武井咲主演『エイジハラスメント』は安倍政権批判ドラマ!? 「女性が輝く」「女性の活躍」は口だけで実態はセクハラ三昧って安倍内閣そっくり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 たとえば、高市早苗総務相や山谷えり子拉致問題担当相、有村治子女性活躍担当相の3人は、安倍首相と同じく極右団体・日本会議の懇談会メンバーであり、川上陽子法務相は日本会議とも近い、安倍首相が会長をつとめる神道政治連盟に所属している。また、自民党政務調査会長という重要ポストに就く稲田朋美も同様で、彼女たちはいずれもゴリゴリのタカ派発言を繰り返し、有村、高市、山谷、稲田は、今年の終戦記念日にそれぞれ靖国神社を参拝。その姿は、まるで「参拝したいのにできない安倍首相の代わりにお役目を果たしました」と言わんばかりの忠誠心にあふれていた。

 こうした安倍内閣の態度を見ていると、結局、現政権で女が“活用してもらう”ためには、上司が喜ぶ言動を心がけ、お気に入りになるしか道がないように思えてくる。だいたい安倍首相がヤジを飛ばすのは、辻元清美や蓮舫といった女性議員ばかり。安倍首相は、自分の思想とは異なる気の強そうな女を嫌っているから、ついついヤジってしまうのではないか。そんな了見の人物がいくら「女性の活躍」を謳ってみても薄ら寒いだけで、ドラマのなかで常務を演じる風間は、そういう意味でも安倍首相とダブって見えるのだ。

 口ばっかりの「女性の活躍」は信用できない……武井がドラマ内で浮かべる怪訝な表情は、それこそいま、社会で働く女性の晴れない気持ちを表現しているかのようである。

 ちなみに、今回このドラマが取り上げた「エイジハラスメント」と呼ばれる行為は「エイジズム」とも呼ばれている。エイジズムとはおもに高齢者に向けられる偏見や差別を指す言葉だが、女性の若さに価値を見出すこともエイジズムの一種であり、これはセクシズム(性差別)と組み合わさった状態。ここで思い出されるのは、またしても安倍首相の言葉である。じつは、安倍首相は以前、猪瀬直樹が東京都知事を辞任した際に「都知事候補は若い女性がいい」と発言している。これぞまさしくエイジズム+セクシズムの2点盛り、立派な「エイハラ」発言だ。

「女性の活躍」「女性を輝かせる社会」と言うのなら、安倍首相にはもっと自身の差別意識に注意を向けてもらいたい。じゃないと、五寸釘ぶちこまれますよ?
(大方 草)

最終更新:2015.09.03 02:00

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

エイジハラスメント (幻冬舎文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

武井咲主演『エイジハラスメント』は安倍政権批判ドラマ!? 「女性が輝く」「女性の活躍」は口だけで実態はセクハラ三昧って安倍内閣そっくりのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。テレビ朝日大方 草の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 “G7でぼっち”菅首相フォローのため甘利明やFNNが妄想ストーリー
2 立民議員「50歳と14歳」問題でおぎやはぎが「多様性」「ロリータは名作」
3 「五輪子ども動員」強行のために東京都が“キャンセル案内文書”を隠蔽!
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
6 五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
7 五輪映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛発言、反対の声を八つ当たり扱い!
8 G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
9 「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
10 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
11 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
12 高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
13 吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
14 国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
15 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
16 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
17 平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
18 五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
19 産経が「慰安婦を強制連行」と報道!
20 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
1JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
2五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
3炎上、竹中平蔵がYouTubeで「一部の既得権者が利益」とおまゆう発言
4「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
5変異株クラスター発生のなか…政府は病床使用率の変更
6組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
7「五輪子ども動員」強行のために東京都が“キャンセル案内文書”を隠蔽!
8G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
9平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
10国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
11吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
12高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
13“G7でぼっち”菅首相フォローのため甘利明やFNNが妄想ストーリー
14五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
15立民議員「50歳と14歳」問題でおぎやはぎが「多様性」「ロリータは名作」

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄