Mステ初出演が注目のジャスティン・ビーバー、靖国参拝で大炎上したのは確信犯だった?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
justin_01_150607.jpg
ジャスティン・ビーバーオフィシャルブログより


 本日12月4日、ジャスティン・ビーバーが『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に初出演することが決まった。「ホワット・ドゥー・ユー・ミーン?」が全米ビルボード総合シングル・チャートで1位を獲得し、先日最新アルバム『パーパス』を発売したばかり。いま勢いに乗る彼の登場に「ビリーバー」(ジャスティン・ビーバーファンの呼び名)からの喜びの声が止まらない。しかし、その一方、こんな不安な声も……。

〈t.A.T.u.の二の舞にならないことを祈る〉

 2003年、同じく『ミュージックステーション』に出演したt.A.T.u.が生放送をドタキャン。テレビ史に残る大騒動を起こしたのは記憶に新しいが、こんな声が漏れ聞こえてきたのには理由がある。

 ジャスティン・ビーバーのこれまでのキャリアはスキャンダルの嵐であった。まだ声変わりもしていない14歳でデビューしたビーバー君、しかし、デビュー後瞬く間に世界を代表するポップスターにのし上がるにつれ、だんだんと素行が悪化していく。

 例えば、飲酒運転で逮捕されたり、パパラッチに中指を立てて謝罪に追い込まれたり、隣人宅に卵を投げつけて1000万近くの賠償金を支払うハメになったり、ブエノスアイレスのナイトクラブでの暴行事件に関して事情聴取要請を無視し国際指名手配を受けたり……etc、彼のスキャンダルを聞かない日はないのではないかというほどだった。

 そんなスキャンダルのひとつに、2014年の来日時、靖国神社を参拝し、インスタグラムに「神のご加護に感謝」とコメントをつけて投稿、それに対し中国・韓国のネットユーザーから叩かれまくった炎上事件がある。

 この騒動は単なるネットユーザーの炎上事件を越え、中国外務省が「カナダ人歌手が日本の侵略と軍国主義の歴史を明確に理解することを期待する」とコメントを出すまでに発展。それを受けてビーバー君は謝罪コメントを出すのだが、そこに韓国が含まれていなかったため火に油を注ぐ結果となった。

 当サイトでは、この騒動や、アンネ・フランク記念館を訪れた際に「もしも現代に生まれていれば、アンネ・フランクは自分のファンだっただろう」と言及した舌禍事件を分析。その結果、ビーバー君は単なる「無知」でこのような騒動を起こしていたのではなく、各々の歴史的背景も理解したうえでの「確信犯」的な炎上発言だったのでは?との検証記事を掲載したことがある。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

パーパス

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

Mステ初出演が注目のジャスティン・ビーバー、靖国参拝で大炎上したのは確信犯だった?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。東池誠之編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相の7月高齢者接種完了宣言の裏で総務省が自治体に「完了すると言え」
2 病床を削減した病院に消費税でご褒美…病床削減推進の改正医療法が成立か
3 東京五輪学徒動員”に向け、緊急事態宣言中に教員770人が会場を“集団下見”
4 高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
5 大阪維新・府議の「感染、即入院」はなぜ報じられない?
6 大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
7 入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難
8 宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
9 松坂桃李、GLAYもランクイン「芸能人よく言った大賞」後編!
10 北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
11 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
12 西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
13 ローラも辺野古反対署名を呼びかけ!
14 吉村知事が「変異株対応」を強調して私権制限主張も…国内初の変異株死者を隠蔽
15 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
16 菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
17 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
18 『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
19 『名探偵コナン』の公安礼賛がヒドい
20 大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
1大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
2コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
3東京五輪学徒動員”に向け、緊急事態宣言中に教員770人が会場を“集団下見”
4大阪維新・府議の「感染、即入院」はなぜ報じられない?
5 菅首相が「人流は間違いなく減少」と真っ赤な嘘! 東京駅前は昨年の1.8倍
6宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
7『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
8大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
9北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
10菅首相「五輪選手と国民が交わらない」は嘘 528自治体で選手団と住民が交流
11内閣官房参与の高橋洋一がコロナ感染状況を「さざ波」「笑笑」とツイート
12高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
13池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが反対運動封じに利用!
14西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
15菅首相の7月高齢者接種完了宣言の裏で総務省が自治体に「完了すると言え」
16入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難
17病床を削減した病院に消費税でご褒美…病床削減推進の改正医療法が成立か
18岸防衛相の“逆ギレ”に兄・安倍晋三が同調し「朝日毎日は妨害愉快犯」

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄