長渕剛が「女性自身」を恫喝、冨永愛との写真を潰していた! じゃあ「文春」にはなぜ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nagabuchi_01_150305.jpg
「長渕剛 OFFICIAL WEB SITE」より


「週刊文春」(文藝春秋)3月12日号が報じた長渕剛と冨永愛の熱愛スクープだが、この記事に関して、週刊誌関係者の間で長渕の “ある側面”が話題になっている。

「週刊文春」は長渕の自宅を連日のように訪れる冨永をキャッチし、2人を深夜1時に直撃。すると長渕は自宅に記者を招き入れ不倫関係を完全に否定している。その際、長渕は記者にこう言ったという。

「デリケートな話でもあるんでね、ちゃんと話したいなあ。立ち話じゃなくて。ちょっと家行くかい? 俺の家に」

 そのやりとりの一部始終を報じたのが「文春」の記事だったわけだが、長渕はこの間、声を荒げるわけでもなく、非常に丁寧に記者に接し、説明している。

 このソフトな対応に、「なぜ?」という声があがっているのだ。

 長渕といえば、コワモテで有名で、以前は気に入らないテレビ局スタッフを暴力リンチしたこともあるし、張り込んでいた週刊誌関係者と暴力沙汰になったのも一度や二度ではない。

 長渕も歳をとって丸くなったんだろう、と思うかもしれないが、そんなことはない。実は「文春」から直撃を受ける直前、別の週刊誌相手に、そのコワモテぶりを発揮して、記事をツブしているのだ。

 その週刊誌とは、光文社の「女性自身」。先の「文春」の記事にも、雑誌名が伏せられたまま、ある女性誌が張り込みしているのを見つかり、記事をツブされたという話が出てくるが、これは「女性自身」のことなのだ。

 実は、冨永の自伝『Ai 愛なんて大っ嫌い』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)の出版をきっかけに、長渕と冨永の“関係”が噂になり、いくつかのマスコミが2人を追っていた。そんななか、「女性自身」の記者とカメラマンが、都内の寿司店で2人が一緒に食事をしている姿をキャッチ。店から出てくる姿を撮影したのである。

 ところが、その後が大変だった。長渕は、「女性自身」が張り込んでいる車を見つけるや、脱兎のごとくかけより、「てめえ、この野郎、何、撮ってやがる」とものすごい調子で怒鳴り始めたのだという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

世界が土曜の夜の夢なら ヤンキーと精神分析

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

長渕剛が「女性自身」を恫喝、冨永愛との写真を潰していた! じゃあ「文春」にはなぜ…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。冨永愛圧力女性自身林グンマ週刊文春長渕剛の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
4 町山、ロマン、水道橋、春日、豪の論戦
5 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
6 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
7 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
8 『女が嫌いな女』アンケートの噓を暴く
9 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
10 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
11 X JAPAN、TAIJIの死の謎
12 古舘伊知郎“最後の一刺し”がテレビ大賞
13 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
14 オリラジの吉本興業退所でマスコミが触れない松本人志をめぐる圧力
15 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
16 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
17 ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
18 古舘降板は安倍とテレ朝上層部のせい
19 朴槿恵と同じ!安倍も操られていた
20 川島なお美が近藤誠の診断を告発
1「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
5古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄