLINE流出画像が掲載され大きな波紋を広げている。

 流出したLINEのやり取りは、ベッキーが会見を開いた前日(1月5日)のもので、そこには「逆に堂々とできるキッカケになるかも」「ありがとう文春!」「センテンス スプリング!」といった言葉が綴られていた。

 これにより、一時収束していたベッキーバッシングが再度復活。ワイドショーでもここぞとばかりに批判を再開。たとえば、『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ系)ではキャスターの小倉智昭が「LINEを見られていると分かった後のやりとりでしょ? バカじゃないの? なんでこんな不用意なやりとりをするの?」「2人がもうちょっと考えなさい。大人なんだから行動を、責任持って。それしかない」とまで言って切り捨てている。

 ベッキーのことをまるで犯罪者のように扱う報道姿勢は変わらぬままだ。しかし、その一方、SMAP分裂騒動に関しては、どのメディアも深く切り込むことはない。飯島三智マネージャーを退社にまで追い込んだメリー喜多川副社長のパワハラ行為が明るみになり、「公開処刑」とまで揶揄された『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)での謝罪が世間の怒りを買った後も、である。ベッキーを晒し者にする一方で、ジャニーズ事務所を今の地位にまで押し上げた功労者である飯島三智マネージャーの働きを無に帰すようなメリー喜多川副社長の悪辣な行為は伝えようともしない。

 その理由は、言うまでもなく、ジャニーズ事務所は各メディアに大きな影響力を及ぼす事務所で、ベッキーの所属するサンミュージックは、老舗ではあるが、そのような力を持っていない事務所だからということに他ならない。

 スキャンダルを起こした人の所属する事務所が大きな力をもつ事務所であれば報道は控えめに、そうでない事務所であった場合、嵩にかかってまるで犯罪者のように責め立てる。

 そのように、相手の事務所次第でマスコミが沈黙する構図は、近年だけでも宮崎あおいと岡田准一(V6)の不倫・略奪を経た熱愛問題、中山美穂と作家・辻仁成の離婚や、それに際した中山の音楽家・渋谷慶一郎との不倫・熱愛・破局騒動、小泉今日子と俳優・豊原功補の不倫を経た熱愛報道、高部あいのコカイン所持での逮捕における所属事務所の扱いなど枚挙に暇がない。これらの騒動に関与する人物は、芸能界のドン・周防郁雄社長率いるバーニングプロダクションに関わる事務所に所属していたり、ジャニーズ事務所やオスカープロモーションといった「マスコミを黙らせる」力をもった事務所に所属している人たちだった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

もう一度言う、ベッキーだけが叩かれるのはおかしい! 不倫や犯罪、パワハラをしても大手芸能事務所なら報道されないのにのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ベッキー大方 草編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
2 竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
3 国連も「組み体操」の危険性を指摘! 重大事故多発もなぜ放置? 安倍政権の復古的教育政策との親和性
4 つんく♂が秋元のメンバー差別に
5 外務省が日米地位協定のウソ説明をコッソリ修正
6 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
7 古市憲寿「平成くん、さようなら」と「終末期医療打ち切れ」論
8 松本人志が指原莉乃に悪質セクハラ差別発言! 
9 JOC竹田会長が女性死なせる交通事故
10 日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
11 追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
12 収賄疑惑の甘利大臣がバンダイとも
13 DA PUMPがEXILEに挑戦状
14 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
15 産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
16 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
17 NGT48問題でも秋元康の“無責任”
18 純烈・友井報道で芸能マスコミジャニーズ御用体質 
19 安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
20 東京五輪の賄賂疑惑と電通側のキーマン
1安倍首相が辺野古の土砂投入で「サンゴを移した」と大嘘
2追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
3クイーンのB・メイ辺野古署名に『ボヘラプ』鑑賞の安倍首相は…
4元日『相棒』が今年も安倍政権批判!
5ローラ、村本、りゅうちぇる芸能人よく言った大賞後編
6所ジョージが沖縄米軍基地反対ソング! 
7ウーマン村本、ローラ…権力批判芸能人を排除する醜悪メディア
8安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
9早野龍五・被曝論文に重大誤り!お墨付き与えた糸井重里の責任
10竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
11産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
12安倍首相の改憲キャンペーンに松本人志、小藪千豊らが協力?
13 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
14日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
15 ゴーン前会長出廷で露呈した特捜部の無理スジ国策捜査
16 バカリズム、指原莉乃が外国人労働者問題で差別丸出し
17安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
18平沢勝栄だけじゃない自民党の性差別 
19外務省が日米地位協定のウソ説明をコッソリ修正
20落合陽一は反省表明したが…古市憲寿と落合の無自覚

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄