“ヤワラちゃん”谷亮子は自民党から鞍替え出馬が有力…でも男性秘書との不倫の噂は大丈夫なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
taniryouko_01_150325.jpg
谷亮子公式ホームページより


 生活の党と山本太郎となかまたちからの不出馬を表明した参議院議員の“ヤワラちゃん”こと谷亮子氏。予想通り、先週発売の「週刊文春」(文藝春秋)6月23日号で、自民党からの鞍替え出馬が報じられた。

 小沢ガールズの筆頭として2010年の参院選で民主党から出馬した谷氏だが、蜜月関係から一転、その後は小沢一郎氏との確執が伝えられてきた。その不仲から今回の参院選も不出馬が取り沙汰されていたのだが、しかし谷氏は「週刊文春」の取材に自民党からの出馬を思わせぶりながら“事実上”認めた上で、小沢氏との確執についてもこんなコメントをしている。

「山本太郎さんと合流する際に、私は副代表だったのですが、小沢先生から一切相談がなくて。山本さんが好き嫌いということではなく、一言だけでも筋を通して欲しかったんです」
「年明けから『統一名簿を実現する』と言って下さいましたが、具体的な動きがないまま国会も閉会してしまって。私が決断しなかったら今も参院選への態度は曖昧だったと思います」

 さらに、小沢氏から学んだ点はと聞かれ、「政党の作り方ですね(笑)。これだけ何回も間近で見てきましたので」と皮肉まじりに揶揄したのだ。

 まるで訣別宣言だが、谷氏は今月9日に国会内で記者たちの質問に答え、生活の党と山本太郎となかまたちからは出馬しないことを表明、加えて与野党含めて他党から出馬の要請があれば「柔軟に対応する」と与党自民党からの出馬に含みをもたせた回答をしていた。

 小沢氏と確執があったからといって、今度は自民党から出馬とは、なんとも節操がない。とはいえ、これまでの谷氏の“権力大好き”志向を見れば、自民党鞍替えも当然なのかもしれない。

 そもそも10年の参院選にしても、当初は自民党からの出馬が取り沙汰されていたものの、当時の自民党は野党だったため、政権与党で勢いを増す民主党から出馬。その後、小沢ガールズとして小沢氏べったりだったにも関わらず、小沢氏が「陸山会」事件で失脚すると徐々に距離を置き、2年前から恒例の小沢一郎新年会にも出席していない。また、13年に発覚した女性柔道界の暴力・パワハラ問題でも、女子選手の側ではなく協会側に立ち、告発された園田隆二監督(当時)を「礼儀正しく裏表のない真面目な人。暴力を振るう場面は一度も見たことがない」と擁護すらしている。

 しかし、権力にすりよって自民党から参院選に出るのはいいとして、このご時世、心配になってしまうのは、谷氏の“例の噂”だろう。

 そう、いまから1年ちょっと前、ヤワラちゃんは男性秘書とW不倫関係にあることを取り沙汰されたのだ。

 当時、夫である谷佳知氏は大阪に単身赴任しており、谷議員は都内の2億円豪邸で2人の子どもと暮らしていた。ところが、その家にイケメン秘書A氏が頻繁に出入りしているのが目撃され、永田町でも「2人が“不倫関係”にある」といった噂が流れ始めた。

 そんななか、「週刊現代」(講談社)15年3月21日号が、ふたり仲良く次男の幼稚園へお迎えに行く姿をキャッチ。その写真を掲載したのだ。たしかに、その姿はまるで仲睦まじい夫婦のようだった。

 しかも、この噂は、同年3月26日号の「週刊新潮」(新潮社)や「女性セブン」(小学館)でも報じられ、永田町では大きな話題になった。

「当時、谷議員には3人の男性秘書がいたんですが、谷議員はダルビッシュ似のイケメンであるこのA秘書を、はたから見ても露骨に特別扱いしていて、どこにいくのも一緒に連れていっていました」(民主党関係者)

 谷議員はもちろん、この報道を完全否定したが、しかし、ヤワラちゃんの秘書との不倫疑惑はこれがはじめてではなかった。実はその2年前にも別の秘書との関係が報じられたこともあった。それが「アサヒ芸能」(徳間書店)12年8月23日号が報じた「灼熱スクープ 谷亮子 小沢系レンタル秘書との『ただならぬ関係』」だ。

 記事によれば、ヤワラちゃんは小沢氏から派遣されたこれまたイケメン私設秘書と地方出張も含め四六時中行動を共にして、特別扱いし始めたのだという。そして、事務所のなかでも公然といちゃつくようになり、ヤワラちゃんは結婚指輪も外すようにもなった。事務所内では、2人の関係は公然の秘密となって、ヤワラちゃんを新人時代からサポートしてきたベテラン女性秘書がこの空気に嫌気がさし、事務所を去ってしまったという話もあった。

 その後、このイケメン秘書は別の女性と結婚し、事務所を辞めたが、その代わりに秘書となったのが15年に報じられたイケメン秘書だったという。

 そのイメージからは信じられない噂だが、もともと、ヤワラちゃんは独身時代から“肉食”で知られていて、身近な男性と次から次へと噂になっている。

 1996年アトランタ五輪で銀メダルに終わった谷氏は、その翌日、同地のショッピングセンターで同じくアトランタ五輪で銅メダルをとった競輪選手・十文字貴信氏との手つなぎデートを「フライデー」(講談社)にスクープされた。

 また、同時期、写真週刊誌が彼女と柔道86キロ級の吉田秀彦氏との交際をキャッチし、それを五輪前ということで帝京大学側が抑えた、という噂も流れた。他にも、古賀稔彦氏や小川直也氏、篠原信一氏といった柔道界の大物選手との噂から、若手選手とのラブラブ居酒屋デートなど、挙げればきりがないほどだ。

「谷さんはとにかく、身近にいる人間をすぐ好きになる傾向がある。そして、一旦、気にいると自分から猛アタックして、べったりになるんだよ。おそらく男性秘書との関係もそういう感じで始まったんじゃないか」(スポーツ紙記者)

 今度の参院選で自民党から出馬→当選となれば、これまで以上に多くの秘書やスタッフが周りに集まってくる。こうなったら、ヤワラちゃんがもっと大暴れして、自民党が不倫スキャンダルの巣窟になってしまうことを期待しよう。 
(林グンマ)

最終更新:2016.06.20 10:31

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

“ヤワラちゃん”谷亮子は自民党から鞍替え出馬が有力…でも男性秘書との不倫の噂は大丈夫なのか? のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。不倫林グンマ自民党の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
2 組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
3 国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
4 G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
5 講演で稼ぐネトウヨ文化人のビジネス
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
8 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
9 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
10 「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
11 高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
12 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
13 五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
14 吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
15 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16 保釈 河井案里被告と菅首相の特別な関係を物語る”パンケーキ動画”
17 変異株クラスター発生のなか…政府は病床使用率の変更
18 セカオワFukaseのいじめ発言
19 五輪選手の親はみんな“毒親”なのか?
20 竹中平蔵パソナの利益が前年の10倍以上に!五輪とコロナ対策事業のおかげ
1 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
2 五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
3 炎上、竹中平蔵がYouTubeで「一部の既得権者が利益」とおまゆう発言
4 「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
5 変異株クラスター発生のなか…政府は病床使用率の変更
6 組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
7 G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
8 平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
9 国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
10 吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
11 高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
12 聖火リレーの醜いスポンサーファースト 子どもにスポンサー品の着用強要
13 五輪映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛発言、反対の声を八つ当たり扱い!
14 五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄