小渕優子はなぜ立件されなかったのか? 特捜部の不自然な捜査、結論を知っていた官邸…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
obuchiyuko_01_140909.jpg
「小渕優子 オフィシャルブログ」より


 ある程度は予想していたが、まさかここまで何もないとは……。小渕優子・前経済産業大臣の不透明な政治資金処理を捜査していた東京地検特捜部が小渕氏本人の立件を見送り。金庫番の折田謙一郎・前群馬県中之条町長ら元秘書2名を政治資金規正法違反(虚偽記載)で在宅起訴することを発表した。検察の捜査に詳しいジャーナリストもこう驚く。

「いまの検察の体質を考えると、立件するのは折田氏ら秘書だけ、というのは想定内ですが、容疑が政治資金規正法の虚偽記載だけとは意外です。少なくとも公職選挙法で秘書を起訴して、連座制の適用で小渕氏を公職停止に追い込む可能性はあると見ていたのですが……」

 この事件はそもそも、小渕氏の後援会が行っていた支援者向けの「観劇会」で後援会が支払った支出が支援者から集めたとされる収入総額を大幅に上回っていたことが判明。小渕サイドが費用の一部を負担していた可能性が浮上し、公職選挙法違反の寄付行為、有権者の買収にあたるのではないか、と大きな問題になったものだ。

 また、その過程で、小渕氏が有権者に自分の顔写真をラベルにしたワインを贈っていた事実も浮上。小渕氏の事務所が疑惑を報道された直後にパソコンのハードディスクをドリルで破壊し、証拠隠滅を計っていたことも明らかになった。

 ところが、今回の特捜部の捜査では、いつのまにかこうした疑惑がすべてなかったことになってしまった。観劇会についても、政治資金収支報告書に記載できなかった簿外支出を帳消しにするため、観劇会の収入を少なく記載して「つじつま合わせ」しただけ、という小渕サイドの主張がそのまま認められたかたちになった。

 しかし、実際の政治資金収支報告書を見ると、観劇会については収入だけでなく、支出も少なく記載されており、単純に「簿外支出を帳消しにするためのつじつま合わせ」とは考えにくい。

 また、仮にこれが有権者への買収ではなくつじつま合わせだったとしても、問題はその政治資金収支報告書に記載されなかった簿外支出の中身だ。今回の発表の直前、小渕氏の資金管理団体「未来産業研究会」が後援会や関係政治団体に計8800万円の寄付を架空計上していた事実が判明しているが、こうした政治資金がウラ金としてばらまかれていた疑惑も浮上している。

 小渕氏と折田前町長を特捜部に告発した「市民オンブズマン群馬」の小川賢代表は、日刊ゲンダイの取材にこう指摘している。

「折田前町長は多額の政治資金をマネーロンダリングしてウラ金化し、差配する役割だったとみられていますからね。カネは小渕氏だけでなく、群馬県内の複数の議員に渡った疑いが持たれているのです」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

告発!政治とカネ 政党助成金20年、腐敗の深層

  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

小渕優子はなぜ立件されなかったのか? 特捜部の不自然な捜査、結論を知っていた官邸…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。小渕優子政治家東京地検特捜部検察自民党野尻民夫の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
2 松本人志が指原莉乃に悪質セクハラ差別発言! 
3 東京五輪が日中戦争でなくなる?
4 JOC竹田会長が女性死なせる交通事故
5 NGT48問題でも秋元康の“無責任”
6 追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
7 つんく♂が秋元のメンバー差別に
8 産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
9 純烈・友井報道で芸能マスコミジャニーズ御用体質 
10 AKBと電通のシークレット飲み会
11 安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
12 常盤貴子絶賛!『野火』が描いた戦争
13 収賄疑惑の甘利大臣がバンダイとも
14 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
15 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
16 文春が東京五輪を!電通元専務に金
17 安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
18 DA PUMPがEXILEに挑戦状
19 つんく♂「アイドルの恋愛」発言に騒然
20 古舘の後任に浮上!安住紳一郎の悪評
1安倍首相が辺野古の土砂投入で「サンゴを移した」と大嘘
2安室、上田、芸能人よく言った大賞前編
3 消費増税反対の内閣官房参与“退職”の裏に官邸の圧力
4クイーンのB・メイ辺野古署名に『ボヘラプ』鑑賞の安倍首相は…
5追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
6元日『相棒』が今年も安倍政権批判!
7安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
8ローラ、村本、りゅうちぇる芸能人よく言った大賞後編
9所ジョージが沖縄米軍基地反対ソング! 
10ウーマン村本、ローラ…権力批判芸能人を排除する醜悪メディア
11安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
12早野龍五・被曝論文に重大誤り!お墨付き与えた糸井重里の責任
13たけしの性差別発言はなぜ問題にならない?
14安倍首相の改憲キャンペーンに松本人志、小藪千豊らが協力?
15 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
16産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
17 ゴーン前会長出廷で露呈した特捜部の無理スジ国策捜査
18 バカリズム、指原莉乃が外国人労働者問題で差別丸出し
19平沢勝栄だけじゃない自民党の性差別 
20安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄