産休2週間で第一子出産! 膳場アナがギリギリまで『NEWS23』に出続けたのはTBSのマタハラ降板圧力への抵抗だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
zenba_151203_top.jpg
TBS『NEWS23』番組ページより


『NEWS23』(TBS系)のメインキャスターを務めるアナウンサー・膳場貴子氏が第一子である女児を出産していたことが5日わかった。正確に何日に生まれたのかはわかっていないが、関係者によるとこの日までに出産しており、母子ともに健康だという。

 しかし、膳場アナが産休前、最後に出演したのは、先月20日のこと。少なくとも出産2週間前まで、キャスターの仕事を務めていたことになる。労働基準法の定める産休が産前6週間から。膳場アナはフリーで個人事業主なので対象外ではあるが、これがいかに異例かわかるだろう。

 この膳場アナの頑張りの背景には、TBSからの降板圧力に対する抵抗があったと考えられる。

 本サイトでも報じたとおり、膳場アナをめぐっては今月3日、スポーツ報知が「育児専念を理由に、自ら降板申し入れ」と報道。これに対して、膳場アナが自らFacebookで「申し入れしていない」と否定する騒動があった。

 スポーツ報知に嘘情報をリークしたのは、もちろんTBSサイドだった。なぜそんなことをしたのか。

 背景にあったのは、『NEWS23』への政治圧力だった。同番組は政権への批判をきちんと報じる数少ない番組であるため、官邸と自民党からはことあるごとに“標的”にされてきた。安保法制を徹底批判していたアンカーの岸井成格氏と、安倍首相が同番組に出演した際、衆院選の街頭インタビューをめぐる報道圧力を質した膳場アナについては、名指しで「なんとかしろ」という批判の声が上がっていた。

「そこで、TBS上層部は少し前から岸井氏と膳場氏を番組から降ろして収束を図りたいと考えてきた。放送時間を短縮して『NEWS23』を事実上、解体しようと考えていたようです。そこに、例の『放送法遵守を求める視聴者の会』の意見広告問題があったので、一気に事態が進み始めたわけです。ところが、岸井氏も膳場氏もそれに抵抗した。そのため、TBS上層部はまず、膳場氏に対して“育児に専念するから降板”と先手を打ち、降板への流れをつくりたかったのでしょう」(TBS関係者)

 しかも、政治圧力に屈した降板を糊塗するために、TBSは膳場アナに対して出産を理由にした降板勧告、つまりマタハラを行っていた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

安倍壊憲クーデターとメディア支配―アベ政治を許さない

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

産休2週間で第一子出産! 膳場アナがギリギリまで『NEWS23』に出続けたのはTBSのマタハラ降板圧力への抵抗だったのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。TBSハラスメント伊勢崎馨圧力の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大坂なおみが黒人差別抗議でキレキレ
2 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
3 何が「断腸の思い」だ!安倍首相が横田滋さん・早紀江さんにとった冷淡対応
4 安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
9 安倍が横田早紀江さんを無視している
10 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
11 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
12 ツイッタージャパンの反差別に対する消極性 代表と産経ニュースの関係
13 野村克也氏が巨人、阪神、楽天を両断
14 持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
15 NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
16 安倍が拉致問題国民大集会を「公務」理由に中座、自宅へ!
17 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
18 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
19 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
20 生活保護カットで他の低所得者も困窮
1 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
2吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
3安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
4持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
5安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
9 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
10大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
11吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
12内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
13持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
14NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
15検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
16何が「断腸の思い」だ!安倍首相が横田滋さん・早紀江さんにとった冷淡対応
17テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
18ツイッタージャパンの反差別に対する消極性 代表と産経ニュースの関係
19木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
20大坂なおみが黒人差別抗議でキレキレ
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄