フジがテレ東に抜かれるのは当然! ヒットドラマ『孤独のグルメ』も先にフジに企画が持ち込まれていたのに…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
fujitv_01_150402.jpg
フジテレビジョン公式サイトより


「振り返ればテレ東」どころか、テレ東にも追い越されてしまった──。ついにフジテレビのゴールデンタイム週間視聴率(11月23~29日)が7.6%という末期的な数字を叩き出し、8.0%だったテレビ東京に敗北を喫したのだ。

 年末年始にも不安が残る。29日、31日には新格闘技イベント「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND‐PRIX 2015」を中継するが、格闘技ブームも去ったなか、これを目玉にするフジの時代錯誤な編成には疑問の声も。さらに元旦の夜は『オールスター対抗歌合戦』という何の目新しさもない残念企画で、唯一の頼みの綱は今月25日からの『全日本フィギュアスケート選手権2015』の中継のみだ。

 このように、フジがキー局最下位となった原因のひとつは、人気番組をつくり出せない企画力の劣化だ。だが、現場に企画力がないわけではないらしい。現場が踏ん張ろうにも、亀山千広社長を筆頭にした幹部たちの“石頭”がそれを打ち砕いているようなのだ。

 その実例が、テレ東のヒットドラマ『孤独のグルメ』をめぐる、フジの失態だろう。じつは『孤独のグルメ』は当初、フジに企画がもち込まれていたという。そして、テレ東でヒットするや否や、フジ幹部が口にした一言とは──。

 フジ凋落を物語る一例といえる話だが、過去にこの問題を取り上げた記事を以下に再録したい。ちなみに、テレ東は元旦の夜にも『孤独のグルメ』スペシャルを放送する予定だ。
(編集部)

********************

 いよいよここまで来たか──。フジテレビの2015年9月期中間連結決算が発表されたが、ついに開局以来初めて営業利益が赤字となったのだ。

 この結果は冷静に考えれば「さもありなん」だろう。ドラマ、バラエティ、情報とすべてのジャンルで低視聴率続きだったフジが「背水の陣」で行った4月期の大改編はことごとく失敗。肝いりではじめた『直撃LIVE グッディ!』『みんなのニュース』はもちろん、新規バラエティも軒並み惨敗し、10月期改編番組も低空飛行。“何をやっても当たらない”という目も当てられない状態になっている。

 そんななか、フジの末期的状況を物語るニュースが報じられた。それは今年、お台場のフジテレビ社屋の敷地内につくられた「テレビの泉」なる噴水をめぐる“疑惑”だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

できないことはやりません ~テレ東的開き直り仕事術~

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

フジがテレ東に抜かれるのは当然! ヒットドラマ『孤独のグルメ』も先にフジに企画が持ち込まれていたのに…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。フジテレビ編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 「医療逼迫していない」は嘘だった!なのにGoToキャンペーン前倒し強行
2 安倍政権がまた「災害ないがしろ」!被災地に耐久性不十分の段ボールベッド
3 「東京でコロナ感染224人」は本当に検査を増やしたせいだけなのか
4 東京女子医大がボーナスゼロで400人の看護師が退職希望も、安倍政権は
5 東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
6 GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
9 森友公文書改ざんで安倍首相を守った太田充主計局長が財務省トップに
10 「桜を見る会」で昭恵夫人、菅官房長官と写真の“大物半グレ”が逮捕
11 安倍政権がコロナ増税の動き! 新会議に震災で復興税導入を主張した経済学者
12 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
13 河井克行の買収に安倍事務所が関与の新証言!現金渡した相手を首相秘書が訪問
14 香港問題で安倍首相と自民党の二枚舌
15 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
16 大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
17 フジ特番が触れなかった津山事件の真相
18 王将社長射殺事件と闇社会の関係
19 年金積立金が1~3月期で18兆円マイナス! 国民の年金を溶かした安倍政権の責任
20 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
1東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
2 年金積立金が1~3月期で18兆円マイナス! 国民の年金を溶かした安倍政権の責任
3小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
4「医療逼迫していない」は嘘だった!なのにGoToキャンペーン前倒し強行
5小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
6森友公文書改ざんで安倍首相を守った太田充主計局長が財務省トップに
7GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
8大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
9安倍政権がまた「災害ないがしろ」!被災地に耐久性不十分の段ボールベッド
10 河井克行の買収に安倍事務所が関与の新証言!現金渡した相手を首相秘書が訪問
11「専門家会議廃止」の裏に緊急事態宣言の解除をめぐる安倍官邸と専門家の対立
12 安倍政権がコロナ増税の動き! 新会議に震災で復興税導入を主張した経済学者
13東京女子医大がボーナスゼロで400人の看護師が退職希望も、安倍政権は
14東京都の感染者100人超で小池知事、加藤厚労相、安倍首相の仰天言動
15吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
16安倍首相がイージス・アショア停止を悪用して「敵基地攻撃能力」保有へ
17「桜を見る会」で昭恵夫人、菅官房長官と写真の“大物半グレ”が逮捕
18「東京でコロナ感染224人」は本当に検査を増やしたせいだけなのか
19河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
20小池百合子、小野泰輔の“ヘイト”に津田大介が切り込んだ

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄