もう一度言う! 野党は牛歩をやれ! 審議を引き延ばせばデモがさらに広がり安倍政権は必ず追い詰められる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kyoukousaiketu_150918_top.jpg
数の暴力を行使した強行採決により紛糾する参院特別委員会(YouTube「ANNnewsCH」より)


 安保法案は参院特別委員会で抜き打ちのような強行採決を行われ、本会議に移ってしまった。現在、野党が問責決議案、不信任決議案を連発して必死の抵抗を見せている。

 しかし、うんざりさせられるのが、こうした野党の行動に対して、「子供っぽい抵抗」「パフォーマンスでしかない」「なんの意味もない」「民主的な議事運営の否定」などといったしたり顔の批判が相次いでいることだ。

 さらには、1992年のPKO協力法案をめぐって行われた「牛歩」をもちだし、「国民から大ひんしゅくを買った」「あの愚行を繰り返してはならない」などと、先回りする形で野党を牽制するような意見まで噴出している。

 まったくバカも休み休み言ってほしい。先日の記事でも指摘したように、牛歩も含むフィリバスター(議事妨害)は、民主主義で認められた当然の権利であり、少数野党が政権の暴走を食い止めるための唯一最大の武器だ。欧米では、『スミス都へ行く』(監督/フランク・キャプラ)というフィリバスターをテーマにした映画が作られるなど、信念をもつ“抵抗のかたち”として高い評価を得ている。

 しかも、今回はまさにこれを行使する大きな理由がある。自民党は、民主主義のルールを無視するものなどともっともらしいことをいっているが、そもそも民主主義を無視して、数の論理で無茶苦茶な議事運営をしているのは安倍政権=自民党のほうなのだ。

 デタラメな答弁を繰り返し、説明を二転三転させ、国民の大多数が明らかに今国会での法案成立に反対しているのに、とにかく強引に採決にもっていくことしか考えていない。

 昨日の特別委員会でも、NHKなどの御用メディアはまるで野党がいちゃもんをつけているかのように報道していたが、実際は自民党のほうがルール無視のだまし討ちを連発していた。約束を破って突然、委員会室で理事会を開催し、野党にそれを抗議されると理事会をすっとばして委員会を再開。鴻池祥肇委員長の不信任決議が出されると、そんな権限はないのに佐藤正久議員への委員長委嘱を宣言する。そして、採決では、いきなり与党議員が委員長を取り囲んで、総括質疑のないまま、賛成の起立の声も怒号でかき消されているのに、勝手に「賛成多数で可決」を宣言してしまったのである。

 もはやこれでは、野党が問責決議案や不信任決議案を出すのは当然だろう。義は明らかに野党側にある。

 さらに、もうひとつ、今回、フィリバスターをやることに意味があるのは、国会をものすごい数のデモ、国民の反対の声が取り囲んでいるからだ。

 シルバーウイークまで審議を引き延ばせば、反対の声はさらに大きくなり、国会前のデモも何倍もの規模に膨らんでいくだろう。全国各地で大規模なデモが行われ、ウォール街の占拠や、香港の雨傘運動のような動きが起きる可能性もある。

 安倍首相は9月末に国連総会に出席する予定が控えているため、シルバーウイークに入ってしまうと、採決できる日程は24日と25日しかなくなり、デモの動きがさらに大きくなれば、法案を廃案に追い込める可能性は十分ある。

 だからこそ、野党は参院本会議であらゆる手段を使って審議を引き延ばすべきだ。残念ながら、趣旨説明や討論の発言時間を10分以内に制限する動議が自民・公明両党から出されてしまったため、長時間演説によるフィリバスターは難しくなったが、今、予定されている安倍首相の問責決議案、安倍内閣の不信任決議案以外にも、下村博文文科相の国立競技場問題での問責決議案など、片っ端から問責決議案をだせばいい。

 そして、採決に持ち込まれたら、絶対に「牛歩」をやるべきだ。1992年の牛歩では31時間を費したが、その2倍、3倍の時間をかけたっていい。 

 民主党の中には、「牛歩は国民の支持は得られない」などという意見もあるようだが、今回はまったくちがう。国会前のデモの参加者に聞いても、ほとんどの人が「牛歩でもなんでもやるべきだ」と言っている。

 安倍政権に操られたメディアの批判など相手にする必要はない。野党は平和を望む国民の声にだけ耳を傾けるべきだ。
(野尻民夫)

最終更新:2015.09.18 07:53

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

民主主義ってなんだ?

  • 楽天ブックスの詳細ページへ

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

もう一度言う! 野党は牛歩をやれ! 審議を引き延ばせばデモがさらに広がり安倍政権は必ず追い詰められるのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。政治家野尻民夫の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
2 久米宏、さんま、村本も東京五輪批判
3 田崎とケントに自民党からカネが!
4 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
5 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
6 陸上・朝原宣治がスポーツの政治利用に危機感
7 岸田『ひるおび!』出演にネトウヨが
8 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
9 テレ朝が萩生田に全面謝罪した背景
10 久米宏が電通タブーに踏み込む激烈な五輪批判
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 「あおり運転」警察の過剰捜査とワイドショーの異常報道
13 ウーマン村本がよしもと社長からの圧力を激白!
14 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
15 吉本興業の改革委員会に、自民党御用学者、裏金隠蔽の元検察・警察
16 『なつぞら』が宮崎駿・高畑勲も闘った「東映動画・労使紛争」を矮小化
17 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
18 白鵬・モンゴル力士バッシングとヘイト
19 秋元康の東京五輪に椎名林檎が危機感
20 日韓対立で『ワシントンポスト』が日本の歴史修正主義が原因と指摘!
1 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3 金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4 産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5 安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6 菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7 金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8 F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9 金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10 防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11 長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12 講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13 映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14 渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16 田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17 川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19 松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20 農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄