NEWS手越とAKB柏木の熱愛を文春が再スクープ! なぜ他誌は沈黙? SMAP中居と香取がジャニーズタブーの存在を暴露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nakaikatori_151210_top.jpg
各出版社がジャニーズ事務所のスキャンダルを取り上げない理由とは?


 今年6月に「週刊文春」(文芸春秋)がスッパ抜いた、NEWS手越祐也とAKB48柏木由紀の抱擁写真。どちらも人気アイドルだけにファンにも大きな衝撃を与え、2人は別れたものだと思われていた。しかし、12月10日発売の「文春」が再び2人の接触をスクープ。柏木は手越の誕生日に「祐也クン、28歳のお誕生日おめでとう。28歳は週刊誌に載らないようにしてください」と自虐を含んだボイスメッセージを送ったという。

 事の仔細は「文春」を読んでほしいのだが、気になるのはこのスクープがまたもや「文春」発ということである。手越がジャニーズ事務所、柏木がAKBと、2人とも事務所が出版社に対して大きな力を持っており、「文春」以外ではなかなか手が出せないというのが実情だ。

 しかし、ジャニーズ事務所に所属するタレントのスキャンダルは報道できない、いわゆる“ジャニーズタブー”について、最近意外な人物が言及しているのを発見した。

 それは「女性自身」を発行する、光文社の70周年記念イベントでのこと。ゲストとして出演したSMAP中居正広・草なぎ剛・香取慎吾を、トークイベント終了後に「女性自身」が直撃したのだ。その時の様子が、同誌の11月24日号に掲載されいてるのだが、なにやら微妙に緊張感を含んだ会話がなされているので、一部引用してみよう。

——われわれ『女性自身』も同じ光文社の雑誌なんです。

中居 隠し撮りする雑誌ですか? 僕らの敵? 味方?

香取 僕らいっぱい出てるよ。表紙とかやらせてもらって。

中居 スキャンダルはなし?

香取 あるけど、僕らはお世話になっているんですよね。

中居 じゃあ、俺らのスキャンダルは撮らないのか。

香取 仲間だと思ってたのに、ってのもあるかもよ(笑)

「(スキャンダルは)あるけど、僕らはお世話になっているんですよね」「俺らのスキャンダルは撮らない」と見事に、SMAPがジャニーズタブーの存在を認めているのだ。自分たちのスキャンダルはやられない、「そもそも撮らない」とまで、当のジャニーズタレント自身が認識しているとは、「女性自身」もなめられたものだが、これは「女性自身」に限った話ではない。
 
 ジャニーズのスクープといえば、本来なら女性週刊誌の格好のネタであるはず。しかし、「アンチ・ジャニーズ」として攻めの姿勢を見せている「週刊女性」(主婦と生活社)はまだしも、「女性セブン」(小学館)は際どいスクープは皆無で、せいぜいジャニーズアイドルと女性が夜の街を歩く2ショットどまり。そして件の「女性自身」(光文社)に至っては、中居、香取の暴露どおり、近年スクープらしきスクープがないのが実情だ。

 というのも、週刊誌を抱える各出版社は、アイドル誌や芸能誌も発行しており、スクープによっては、他の雑誌からジャニーズアイドルを引き上げられることに過敏になっているのだ。講談社の「フライデー」は、編集部ごとの独立性を尊重するという社風があるためジャニーズスクープを扱っているが、それでもジャニーズとは常に水際の交渉をしている。また小学館の「女性セブン」は、大きなスクープをつかんだ際、それをもみ消す代わりに他の情報を事務所から引き出したり、インタビューやグラビアに登場させるといった“バーター”“取引”が日常茶飯事で、ジャニーズがNOと言ったものは基本的に掲載されない。

 なぜ週刊誌はジャニーズに逆らえないのか。ここで、毎年この時期に発表される、ジャニーズ事務所公認カレンダーの出版社別の割り振りを見てみよう。今年は、Hey!Say!JUMPが光文社、Kis-My-Ft2が小学館、Sexy Zoneがホーム社/集英社、A.B.C-Zが学研プラス、ジャニーズWESTがワニブックス、ジャニーズJr.が集英社から発売される。このカレンダーは莫大な利益を出版社にもたらす、大きな利権になっている。さらにどのグループがどの出版社に割り振られるかは、出版社の貢献度に応じて決まると言われているが、今年の売れ筋であるHey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2がともに女性週刊誌を持つ版元から発売されていることを見れば、ジャニーズ事務所と女性週刊誌の「持ちつ持たれつ」「お世話になっている」の関係が浮き彫りになる。

 カレンダーのみならず、ジャニーズアイドルの著作や写真集といった「金脈」は、年単位で事務所と出版社の駆け引きによって実現するとも言われており、スクープの取り扱いと利権は複雑に絡み合っている。

 まさに、SMAPのふたりが暴露していたとおり、「お世話になっている」から「スキャンダルは撮らない」のである。

 それにしても、「お世話になっているから、スキャンダルをやれない」などという週刊誌にとっては恥ずかしい暴露話を、嬉々として掲載してしまう「女性自身」って……。利権とタブーにどっぷり浸かりすぎて、もはや「ジャニーズスキャンダルをやれない」ことに対する葛藤すらないのだろう。なんとも情けない話である。
(江崎理生)

最終更新:2015.12.11 10:56

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

NEWS手越とAKB柏木の熱愛を文春が再スクープ! なぜ他誌は沈黙? SMAP中居と香取がジャニーズタブーの存在を暴露のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ江崎理生の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍首相とマスコミが作り出す自民党“勝利”は嘘!
2 加藤浩次が松本人志・大崎会長の吉本支配を批判!
3 改憲勢力3分の2割れでも…安倍と橋下徹が民意無視の改憲議論強要
4 ウーマン村本がよしもと社長からの圧力を激白!
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 参院選 安倍自民党の大量広告、PRのやり口がエグい!
7 宮迫、亮の会見で吉本興業・大崎会長と岡本社長の嘘が明らかに
8 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
9 参院選は自公維の改憲勢力が3分の2超か
10 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
11 太田光が右翼の抗議で転向していた?
12 グッディ!土田マジギレ真の原因
13 『4時ですよーだ』Pが松本の変節批判
14 宮迫引退報道の一方、NEWS手越の“金塊写真”はなぜスルー?
15 秋篠宮家の料理番がブラック告発
16 参院選の極右候補者をチェック「ウヨミシュラン」比例代表編
17 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
18 安倍首相の秋葉原演説で自民党が「安倍やめろ」封じ込めに支持者動員
19 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
20 参院選の極右候補者をチェック「ウヨミシュラン」選挙区編
1 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3 金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4 産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5 安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6 菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7 金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8 F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9 金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10 防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11 長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12 講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13 映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14 渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16 田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17 川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19 松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20 農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄