真似るな危険!おじさんたちが憧れる伊集院静ダンディズムの正体

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ijuinshiuka_141105.jpg
「作家・伊集院静の公式サイト」より


 ベストセラーとなった『男の流儀』をきっかけに、作家・伊集院静の人気が再燃している。「週刊文春」(文藝春秋)の看板連載である人生相談コーナー「悩むが花」を書籍化した『悩むが花―大人の人生相談』につづき、先日発売された第2弾『となりの芝生』もヒット。伊集院が説く“真の大人の男とはかくあるべし”というダンディズムに、世のおじさんたちは酔いしれているらしい。

 しかし、一方で伊集院には、“大人げない”というイメージも強い。以前、『ゴロウ・デラックス』(TBS系)にゲスト出演した際にも、「女は鮨屋に入るな」「グリーン車で騒ぐ子どもを注意しないのはおかしい。叩いてやったよ」と豪語。当時のMCだった小島慶子が「こらこら」とたしなめたが、これに伊集院はブチ切れ、「うるさい」と一喝し、「やめだ、やめだ」と収録を途中で放り投げて帰ってしまった。

 一体、“最後の無頼派”は人生相談でどんな回答をしているのか。気になったので『となりの芝生』を開いてみたら……そこには濃縮されたオヤジ世界が広がっていた。

 たとえば、“10年つき合っている彼氏から結婚をかわされてしまう”という30歳女性には、

「結婚はイチゴみたいなもんだよ」

 と謎かけを行う。そのココロは、「だから、たぶん、君とは違う、新鮮な実を見つけた時に、パッと口に入れるみたいに一緒になるんだよ」。

 ……ずいぶんな言い方だが、このあと、相談者に追い打ちをかけるように、「じゃ君は何なんだってか? まあ、何と言うか、ジャムみたいなもんじゃないの」とオチ。「さすがは夏目雅子と桃井かおりという女優を両天秤に不倫していた御大なだけある」と、世のおじさんは納得するのだろうか……。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

真似るな危険!おじさんたちが憧れる伊集院静ダンディズムの正体のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サニーうどん中年の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 高市早苗と赤旗が「政治資金規正法違反」報道でバトル!
2 「カジノ用地疑惑」追及が松井市長から恫喝・嫌がらせ受けるも新事実を敢然と報道
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 鶴田真由と昭恵夫人は日ユ同祖論の同志
5 夫の会社が家宅捜索で三浦瑠麗に説明責任「太陽光発電」を後押しする発言
6 細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
7 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
8 「モーニングショー」まで…台湾有事を煽るマスコミの酷さ
9 維新も統一教会とズブズブ!松井、馬場、音喜多、足立
10 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
11 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
12 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
13 統一教会最古参元幹部が安倍晋三と教団の深い関係をテレビで激白!
14 岸田政権の“防衛増額”に元自衛隊幹部が「砂糖の山にたかるアリ」と批判
15 たけしと瀬古が「玉川徹待望論」もテレ朝は玉川を政治にさわらせない方針
16 最強肉食女子・深田恭子を見習え
17 三浦瑠麗が戦前賛美、その御用学者体質
18 吉高が“私の裸を見て”と迫った男
19 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
20 フジロックに政治を持ち込むなというバカ
1「カジノ用地疑惑」追及が松井市長から恫喝・嫌がらせ受けるも新事実を敢然と報道
2細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
3高市早苗と赤旗が「政治資金規正法違反」報道でバトル!
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄