横田一「ニッポン抑圧と腐敗の現場」66

都立墨東病院の院内感染による医療危機は小池百合子都知事の責任だ! 医療マスク欠乏を隠蔽し「マスク確保」と大嘘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
都立墨東病院の院内感染による医療危機は小池百合子都知事の責任だ! 医療マスク欠乏を隠蔽し「マスク確保」と大嘘の画像1


「新型コロナウイルスの感染拡大で、医療崩壊がすでに始まっている。特に救命救急医療が圧迫されています。心臓外科でいえば、急性大動脈乖離や急性心筋梗塞になったら、通常なら救命手術で救える命も、コロナウイルス感染への対応で手が取られ、救えない事態に陥っているのです」

 こう話すのは、岡江久美子さんのかかりつけ医だった心臓外科医の南淵明宏氏(昭和大学横浜市北部病院循環器センター長 注1)。「訃報は本当にショックだった」と話す南淵氏は、「新型コロナウイルスに感染すると、直前まで元気だった人が突然死の淵に追いやられる! それほど怖い病気だ」と強調した上で、医療現場の危機的状況についてこう続けた。

「新規の救急患者の受け入れは、2つの意味で負担増になります。1つは、多くの医療スタッフが夜通しで手術するようなことになるし、もう1つはコロナに感染しているのかどうか分からないので院内感染のリスクもあることです。普段から救急患者は病院側のキャパシティいっぱいのところで対応してきました。どこの病院も同じだと思います。そこにコロナウイルス感染やその疑い、あるいはまったく症状がない、つまり疑いがなくても実際は感染していた、という患者が来院されているのです。
ある産婦人科で出産をした母親が感染していることが分かって、病院全体に衝撃が走りました。担当した医者や看護師全員が濃厚接触者になるので、すぐにPCR検査をして自宅待機を強いられた。1人の潜在的な感染者を受入れることで、その病院の全科で診療ストップという事態になりかねないのです。
 岩手県の県立病院が帰省中の妊婦の受け入れを拒否したと報じられましたが、日本中の病院が『新規の患者は基本的に拒否する』という事態に陥ってしまっても仕方がないと思います。大病院だけでなく、歯科医も『新しい患者は診ない』という同じ対応をしているようです」

 医療現場が危機的状況に陥る中、都庁のライトアップで医療従事者にエールを送るなどのパフォーマンス(口先対策)は得意だが、医療崩壊を食い止める職務遂行が不十分なのが小池百合子東京都知事だ。

 多くの新型コロナウィルス感染者を受入れてきた感染症指定医療機関で、三次救急医療(重症~危篤)も担ってきた「都立墨東病院」(墨田区)が4月21日、救命救急を一部停止した。同病院のHPによると、「救命救急センターを含め、新規入院患者の受け入れを中止」「ER、周産期治療、小児救急患者は、一部受け入れを制限」「手術を原則として制限」「新規外来患者の受入を原則として中止」となっている(5月9日現在も表示継続)。

都民の命綱となってきた病院の機能が院内集団感染で危機状態に追い込まれているのだ。

同病院の厳しい状況についてツイッタ―でいち早く発信していた医療ジャーナリストの伊藤隼也氏は、「1ヶ月以上前からマスク枯渇訴えていた」「都は見殺しにした」(4月18日のツイッタ―)と指摘した。

 同病院では医療用マスクが枯渇寸前で、「1日1枚」にマスクの使用を制限する内部通知が出されていた。3月2日の参院予算委員会で福山氏は、この内部通知を配布した上で加藤勝信厚労大臣らを追及したが、マスク不足は改善されることはなかったというのだ。伊藤氏は翌19日に以下のようにツイートしたのはこのためだ。

「こんな体制で1ヶ月も続ければ(筆者注:墨東病院で)院内感染が出ないわけがない。国会で福山議員がオリンピック病院(筆者注:墨東病院はオリンピック病院に選定されている)の窮状と加藤厚労大臣に、この写真(筆者注:先の内部通知の画像)を見せてマスク不足解消を迫ったが、全マスコミは墨東病院の窮状と東京都のマスク不足無しという大嘘を看過した」

小池都知事に「医療マスク欠乏」の隠蔽改ざんの責任を直撃

都立墨東病院の院内感染による医療危機は小池百合子都知事の責任だ! 医療マスク欠乏を隠蔽し「マスク確保」と大嘘の画像2
4月23日の小池知事会見(撮影・横田一)


 東京都が「マスク不足無し」の“大嘘発信”(虚偽情報の垂れ流し)をしたのは、国会審議から4日後の3月6日。都立病院を担当する「都病院経営本部」はホームページで、「診察に必要な医療用マスクを確保しています」とマスク不足を否定したのだ。医療現場の悲鳴(SOS)を受け止めて改善策を実施するのではなく、危機的状況の隠蔽改ざんに走ったともいえる。小池知事氏が隠蔽改ざんを指示したのか、都職員が小池知事を忖度したのかは不明だが、どちらにしてもトップの責任は免れない。

 都立墨東病院が緊急救命受け入れ一部中止をした直後の4月23日と翌24日、会見終了直後に大声で叫ぶ“声かけ質問”をした。小池知事に質問者として指されない“記者排除”が年末から続いていたためだ。

〈4月23日の都知事会見後の声かけ〉
――知事の隠蔽改ざんが墨東病院の危機的状況の原因ではないか。ずっとマスク不足だったのに「マスク確保」と大嘘の発信をしたのではないか。(都のHPで「マスク確保」と発信をした)都病院経営本部の責任はないのか。嘘八百ではないのか。
(小池知事は無言のまま立ち去る)

〈4月24日の都知事会見後の声かけ〉
――知事が見殺しにした墨東病院、ずっとマスク不足だったのに「マスク確保」と大嘘発信をしたのではないか。都の隠蔽体質が医療崩壊を招いたのではないか。

(小池知事は無言で立ち去るが、その間、都職員がマイク音声で私の声かけ質問をかき消そうともした)

 なお4月24日の会見で小池知事は「東京都でも、先日も(都庁などの)ライトアップによりブルーを示すことによって、医療従事者へのエールを送っているところです」と語ったが、正直唖然とした。都立墨東病院の医療崩壊を招いた“A級戦犯”が自らの怠慢を恥じることなく、医療従事者を励ます“指揮官役”に大化けしたように見えたからだ。「コロナのたぬき」という新たな異名で呼びたくなったのは、小池知事の厚顔無恥ぶりを目の当たりにしたためだ。

医療崩壊“A級戦犯”から医療従事者を励ます“指揮官”へと化けた小池都知事

 筆者が2017年9月29日の知事会見で「排除」発言を引き出した当時、元環境大臣で緑をシンボルカラーにしていた小池知事(当時は「希望の党」代表と知事を兼任)は「緑のたぬき」とも呼ばれた。「安倍政権打倒」の旗印を掲げながら憲法改正と安保法制を“踏み絵”にする排除の論理を打ち出した。これが有権者にとって“詐欺的”“騙し討ち”と捉えられたことから産まれたネーミングだったが、今回のコロナ対応でも、医療崩壊の“A級戦犯”から医療従事者を励ます“指揮官”へと大化けしたというわけだ。

 こうした実態(正体)を小池知事は知事会見で“お気に入り記者”を優先的に指名、不都合な真実について質問しそうな記者を排除することでメデイアコントロール(世論操作)をしているともいえる(注2)。

 なお、小池知事に指されない”記者排除“は5月1日と5日の会見でも続き、25回の新記録を更新。両日とも協力金50万円の少なさと都立墨東病院に関する大嘘発信について声かけ質問をした。

〈1日の都知事会見後の声かけ〉
――知事、少なすぎる(感染拡大防止)協力金(50万円)が(緊急事態宣言)延期の原因じゃないですか。知事の怠慢じゃないですか。イギリスは300万円ですよ。知事の怠慢じゃないですか。協力金、50万円少なすぎますよ。知事の怠慢でしょう。(東京都)医師会も手厚い休業補償をと言っていますよ。(マスク不足の)墨東(病院)でも(マスク確保と)大嘘ついたでしょう。
(小池知事 一言も発しないまま、スチール撮影をした上で立ち去る)

〈5日の都知事会見後の声かけ〉
――知事、(感染拡大防止)協力金50万円、少なすぎるのではないですか。銀座でも店、開いていますよ。安心して休業できないじゃないですか。イギリスは300万円ですよ。知事の怠慢じゃないですか。墨東(病院)の(マスク不足を「確保」と隠蔽改竄した)大嘘もどうするのですか。責任を取らないのですか。
(小池知事は無言のまま会見場から立ち去る)

“お気に入り記者”を優先的に指名する“談合ヤラセ会見”で、正体を覆い隠そうとする小池都政の「口先対策」「言行不一致」に騙されてはいけない。メデイア露出で作り上げる虚像に目を奪われるのではなく、具体的成果を見極める必要があるのだ。

※注1 南淵明宏医師の経歴
1958年大阪生まれ。1983年に奈良県立医科大学卒業。国立循環器センター、シドニー・ビンセント病院、国立シンガポール大学病院などを経て、現在は昭和大学横浜市北部病院循環器センター・教授。

※注2 記者排除については、以下の記事で紹介。「小池百合子都知事の“好意的記者”ランキング! トランプそっくり、会見でお気に入りの記者ばかりを指名」(2017年3月2日)【https://lite-ra.com/2017/03/post-2958.html
「危険だらけのオスプレイ横田基地配備を止めようとしない小池百合子都知事、やはり“都民ファ―スト”は大嘘だった」(2018年4月28日)【https://lite-ra.com/2018/04/post-3981.html

最終更新:2020.05.09 10:27

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

都立墨東病院の院内感染による医療危機は小池百合子都知事の責任だ! 医療マスク欠乏を隠蔽し「マスク確保」と大嘘のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。南淵明宏小池百合子岡江久美子新型コロナウイルス横田 一都立墨東病院の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 生稲晃子がアンケートで「9条改憲」だけ回答していた理由!
2 山本太郎・れいわ新選組の当選した2人をネトウヨが卑劣な差別攻撃
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 竹田恒泰の側近が詐欺逮捕、その裏側には
5 死者最多の大阪・吉村知事が会見で追及され小学生レベルの逆ギレ
6 自民・茂木幹事長「消費減税なら年金3割カット」と物価高に苦しむ庶民を恫喝
7 維新の不祥事が止まらない! 猪瀬直樹セクハラ、新たに部落差別
8 星野源がエッセイで明かしていた音楽が政治に利用される危険性
9 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
10 ローラへのバッシング報道の裏側
11 自民・吉川議員“パパ活”問題と細田議長のセクハラめぐるワイドショーの忖度
12 X JAPAN、TAIJIの死の謎
13 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
14 岸田自民党政権が政府広報を使って事実上の選挙活動!
15 黒歴史!封印されたドラえもん
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 乙武洋匡が不倫旅行、5人の女性と関係
18 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
19 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
1 自民・茂木幹事長「消費減税なら年金3割カット」と物価高に苦しむ庶民を恫喝
2 岸田自民党政権が政府広報を使って事実上の選挙活動!
3 生稲晃子がアンケートで「9条改憲」だけ回答していた理由!
4 自民党候補が街頭演説でLGBT差別、安倍がその動画を拡散
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄