「2016年、山里世代がお笑い界をリードする」は本当か? 山里、ノンスタ井上と又吉、西野の間にある断層とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 しかし、お笑い評論家のラリー遠田氏はそんな状況を受けて、だからこそ「山里世代」の芸人たちがいま面白いと語る。『逆襲する山里亮太 これからのお笑いをリードする7人の男たち』(双葉社)には、このように記されている。

〈山里世代とは、壁にぶつかり続けた結果、異様な進化を遂げたモンスターの集まりなのだ〉

 ラリー遠田氏が「山里世代」とカテゴライズした芸人は、南海キャンディーズ、キングコング、ピース、オードリー、NON STYLE、ウーマンラッシュアワー、ナイツの7組。この世代は前述したように「上がつっかえている」絶望的な状況にある。しかし、だからこそあらゆる策を練って、その現状を壊そうと興味深い試行錯誤を繰り返しているのだという。

 その試行錯誤の最たるものが「炎上」だ。たとえば、山里亮太は、自身の冠ラジオ『山里亮太の不毛な議論』(TBSラジオ)で、数々の芸能人との間に舌禍を起こし、そのたびにネットニュースを騒がせてきた。

 元TBSアナウンサーの青木裕子とは挨拶を無視されたことからバトルが勃発。同じく、元TBSアナウンサーの田中みな実とは、かつては一緒に旅行に行くほどの仲だったのに、急に疎遠になり素っ気ない態度を取られたことから怒りを爆発させ、「あの人が媚びなきゃいけないランクから外れちゃったのかな」と挑発した。

 同じ事務所の先輩でもある品川庄司の品川祐との間で起こった炎上騒動も大きな話題となった。きっかけは、番組内で山里が品川から過去にネチネチと嫌味を言われた過去を暴露したことから始まった。この騒動は品川のツイッターアカウントに批判のレスを送るリスナーまで生み出し、後に品川がラジオブースに乱入する事件まで起こすにいたった。山里はこの他にも、芹那、青木さやか、フリーアナウンサーの中島彩との間にも舌禍騒動を起こしている。

 山里があえて「炎上」させる理由。それはもちろん、「悪名」でもいいから世間に話題を提供したいからだろう。そのような「奇策」を練らなければ、先輩芸人たちを超える話題を生み出すことはできない。事実、これらの舌禍事件はネットニュースに大きく取り上げられ、彼の人気を一気にブレイクさせた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

逆襲する山里亮太 これからのお笑いをリードする7人の男たち

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「2016年、山里世代がお笑い界をリードする」は本当か? 山里、ノンスタ井上と又吉、西野の間にある断層とはのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。キャラマーケティング新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
2 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
3 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
4 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
5 テラスハウスの出演者がセクハラ告白
6 検察は河井克行を逮捕できるのか? 捜査は買収の原資“安倍マネー”に
7 田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
8 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
9 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
10 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
11 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
12 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
15 検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
16 検察庁法改正が抗議の声を無視し強行採決へ! 安倍首相は嘘八百会見
17 黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
18 つるの剛士が「桜を見る会」問題で台風被災者をダシに安倍政権擁護
19 検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
20 佐川不起訴の裏に法務省の官邸代理人
1官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
2窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
3検察は河井克行を逮捕できるのか? 捜査は買収の原資“安倍マネー”に
4検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
5田崎史郎が「#検察庁法改正に抗議します」で“黒川と安倍は近くない”と嘘
6安倍応援団の攻撃に怯まない「#検察庁法改正に抗議します」の有名人たち
7松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
8検察庁法改正で松尾元検事総長が安倍首相を「中世の亡霊」と批判!
9三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
10検察庁法改正が抗議の声を無視し強行採決へ! 安倍首相は嘘八百会見
11黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
12検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
13内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
14河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
15安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
16田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
17国会で井浦新、宮本亜門の批判を突きつけられた安倍首相が…
18加藤清隆、百田尚樹ら「#検察庁法改正案に抗議します」攻撃のトンデモ
19 百田尚樹と対照的! 橋本愛が「文化・芸術は死んだ心を生き返らせる」
20検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄