新年特別企画

嵐vsSMAP最終戦争、能年玲奈独立騒動の真相…リテラの2015人気記事ランキング 芸能スキャンダル編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
geinou_160104_top.jpg

 2016年新たなスタートを迎えるにあたってお送りしている、リテラの人気記事ランキング。今回は、芸能スキャンダル編をお届けしたい。大手芸能事務所には言いなりな一方、弱小事務所のタレントには容赦なくバッシングを展開する、大手芸能メディア。そんななかリテラの芸能スキャンダル記事では、単なる芸能ゴシップや芸能人のバッシング記事ではなく、その背後にある芸能プロダクションの力学や、芸能メディアの裏側をお伝えしてきた。ジャニーズ、バーニングに支配された大手マスコミでは読むことのできない、リテラの芸能記事を1位から順に紹介したい。

★1位 嵐の元スタッフが暴露本を出版! 嵐メンバーは意外と不仲で性格も悪かった


 2015年も芸能ランキングで1位になったのは、やはりジャニーズネタだった。嵐の“元側近”が書いた暴露本『嵐、ブレイク前夜』(主婦と生活社)では、仲良しが売りになっていた彼らの”裏側”に加え、気になる恋愛事情も赤裸々に明かされており、それらを紹介した記事は本サイトで大きな話題となった。しかし、「週刊女性」とネットニュース以外のマスコミは完全スルー。改めて、ジャニーズのメディアタブーが垣間見えた一件でもあった。
https://lite-ra.com/2015/04/post-1033.html
https://lite-ra.com/2015/04/post-1037.html


★2位 ランドセルに死ね…セカオワSaoriがいじめ体験を告白。Fukaseが救ってくれた

 2015年のNHK合唱コンクール中学校の部の課題曲として作られ、『NHK紅白歌合戦』でも披露されたSEKAI NO OWARIの「プレゼント」。ピアノを担当するSaoriが作詞したこの曲には、かつていじめられっ子だった彼女の感じていた生きづらさや思いが込められており、自身も「中学生の自分にあげたい曲」だと語っている。実はSaoriは「プレゼント」が発表されるより前の3月にも、自身の壮絶ないじめ体験について告白している。そして彼女を救ってくれたのは、メンバーであるFukaseの言葉だったと。Saoriの壮絶ないじめ体験と彼女を救ったFukaseの言葉とは? ぜひご一読いただきたい。
https://lite-ra.com/2015/03/post-975.html

★3位 「SMAPは出て行け!」ジャニーズ派閥問題でメリー喜多川が飯島マネを公開説教

 昨年は、ジャニーズ派閥問題でも大きな動きがあった。本サイトでも度々報じてきたが、ジャニーズにはジャニーさんの姪である藤島ジュリー景子氏率いる“ジュリー派”と、SMAPのマネージャー・飯島三智氏が面倒を見ている“飯島派”があり、ドラマやバラエティのキャスティングにも影響を及ぼしてきた。そんななか、ジュリー氏の母であり、“女帝”とも言われるジャニーさんの姉・メリー喜多川氏が、「週刊文春」(文藝春秋)1月29日号のインタビューで直接対決を繰り広げたのだ。飯島氏に「SMAPを連れていっても今日から出て行ってもらう」とまで言い切った彼女の思惑や対決の様子は、下記リンクから。
https://lite-ra.com/2015/01/post-808.html


★4位 「私の20歳が干されて終わる」能年玲奈の流出テープにあったのは悲痛な心の叫びだった!

 2015年12月28日に行われた第28回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞授賞式に、プレゼンターとして登場した能年玲奈。彼女が公の場に姿を現したのは、9カ月ぶりのことだった。記録的な大ヒット作となった朝ドラ『あまちゃん』(NHK)のヒロインを務め国民的人気を得たにも関わらず、所属事務所・レプロエンタテインメントからの独立騒動で演技の仕事もできず、実質干されていた昨年。本サイトでも紹介した通り、事務所の“能年潰し”は露骨なものだった。事務所とトラブルになり干された芸能人は多いが、そこから復活した人もいる。今年の6月にはレプロとの契約が切れる能年だが、ぜひ表舞台へ戻ってきていただきたい。
https://lite-ra.com/2015/05/post-1144.html
https://lite-ra.com/2015/05/post-1129.html


★5位 華原朋美が過去の男たちの酷すぎる仕打ちを告白! 小室哲哉の冷酷な別れ方、加護亜依元夫のDV、そして薬物…

 昨年、芸能界復帰から3年、デビュー20周年を迎えた華原朋美。5月にはかつての恋人でもある小室哲哉と16年ぶりにタッグを組み、精力的に活動していた。しかし、彼女が復活に至るまでには、小室哲哉との別れ、薬物依存からの脱却、事務所の解雇など、さまざまな紆余曲折があったと自身の著書『華原朋美を生きる。』(集英社)で語っている。その道筋とはどんなものだったのか、以下の記事をご覧いただきたい。
https://lite-ra.com/2015/09/post-1535.html


★6位 高倉健に元女優の“養女”が! 突然の告白に「たかじんと同じパターンか」の声

 寡黙でストイックな男と言うイメージの強かった高倉健。一昨年に亡くなるまで私生活も謎に包まれていた彼だったが、追悼企画で突然「養女」が登場し、芸能マスコミに衝撃を与えた。高倉が亡くなる1年半ほど前に養子縁組し、彼の悪性リンパ腫発症後はひとり介護を続けた“特別な存在”ということだったが……やしきたかじんの死後に起こった騒動と似ているのではないかとの疑念の声があがったが、その実態とはいったいどんなものなのか?
https://lite-ra.com/2015/01/post-757.html

★7位 ジャニーズゴリ押しで『24時間テレビ』抜擢のV6、メンバー同士が「つながれない」人気格差の歴史を振り返る

 昨年、デビュー20周年を迎えたV6。メモリアルイヤーということで『24時間テレビ』のメインパーソナリティーに加え、彼らの大人気番組だった『学校へ行こう』の復活など、ジャニーズから大プッシュされた1年だった。しかし、大河ドラマ『軍師官兵衛』の主演を務め、俳優としての活躍が目立つ岡田准一や『あさイチ』キャスターとして定着し、『NHK紅白歌合戦』でも初司会を任された井ノ原快彦に対し、ほかの4人はTVへの露出も少なく、メンバー内格差が著しいとも言われている。2015年はグループでの活動も多かったが、21年目を迎えた今年、格差を埋めることはできるのだろうか。
https://lite-ra.com/2015/08/post-1414.html


★8位 LINEで「ラブホ」発言? 話題の若手清純派女優・広瀬すずの素顔は意外とエロかった!

「どこいくか?」「ラブホ」――こんな衝撃的なLINEのやりとりが流出したのは、昨年、映画『海街diary』で4姉妹の末っ子を演じ、新人賞を5つも受賞した広瀬すずだ。1月のドラマ『学校のカイダン』で初主演を務めてからは女優としての魅力が花開き、2015年もっともブレイクしたと言っても過言ではない。しかし、そのかわいらしい見た目とは裏腹に、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)での、照明や音声スタッフに対する発言や壁ドンについてなど、なにかと発言が話題になってしまう彼女。若手女優が避ける恋愛についての話も、かなり赤裸々に暴露していた。率直なあまり炎上・バッシングにも見舞われた彼女だが、発言の裏にある“サービス精神”や“芯の強さ”“率直さ”は、むしろ女優として大事にすべき資質ではないか。今年も炎上に負けずがんばっていただきたい。
https://lite-ra.com/2015/06/post-1195.html


★9位 オナニー、同性愛、処女喪失…NEWS加藤シゲアキの新作小説がエロい!

『元日はTOKIO×嵐』(日本テレビ)で、大野智がもてなす「ジャニーズ匠の会」にもジャニーズ唯一の小説家として登場したNEWSの加藤シゲアキ。今年の抱負で「連載に挑戦したい」と語った彼は、着実に小説家としての立ち位置を確立してきているようだ。そんな彼の4冊目の単行本となる短編集『傘をもたない蟻たちは』(KADOKAWA/角川書店)は、ジャニーズらしかぬ過激な性描写が散りばめられた衝撃的な内容だった。デビュー作である『ピンクとグレー』の映画公開日と同じ1月9日から、フジテレビで連続ドラマが放送されることも決まっているが、いったいどんなシーンが映像化されるのかも気になるところだ。
https://lite-ra.com/2015/06/post-1213.html


★10位 ももクロから女優に転身してブレイク! 早見あかりが語った「ももクロ脱退」の理由

 元AKBセンターの前田敦子や大島優子を見てもわかるように、アイドル時代にどれだけ絶大な人気を誇っていたとしても、卒業後、女優として活躍していくのはとても難しいもの。そんななか、元ももいろクローバーの早見あかりは1月14日から放送される時代劇『ちかえもん』(NHK)への出演に加え、4月12日からは『夢の劇-ドリーム・プレイ-』で舞台初主演を務めるなど、女優として着実に力をつけている。早見の卒業後、一時はAKB48を凌ぐほどの勢いを見せたももクロもだが、昨年は『NHK紅白歌合戦』に落選した際、マネージャーでプロデューサーでもある川上アキラ氏の演出によって「紅白卒業宣言」を行い、批判殺到するなど、苦戦を強いられている。そんなももクロとの運命を分かつきっかけとなった脱退の理由が、以下の記事で語られている。
https://lite-ra.com/2015/05/post-1081.html


 事務所の裏側や芸能界のタブー、注目を集めた人々の意外な一面など、ほかのメディアではなかなか目にすることのない内容がラインナップされた。リテラでは、今後もこういった埋もれてしまいそうなネタを発掘して提供していきたいと思っているので、今年もお付き合いいただければ幸いである。
(編集部)

最終更新:2016.01.04 05:50

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

嵐vsSMAP最終戦争、能年玲奈独立騒動の真相…リテラの2015人気記事ランキング 芸能スキャンダル編のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 岡村隆史が『PRODUCE 101』で韓国人練習生にセクハラ・差別連発!
2 安倍首相がTwitterでも台風被害を無視しラグビーW杯に大はしゃぎ!
3 英軍ラグビーチームの靖国訪問にイギリスで批判殺到、大問題に!
4 安倍内閣大臣と暴力団の密接交際発覚も不問状況にほっしゃん。が
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 安倍官邸“望月衣塑子記者排除”をめぐり共同通信が忖度記事修正
7 千葉の復旧遅れ テレビで政府の責任追及がタブーに! 坂上忍も羽鳥慎一も
8 元AKB48大島麻衣の“嫌韓ネトウヨ”への反論がカッコいい
9 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
10 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
11 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
12 東山紀之が『旅サラダ』で菅官房長官の名前出し神田正輝も最敬礼
13 上田晋也の番組で東国原英夫と千原せいじが日韓問題への無知晒す
14 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
15 テレ朝『ワイド!スクランブル』が「旭日旗」の極右デマ拡散
16 グッディ!土田マジギレ真の原因
17 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
18 旭日旗問題で國村隼の発言は正論だ! 
19 『ミヤネ屋』でフェイク 文在寅攻撃の急先鋒・武藤元韓国大使の正体!
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄