祝!宇多田ヒカル活動再開…宇多田を人間活動=活動休止に追い込んだ「家族」の呪縛、そして再開の理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
utada_01_150803.jpg
「Cut」(ロッキング・オン)2009年6月号

 2010年から「人間活動」を理由に活動を休止していた宇多田ヒカルが、来春より本格的に音楽活動を再開するとのニュースが流れた。

 12年にダウンロード配信シングル「桜流し」が発表されたり、レギュラーのラジオ番組をもったりと、単発的な仕事は時折していたものの本格的な活動を再開させるのは6年ぶりとなる。今後はアルバムのリリースも予定されているとのことで、ファンからは喜びの声があがっている。

 しかし、そもそも、なぜ宇多田ヒカルは「人間活動」という名の長期休養に入らざるを得なかったのか? そこには、宇多田ヒカルと両親、とくに父・宇多田照實との複雑かつ入り組んだ親子関係が関係している。

 1stアルバム『First Love』で累計売り上げ枚数765万枚という、今後永遠に破られることはないであろう記録を打ち立て、デビュー直後から日本を代表する歌姫としての地位を確立した宇多田ヒカル。しかし、彼女のインタビューを紐解いていくと、歌を始めたきっかけからして「親のため」であるという驚きの真実が浮かび上がってくる。

 さらにその後、音楽活動を続けていくモチベーションについても「親が喜ぶからわたしも音楽やってたわけだけど」と発言するなど、立て続けにヒット作を連発する陰で「家族」「親」という「呪縛」は常に宇多田ヒカルを苦しめ続けた。

 その苦悩は私生活にも大きな影響を与える。彼女にとって最初の結婚である紀里谷和明との結婚、そして離婚も、父・照實が大きく関わっていた。

 実際、この間、ヒカルは父親との関係を一切断ち切ろうとする動きを見せたこともあるというが、結局、それをやりきることはできなかった。

 しかし、10年8月、宇多田は「人間活動」という休養を発表することで「音楽」、つまり「親」との関係に距離を置くこととなった。そして、この「人間活動」の間、ついに彼女を「呪縛」から解き放ってくれるものが現れる。それが、イタリア人男性との再婚であった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

点―ten―

  • amazonの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

祝!宇多田ヒカル活動再開…宇多田を人間活動=活動休止に追い込んだ「家族」の呪縛、そして再開の理由とは?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新田 樹歌手編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 「カジノ用地疑惑」追及が松井市長から恫喝・嫌がらせ受けるも新事実を敢然と報道
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
4 夫の会社が家宅捜索で三浦瑠麗に説明責任「太陽光発電」を後押しする発言
5 「モーニングショー」まで…台湾有事を煽るマスコミの酷さ
6 たけしと瀬古が「玉川徹待望論」もテレ朝は玉川を政治にさわらせない方針
7 三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
8 岸田政権の“防衛増額”に元自衛隊幹部が「砂糖の山にたかるアリ」と批判
9 武藤は蛭子さんの反戦論を聞け
10 タッキー引退の裏にジャニーVSジュリーの派閥抗争
11 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
12 維新も統一教会とズブズブ!松井、馬場、音喜多、足立
13 岸田首相息子のフジ女性記者へのリーク疑惑で「まるで『エルピス』」の声!
14 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
15 「憲法9条を守れ」と主張する芸能人
16 片山さつきは警察に圧力!自民党が隠したい安倍元首相と統一教会の深い関係
17 コロナ第8波で三浦瑠麗、たむらけんじが医療機関を攻撃、非難殺到!
18 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
19 昭和天皇の末弟が日本軍の南京での行為を「虐殺以外の何物でもない」
20 村上春樹が『騎士団長殺し』『猫を棄てる』に込めた歴史修正主義批判
1細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
2「カジノ用地疑惑」追及が松井市長から恫喝・嫌がらせ受けるも新事実を敢然と報道
3「モーニングショー」まで…台湾有事を煽るマスコミの酷さ
4夫の会社が家宅捜索で三浦瑠麗に説明責任「太陽光発電」を後押しする発言
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄