西川史子が安倍昭恵におごってもらっていた? 『サンジャポ』で「割り勘じゃないです」とポロリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
西川史子が安倍昭恵におごってもらっていた? 『サンジャポ』で「割り勘じゃないです」とポロリの画像1
西川史子がInstagramにアップした昭恵夫人・古市憲寿とのスリーショット


 TOKIOや松本人志ら御用芸能人との会食、田崎史郎ら御用ジャーナリストとの会食、新聞・テレビ局幹部との定期的な会食……安倍首相や昭恵夫人との会食が、度々話題になってきた。時の政権幹部とメディア関係者が会食すること自体報道倫理にもとるが、さらに謎に包まれてきたのが、こうした安倍首相の会食のお金はいったい誰が出しているのか? という問題だ。

 ところが最近、意外な形でこの会食費用支払いの実態が明らかになった。

 それは、7月29日放送の『サンデージャポン』(TBS)でのことだ。番組ではまず、レギュラー出演している西川史子が7月26日にInstagramにアップした写真が紹介されたのだが、映し出されたのは、レストランで料理を前に、西川と古市憲寿、そして安倍昭恵夫人が並んだスリーショット写真。そこには、〈安倍昭恵さん、古市さんとお食事しました。〉とのコメントも添えられていた。

 西川は、昨年10月30日にも昭恵氏と会食したことをインスタにアップ、『サンジャポ』でも報告していたが、1年ぶりにまた会食。再び『サンジャポ』で報告したということらしい。

 実際、この日の番組でも、太田光や田中裕二から「すっかり仲良くなっちゃったね」と突っ込まれると、西川は「いや、仲良くはないですよ」と言い訳しながら、参院選について「大変だったんじゃないですか」とねぎらったところ昭恵夫人が「おかげさまで、応援演説には呼ばれなかった(笑)」と答えたというエピソードなどを嬉々として語っていた。

 森友問題における自身の責任についてまったく自覚のない昭恵氏を一切批判することなく、“おもしろ話”として語る姿勢もどうかと思うが、驚きだったのは、その後の展開だった。

 デーブ・スペクターが西川に「これ、割り勘ですか?」と突っ込んだのだが、西川はまったく悪びれることなく、こう答えたのだ。

「割り勘じゃないです」

 この答えにデーブが「え?」と驚きの声をあげると、西川は「割り勘じゃないです」とあらためて回答。次の瞬間ヤバイ空気を察したのか「え?ダメ?」と不安げに様子をうかがった。

「え?ダメ?」も何もないだろう。「割り勘じゃない」ということは、西川は昭恵夫人に「おごってもらっていた」ということではないか(もともと初回が昭恵氏からのアプローチだったことや、西川のリアクションからして、西川のおごりという可能性は低い)。さらに、古市だけが自分の分を払ったということも考えにくいので、古市も「昭恵夫人におごってもらった」可能性が高い。

 そもそも、情報番組のコメンテーターという報道に携わる人間が、首相夫人という政権関係者と取材でもないのに会食するというだけでも、倫理的にありえないのに、その食事代を負担してもらっていたとは……。

『サンジャポ』では、爆笑問題が「これ入江が主催した?」(太田)「お金もらってないですよね?」(田中)と闇営業にかこつけたギャグでからかっただけで、そのままCMに入ってしまい、この“会食割り勘じゃない問題”はそれ以上追及されなかったが、これは大問題だろう。

松本人志もテレ朝・早河会長も安倍首相との会食で取り込まれてきた

 本サイトでは繰り返し指摘してきたが、安倍政権は、新聞社やテレビ局幹部、情報番組出演者など、メディア関係者と頻繁に会食を繰り返すことで、取り込んできた経緯がある。

 たとえば、政治に動きがあるとテレビに頻繁に登場し安倍政権擁護を垂れ流す御用ジャーナリスト・田崎史郎、安倍政権に忖度し『報道ステーション』はじめ政権批判報道をどんどん削っているテレビ朝日の早河洋会長、選挙期間中に安倍首相をゲスト出演させるなど安倍政権PRに協力してきた松本人志『ワイドナショー』……例を挙げればキリがない。

 今回、西川とともに会食した古市憲寿も中立なフリをしながら、安倍政権を擁護してきたひとりだし、当の西川も完全にそうだ。

 西川は、森友公文書改ざん問題が取りざたされていた昨年3月には、「いちばん嫌いなのは昭恵さんですね。あんなにひどい夫人いますか?」「(危機管理)能力のない人が夫人になって、Facebookやって、バカじゃないのって私は思いますよ」などと昭恵氏のことを手厳しく批判していた

 ところが、西川は前述したように、昨年10月30日に昭恵夫人と会食。その後、ツーショット写真をインスタにアップし、こう書き添えていた。

〈安倍昭恵さんとお食事致しました。
余りにも素敵な方でした。
昭恵さんずっと批判していたのに
一回お会いしたら、
総理のお気持ち分かりますって思いました。
お忙しい中 お会いできて、
幸せでした
本当にびっくりするような方です。
2日前なのですが、生気吸い取られました。寝込んでました笑笑〉

 そして、『サンジャポ』でも、昭恵氏との会食を報告して、「(昭恵夫人は)バカじゃなかったです。私がバカでした」などとかつての批判を撤回してしまった。

首相との懇談会費用は官房機密費から支出されることも

 ようするに、西川も昭恵夫人との会食によって完全に取り込まれていたわけだ。そして、西川はそれから1年も経たないうちに、再び会食。そして、今回の会食についても、前述のように、昭恵夫人を一切批判することなく、“自虐トークもできる面白い人”としてエピソード紹介していた。

 しかし、食事までおごってもらっていたとすれば、この変貌とヨイショぶりもよくわかる。「金持ちの芸能人が食事をおごってもらったくらいで」と思うかもしれないが、それは金の問題ではない。時の権力者に食事をご馳走してもらうという事実が及ぼす心理効果は絶大なものがある。

 実際、「週刊ポスト」2014年11月14日号は、安倍首相と新聞・テレビ各社幹部との会食費用について〈1人1万円はくだらないが、首相との懇談会費用は官房機密費か、時に首相の事務所から支出されることもある〉としたうえ、大手紙ベテラン政治記者のこんなコメントを掲載している。

「民主党政権はケチだったけど、安倍自民に政権交代して雰囲気が変わった。与党議員側から食事の誘いがかかるときはだいたい高級料理店の個室。もちろん支払いは向こう持ち。民主党政権時は割り勘も多かったから“情”の移り方も違う」

 今回、デーブの核心を突く質問と西川の無防備な回答によって、「昭恵夫人からおごってもらった」という可能性が濃厚になったが、おそらくこれは西川だけの問題ではない。

 テレビ、新聞各社の幹部や田崎史郎ら御用ジャーナリストも、こうしたかたちで“官邸からおごってもらっている”のではないか。

 安倍政権下の6年間で、政権幹部とのマスコミ関係者との会食がすっかり当たり前のようになってしまっているが、慣らされてはならない。権力とその監視者の癒着を放置すれば、報道の自由がさらに侵され、安倍独裁が進んでいくことをわたしたちはもっと自覚すべきである。

最終更新:2019.08.03 11:09

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

西川史子が安倍昭恵におごってもらっていた? 『サンジャポ』で「割り勘じゃないです」とポロリのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サンデー・ジャポン古市憲寿安倍昭恵官房機密費本田コッペ西川史子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 眞子内親王の結婚に際しても佳子内親王が個人で勇気あるコメント!
2 松井府知事と橋下徹の台風対応が酷い!
3 菅田将暉らの「投票呼びかけ動画」参加のローラに差別丸出しのバッシング
4 投票呼びかけに松本人志が「軽い感じで行かれても」と投票抑圧発言
5 小室圭さんをとにかく糾弾したいワイドショーの事実歪曲とグロテスクな差別性
6 安倍、甘利、麻生、山口が立憲と共産党へのデマ攻撃!
7 玉川徹が『バイキング』の小室圭さんバッシングの嘘を批判!
8 眞子内親王をPTSDにした小室圭さんバッシングの裏にある差別的本質!
9 佳子内親王の「姉の一個人の希望を」に批判殺到はおかしい
10 甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
11 広島原爆の日に安倍首相が卑劣な詐欺行為
12 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 佳子さまはなぜ学習院をやめたか
15 週刊誌の秋篠宮バッシングは官邸が発信源か?
16 大阪医療崩壊でも吉村知事が緊急事態宣言の要請を遅らせた理由
17 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
18 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
19 田崎史郎ら御用が垂れ流す「安倍さんは人事に不満」説の嘘,
20 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
1 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
3 安倍、甘利、麻生、山口が立憲と共産党へのデマ攻撃!
4 菅田将暉らの「投票呼びかけ動画」参加のローラに差別丸出しのバッシング
5 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
6 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
7 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
8 投票呼びかけに松本人志が「軽い感じで行かれても」と投票抑圧発言
9 岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
10 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
11 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
12 眞子内親王の結婚に際しても佳子内親王が個人で勇気あるコメント!
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄