10歳の教え子をホテルに…教師によるわいせつ事件が頻発する理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 2つ目の要因は、周囲の理解の欠如だ。本書で取り上げられている女子中学生の剣道部員と顧問の男性教師のケースは、教師本人はもちろん校長や教育委員会の対応も鈍かったために裁判沙汰になったのだが、思わぬ伏兵が現れたのである。それは、同じ剣道部員の保護者だ。この中学では、顧問の体罰を伴う厳しい指導のおかげで全国大会に出場したこともあり、勝利至上主義の親が「恩をあだで返すのか」「輝かしい実績に泥を塗るのか」と、被害者家族に訴えを取り下げるように言い寄ったという。

 また、高校生の娘が夜な夜な担任から「お風呂あがりか〜」といったメールを受け取っていることに気づいた母親が校長に直訴したケースでは、担任も校長も「悪意はなかった」と反省の色を見せず。それどころか、今度は校長が母親を無理やり食事に連れて行ったり、連絡先を渡したり、セクハラ行為を行ったという。さらには、保護者会では他の保護者から被害者母がやり玉に挙げられ、娘は転校を余儀なくされた。助けを求めた被害者側が、加害者や周囲の保護者にさらに追い詰められる「二次被害」が起こるのだ。これでは、ただでさえ露見しにくいスクールセクハラ被害が、ますます地下に潜ってしまう危険性も高いだろう。

 そして3つ目の要因は、問題を解決する機関がないという構造的な問題だ。教師・学校はもちろん、教育委員会までもが問題を隠ぺいしようとするケースは本書にも多く散見される。その根っこにあるのは、「教師のわいせつ事件は起こらないもの」という前提。「起こらないこと」が起こってしまった場合、「なかったこと」にするのが一番楽な解決法だからだ。しかし、前述のように、いまや教師のわいせつ事件は頻発しているといっても過言ではない。個人の嗜好や人間性の問題に原因を求めるだけでなく、構造的・職業的な要因を分析したり、起きてしまったときにどう調査し対処すべきかというガイドラインを制作したり、学校・教育委員会に求められる問題は山積みだといえるだろう。

 そしてなにより、社会がスクールセクハラに対してシビアな目を向けることが求められている。企業におけるセクハラ、パワハラはなくなっていないものの、社会的問題として認知されたことが功を奏し、ハラスメントに対して意識が高くなった人も多いだろう。スクールハラスメントの場合、被害者は被害を説明できないような幼い子どもだったり、周囲の目が気になる多感な時期だったりと露見しにくい条件がそろっている。だからこそ、社会として問題視していくこと、それが子どもたちを守ることにつながっていくはずだ。
(江崎理生)

最終更新:2014.10.28 12:00

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

スクールセクハラ なぜ教師のわいせつ犯罪は繰り返されるのか

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

10歳の教え子をホテルに…教師によるわいせつ事件が頻発する理由のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ハラスメント学校江崎理生の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相が東北新社創業者のもうひとつの献金を隠していた理由
2 菅首相、麻生財相、小泉環境相らが参加する“会費月10万円以上の秘密勉強会”
3 菅首相が追い詰められ本音ダダ漏れ、ジェンダーバイアス発言も
4 『バイキング』がリコール不正で高須院長を露骨擁護!スポンサーに忖度か
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 田崎史郎が山田真貴子辞職でも「入院は山田氏の判断」「食べたの3万円分」
7 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
8 文春の元編集長の子どももフジに入社!
9 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
10 大阪維新「ファクトチェッカー」が一般市民の事実に基づく批判を吊るし上げ
11 原発事故前に安倍が地震対策拒否
12 孤立?ももクロ有安を精神分析
13 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
14 菅首相が山田内閣広報官を処分しない理由に女性問題を悪用!
15 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16 愛知リコール不正は維新にも責任 事務局長は維新の衆院選公認候補
17 安倍の原発事故責任逃れの手口とは?
18 嵐の暴露本出版!メンバーの不仲話も
19 五輪選手の親はみんな“毒親”なのか?
20 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
1年金データのマイナンバーはやはり中国に流出か…厚労省部会の報告書が指摘
2福島沖地震で東電が福島原発の異変を隠蔽!菅首相も「すべて正常」
3 愛知リコール不正は維新にも責任 事務局長は維新の衆院選公認候補
4丸川珠代は五輪担当相に不適格!「娘として」発言、ヘイトデマ丸乗り
5菅首相が“コロナ会見中止は山田内閣広報官隠し”と追及され逆ギレ!
6山田真貴子内閣広報官が育鵬社の教科書に“男女平等の象徴”として登場!
7菅首相が山田内閣広報官を処分しない理由に女性問題を悪用!
8大阪維新「ファクトチェッカー」が一般市民の事実に基づく批判を吊るし上げ
9菅首相、麻生財相、小泉環境相らが参加する“会費月10万円以上の秘密勉強会”
10菅首相が東北新社創業者のもうひとつの献金を隠していた理由
11菅首相が追い詰められ本音ダダ漏れ、ジェンダーバイアス発言も
12田崎史郎が山田真貴子辞職でも「入院は山田氏の判断」「食べたの3万円分」
13『バイキング』がリコール不正で高須院長を露骨擁護!スポンサーに忖度か
14 菅首相の長男による総務省幹部接待は贈収賄だ! 接待音声データで菅長男が…
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄