拒食症説も出る神田沙也加“激やせ”騒動 背景に母・松田聖子との歪な親子関係?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 本書では摂食障害を発症した武田祐子さん(32歳)の例が紹介されている。祐子さんの家庭は、幼児期からサラリーマンの父が深酒を繰り返し、それを母が叱責するなど夫婦喧嘩が絶えない環境だった。学歴や年齢が上だった母が家庭内で主導権を取り、父は嫌なことがあると酒やパチンコに逃げる。そのためさらに母が父を叱りつけるということの繰り返し。幼い祐子さんは家族が破綻するのではないかと不安を募らせ続けたという。そして母は世間体を気にするタイプで、しつけや勉強にも厳しかった。祐子さんは母から見捨てられるのを極端に恐れた。母から嫌われている父のようにはなりたくなかった。

「母に見放されないようにと頑張るうちに、いつの間にか祐子さん自身も成績がトップクラスでなければ自分ではない、と感じるようになった」

 何でも母の言うことを聞く“良い子”。難関大学にも合格し就職もしたが、しかしそれでも自分を認めようとしない、褒めてくれない母に対し「愛されていないのではないか」と不安にさいなまれ、拒食症になってしまったのだ。

「拒食症の人の両親は必ずしも夫婦喧嘩をするとは限りませんが、夫婦仲に溝があることが多いようです。それも母親が父親より優位に立っているように向けられます」

 もともと家族に備わっているはずの機能が果たされなくなった「機能不全家族」や「母娘関係の歪み」と摂食障害の関係。また摂食障害家族と長年関わってきた医師による『家族への希望と哀しみ 摂食障害とアルコール依存症の経験』(大河原昌夫/思想の科学社)でも家族と摂食障害についてこう記されている。

「家庭内に『そこには触れない』タブーが存在することもある。(略)突然亡くなった祖父の自殺かもしれないし、あの日の母の不倫かも知れない。家族全員が事件の存在を知ってはいるが、誰がどこまで知っているのかはお互いの秘密であり、封印されている」

 さらに機能不全の家庭のなかで、子どもは家族の機嫌を伺い、親に気を遣うものだという。

「本人がおばあちゃん子であり、その姑と母の仲が悪ければ、子どもが葛藤を引き起こすのは当然です。たとえ、少しばかり気が合わない母と感じていても、子どもにとって母はひとつの『絶対』であり、祖母の味方をして母の機嫌を損ねるのは恐ろしい。母の機嫌を見ながら自分の行動を決めることを学んでいきます」

 こうして見ると、たしかに沙也加、そして聖子の家庭に当てはまることは多い。ただ、沙也加の激やせは精神を病んでいるというより、ある種の親離れの表れだという見方もある。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

神田沙也加スタイルブック『Dollygirl』

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

拒食症説も出る神田沙也加“激やせ”騒動 背景に母・松田聖子との歪な親子関係?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。子ども摂食障害林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 文通費問題で「やる気なし」なのは維新!松井代表がセルフ領収証OKに
2 伊藤詩織氏への名誉毀損ははすみとしこ氏だけじゃない、国会議員も
3 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
4 クーポン券事務費967億円「過大でない」は嘘 子ども食事支援は22億円
5 吉村知事がコロナ協力金めぐる税金無駄遣いを棚上げし岸田クーポン批判
6 玉川徹が『ドクターX』に出演して岸部一徳に言われた一言
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
9 安倍晋三に中国電力から原発マネーが 
10 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
11 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
12 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
13 竹田恒泰の「差別主義」を認めた東京地裁の判決文を改めて紹介
14 岸田首相のオミクロン対策はザルだ! 入国禁止は外国人だけで差別性丸出し
15 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
16 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
17 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
18 三原じゅん子が「政権を握っているのは総理大臣だけ」と無知発言
19 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
20 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
1吉村知事がコロナ協力金めぐる税金無駄遣いを棚上げし岸田クーポン批判
2クーポン券事務費967億円「過大でない」は嘘 子ども食事支援は22億円
3自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
4安倍晋三に中国電力から原発マネーが 
5橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
6コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
7吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
8政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
9文通費問題で「やる気なし」なのは維新!松井代表がセルフ領収証OKに
10伊藤詩織氏への名誉毀損ははすみとしこ氏だけじゃない、国会議員も
11岸田首相のオミクロン対策はザルだ! 入国禁止は外国人だけで差別性丸出し

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄