篠田麻里子のブランド倒産! 酒井法子がタレントショップの裏を暴露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
talentshop_01_140808.jpg
『酒井法子写真集 LOVELY TIMES』(近代映画社/1988)

 元AKB48の篠田麻里子がプロデューサーとデザイナーを務めていたファッションブランド「ricori(リコリ)」が、7月15日付けで全店閉店したことを発表した。「ricori」の運営会社であるリゴレは16日までに営業を停止、自己破産が濃厚だという。

 2012年12月、篠田麻里子の全面プロデュースで立ち上げられた「ricori」。篠田本人も、ブログやツイッターで積極的に商品を紹介するなど、かなり本気で取り組んでいたようだ。しかし、「ricori」の全店閉店が発表された後の7月16日、篠田はツイッターで、
「ricoriが閉店する事になり大変驚いています。
私篠田麻里子も去年までアドバイザーとしてお手伝いしていただけに残念です。
今までricoriを応援してくれたみなさんありがとうございました」

 と、なんとも他人行儀なコメントを出している。あれだけ篠田麻里子のブランドとしてアピールしていたにもかかわらず、ここにきて“もう関係ない”とも取れる発言に、なんともいえない違和感を覚えるが、これはどういうことなのか? AKB48事情に詳しい芸能関係者はこう話す。

「タレントのファッションブランドは、運営会社のオファーを受けて、デザイン&プロデュースを手がけるというパターンが多く、その場合、経営自体にはまったく触れていません。つまり“雇われプロデューサー”というわけですね。篠田も結局そうだったんでしょうね」

 いろいろと裏がありそうな気もしないでもないタレントによるファッションブランドだが、その全盛期といえば80年代だ。80年代のファンシーカルチャーを集めた『ファンシーメイト』(ギャンビット)という本では、80年代後期の原宿にあったタレントショップが多数紹介されている。

 田代まさしの「MARCY'S」、松田聖子の「セイコリトルハート」、津川雅彦の「グランパ」、山田邦子「KUNY」、コロッケの「Mr.COROKET」、酒井法子の「NORI・P・HOUSE」など、アパレルから文房具などのファンシーグッズまで、いろいろなショップで、多彩なグッズが販売されていた。さらに、番組発のグッズショップとしては、『ねるとん紅鯨団』の「VALENTINE'S HOUSE」、『天才たけしの元気が出るテレビ!!』の「元気がでるハウス」なども含め、アラフォー世代以上なら、思わず懐かしい!と叫んでしまうタレントショップが多数掲載されている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

『ファンシーメイト』 (表紙:有村架純)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

篠田麻里子のブランド倒産! 酒井法子がタレントショップの裏を暴露のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。プロデュース篠田麻里子酒井法子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
2 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
3 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
4 五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 三浦瑠麗が近財職員の自殺にトンデモ発言
7 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
8 『ゲゲゲの鬼太郎』が安倍政権を風刺してネトウヨが攻撃! 
9 感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
10 蛭子さん「集団的自衛権が怖い」発言
11 吉村知事がリテラへの反論で馬脚「大阪・兵庫間の往来自粛」の真相
12 赤木さんの妻が安倍首相の反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」
13 報ステが杉田水脈も赤坂自民亭もスルーした理由
14 安倍首相がTOKIOに続き大泉洋、高畑充希と会食PR
15 安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
16 田崎史郎を時事通が特別扱いした理由
17 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
18 金塊容疑者の写真はNEWS手越だった
19 『ゲゲゲの鬼太郎』の戦争描写をネトウヨが攻撃
20 「大阪・兵庫間往来自粛」は吉村府知事と松井市長の“完全なる誤読”
1自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
2田崎史郎が明かした安倍首相のトンデモな五輪延期計画!
3安倍晋三の新型コロナ対応と菅直人の原発事故対応とどっちが酷い?
4 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
5安倍「東京五輪は予定通り開催」に世界中からツッコミの嵐
6「大阪・兵庫間往来自粛」は吉村府知事と松井市長の“完全なる誤読”
7五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
8 安倍首相が「退院者数」の少なさ隠蔽のためクルーズ船乗客を含めるペテン
9近畿財務局職員を自殺に追い込んだ「森友公文書改ざん」安倍首相の指示だった
10安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
11昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
12 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
13厚労省が今度は「ドライブスルー検査」を“医師の診察が伴わない”とデマ
14 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
15俳優・伊勢谷友介が自殺した近畿財務局職員の手記を読み危機感表明
16近畿財務局職員「遺書と手記」麻生太郎財務相の答えが酷い
17 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
18感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
19赤木さんの妻が安倍首相の反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」
20 近畿財務局職員の遺書と手記に、映画『新聞記者』の出演女優が涙

カテゴリ別ランキング


マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄