ベッキーへのメッセージ!? “昭和の色男”火野正平が「不倫や二股で謝罪なんてバカ」「ほっとけっていってやれ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hinoshouheibeckey_01_160430.jpg
左・『火野正平 若くなるには、時間がかかる』(講談社)/右・ベッキーオフィシャルサイトより


 世間を賑わせたベッキーの不倫騒動が再燃している。騒動の発端となった「週刊文春」(文藝春秋)が、編集部に宛てられたベッキーからの直筆の手紙を掲載したからだ。

 手紙のなかでベッキーは〈川谷さんへの気持ちはもうありません〉と強調したほか、川谷絵音の妻にも謝罪の言葉を綴ったが、これに対してネット上では「まだ優等生ぶってる」「言い訳ばっかり」などとバッシングが再び繰り返された。なかでも、オリエンタルラジオの中田敦彦は、『白熱ライブ ビビット』(TBS)でベッキーの手紙を「あざとく感じる」と批判した。

 今月初めには、やはり不倫問題で1年間活動休止した矢口真里が出演した日清カップヌードルリッチのCMに抗議が集まり、約1週間で放送中止に追い込まれたばかり。ベッキーへのバッシングといい、不倫した女性芸能人に対する風当たりは相変わらず強い。

 だが、一方で男性の不倫スキャンダルはどうか。最近でも米米CLUBの石井竜也や桂文枝、乙武洋匡などの不倫が報じられた。石井が妻同伴の場で謝罪したり、乙武が妻の謝罪文を公表するなど“ゲス対応”をしたが、ベッキーや矢口ほどの盛り上がりはなく収束。文枝にいたっては、不倫相手に非難の声があがるほどだった。

 不倫は男の甲斐性──。あきらかな男女の不均等だが、こうしたなかで注目したいのが、“昭和の色男”と呼ばれたあの俳優の存在だ。

 それは、俳優・火野正平。過去には「手を握るだけで妊娠させる男」という都市伝説まで生まれたほどのプレイボーイで、一般人の女性と結婚するも次々に新藤恵美や小鹿みきなどの女優たちとの不倫・同棲スキャンダルが報じられ、挙げ句、別の女優が妊娠するという騒動に。その後も数え切れないほどの女性たちとの熱愛が芸能マスコミを賑わせた。近年は『にっぽん縦断こころ旅』(NHKBSプレミアム)で再ブレイクを果たしたが、66歳のいまもおばちゃんに「お嬢さん」と声がけしている様子を観ていると、そのプレイボーイぶりは健在なようだ。

 そんな火野が、今年1月末に初の語りおろしの著書『火野正平 若くなるには、時間がかかる』(講談社)を発売。同書のなかで火野は、スキャンダルが発覚しても“謝罪するなんてバカ!”と芸能人たちに檄を飛ばしている。たとえば、こんな具合だ。

〈今の若い人達は自分のやったことで、例えば二股かけたからどうのこうのって言われるとすぐ謝っちゃうのが悲しいよな。まず記者会見で謝るでしょ。涙 流してさ、二股してすみませんみたいなことを言うでしょう。それ見ると「お前、バカじゃないのか」と思うんだよ。
 二股ぐらいですみませんって言うなよ。二股なんて六本木の交差点行ったら3つも4つもあるんだから。自分のやったことを謝ったりすんな。ほっとけって言えよ。別に芸能評論家に飯を食わしてもらってるわけじゃないんだからさ〉

 二股交際と六本木の交差点をなぞらえる。さすがは開き直り方も堂々としたものだが、当然、不倫を反省したりなどしない。

〈昔から先輩に「絶対に人の持ち物に手を出しちゃいけない」っていうのは、教わってるよ。ただ「名札」をつけてない人も多いんだよね……。「わたしは誰々の」って書いてあれば、そんなこともないんだけども(笑)〉
〈だって女の子と交わりたいから役者になったみたいなもんだもん〉

 しかも、そうしたスキャンダルの内情は、凄まじかったらしい。結婚後、〈ものすごい売れてる女優さん〉と不倫関係にあったときのこと。妻とのあいだに子どもが生まれることがわかったとき、その女優は「男の子だったら別れる、女の子だったらこのまま続ける」と火野に告げた。そして生まれたのは、男の子。火野は我が子の誕生の瞬間、こんなことを考えていたという。

〈子供が生まれたその時も頭に浮かんだのは「アカン、あの子と別れな」って。その後、その子はものの見事に俺の前からいなくなった〉

 確実に「ゲスの極み」認定されそうなエピソードだが、火野はじつにあっけらかんとしている。そればかりか、娘よりも若い女性と付き合っていた際には、その交際女性が待つ家に娘と帰宅したこともあった。その後、女性は〈卒業していっちゃったんだ、火野学園を(笑)〉と言うが、火野と別れたあとも娘はその女性と連絡を取りつづけているらしい。ここまでくると、ゲスだなんだとケチをつけるのもバカバカしくなってくるはずだ。

 実際、火野は何度スキャンダルが発覚し、芸能マスコミの餌食になっても、このスタイルを変えなかった。本人は〈打たれ強いんだ。サンドバッグのように。打ってみてみ、怪我するよってね(笑)〉というが、結果としてこうした態度でいたことで、世間の「火野正平なら仕方がない」という空気をつくり出していった。

 もちろん、前述したように「男の不倫は甲斐性」という固定概念が日本には蔓延っているため、男性のスキャンダルに対する世間の目は圧倒的に甘いという問題がある。火野もそうだが、石田純一しかり、不倫が報じられたことはまだないが最近ならばNEWSの手越祐也しかり、“スキャンダルを反省しない”という姿勢が、男性の場合は逆に支持を得ることがあるのだ。

 だが、恋愛や結婚、家族観は人それぞれのもの、どんなかたちであってもいいはずだ。火野はどれだけ打たれても断固としてそうした自分の価値観を曲げなかった。しかし、それと同じように、女性が「何が悪い!」と世間の価値に物をぶつけたらどうなるか。確実に芸能界から干されることは火を見るよりあきらかだ。

 それでも、女・火野正平が現れないかぎり、社会にある男女の不均等は破れない。だからこそ、女・火野正平の登場を夢見てしまうのだ。

 ちなみに、火野は同書のなかで「気になる女性」としてmisonoの名を挙げ、〈misonoさんはかわいいよね、今でも。最近あんまりテレビに出ないな。出てほしいのに〉とラブコールを送っている。目のつけどころがいかにも火野らしくて微笑ましくなるが、火野のような元気な女性タレントの出現を、本サイトは心待ちにしている。
(大方 草)

最終更新:2016.04.30 11:10

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

火野正平 若くなるには、時間がかかる

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

ベッキーへのメッセージ!? “昭和の色男”火野正平が「不倫や二股で謝罪なんてバカ」「ほっとけっていってやれ」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。不倫大方 草の記事ならリテラへ。

フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃

8 安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥 9 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター 10 『スキャンダル専門弁護士』が伊藤詩織さんやはあちゅうを揶揄 11 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言 12 KAT-TUNの恋愛を側近が暴露 13 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に 14 蓮池透氏が著書で安倍の冷血を批判! 15 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚 16 片山さつきが坂上忍に批判された 17 桜田五輪担当相「がっかり」発言は安倍政権の五輪至上主義のせい 18 ホリエモン、真央のタクシー叩きは弱い者いじめ 19 安倍首相にマッチョ批判 20 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
1 嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
2 玉川徹が中国人のマナーをあげつらう自番組を批判!
3 勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
4 渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
5 安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
6 安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
7 小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
9 青山繁晴議員が「僕と握手したらガンが治った」と吹聴
10 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
11 統計不正は安倍政権ぐるみの偽装だった証拠が!安倍に合わせ…
12 安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
13 北方領土の日、「日本固有の領土」の主張が消えた! 
14 首相官邸の望月記者排除に新聞労連が抗議声明
15 小川彩佳アナ退社の要因はテレビ朝日の安倍政権忖度か
16 安倍首相「サンゴは移した」の嘘に琉球新報編集局長が痛烈批判
17 辻元清美の外国人献金に大騒ぎする夕刊フジの愚劣
18 安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
19 不適切動画バイトを血祭りにあげるマスコミとネットの異常
20 自民党・田畑毅議員の離党は女性への暴行が原因か

カテゴリ別ランキング

社会

  1. 1フィフィの蓮舫デマに新聞が丸乗り! 背景に安倍忖度と女性蔑視
  2. 2渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
  3. 3安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
  4. 4安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
  5. 5 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚

ビジネス

  1. 1不適切動画バイトを血祭りにあげるマスコミとネットの異常
  2. 2アムウェイにキラキラ女子が急増中!
  3. 3杉村太蔵はこずるいヤツだった!
  4. 4極右ヘイトの企業経営者総まくり(後)
  5. 5極右ヘイトの企業経営者総まくり(前)

カルチャー

  1. 1直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質
  2. 2ホリエモン、真央のタクシー叩きは弱い者いじめ
  3. 3ブレる松岡修造語録を読み解く
  4. 4白井聡が「靖国に歴史的大義がない」
  5. 5追悼・橋本治が安倍政権と日本会議が語る「伝統」を喝破

芸能

  1. 1「憲法9条を守れ」と主張する芸能人
  2. 2『スキャンダル専門弁護士』が伊藤詩織さんやはあちゅうを揶揄
  3. 3SKY-HIが日本の鎖国状態に危機感
  4. 4ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
  5. 5嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない

@litera_webさんをフォロー

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

話題のキーワード

  1. 1アベを倒したい!
  2. 2メディア定点観測
  3. 3ネット右翼の15年
  4. 4ブラ弁は見た!
  5. 5左巻き書店
  6. 6横田 一
  7. 7安倍晋三
  8. 8「売れてる本」の取扱説明書
  9. 9SMAP
  10. 10半井小絵
  11. 11ネトウヨ
  12. 12政治からテレビを守れ!
  13. 13編集部
  14. 14反日
  15. 15玉川徹
  16. 16噂の真相
  17. 17梶田陽介
  18. 18宮島みつや
  19. 19櫻井よしこ
  20. 20日本会議
  21. 21中居正広