明菜がマッチの教室に…うつ告白のフックンが明大中野の同級生アイドルの裏話を暴露!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
fukawa_150614.jpg
布川敏和・布川隼汰・つちやかおり・布川桃花所属 芸能プロダクション T-BIRDオフィシャルウェブサイトより


 元アイドルがゴミ屋敷に住みうつ状態──。そんな衝撃の告白をしたのが元ジャニーズグループ・シブがき隊のフックンこと布川敏和だ。布川は6月8日に放映された『私の何がイケないの?』(TBS系)に出演し、前妻・つちやかおりと離婚以降、何をするのも億劫になり、自宅に引きこもり、さらに片づけられない大量のゴミや洋服に囲まれて住んでいると告白した。

 そんなフックンだが、別の媒体では、到底うつ状態とは思えないような行動に出た。それが「週刊現代」(講談社)6月13日号に掲載された「マッチにヨッちゃん、少年隊に明菜もいた教室で」という記事。布川はここで同級生だった歌手の中村あゆみといっしょに「明大中野高校」時代の同級生アイドルたちの大暴露大会を行ったのだ。

「明大中野」はアイドル全盛時代と言われた80年代、堀越学園と並び若いアイドルたちが多く通った“芸能界御用達”学校だ。当時、明大中野に在籍していたアイドルたちをざっとあげると、中森明菜、近藤真彦、野村義男、布川と同じシブがき隊だった本木雅弘、薬丸裕英、少年隊の東山紀之、植草克秀、錦織一清、奥居(現・岸谷)香、宇梶剛士、豊原功補、三田寛子、石川秀美、さらに布川の前妻・つちやも同校の出身と、確かに錚々たる面子だった。
 
 まず、2人は上記したように明大中野がいかにすごいアイドル学校だったか、誰が同級生だった、先輩だったかとの思い出話で盛り上がった後、当時のお互いの印象を語り合う。

〈中村 フックンたちシブがき隊は、学校で初めて会った時点からすごい人気でスターだった。でも学校では、全然偉ぶらなかったよね。特にフックンは女子にも気さくで一番話やすかった。
 布川 そういうアンこそ、普通の女性高生ではなかったぜ。シルバーフォックスの毛皮のロングコートを着て登校していたんだから〉

 なんだかお互いに過去の栄光をもち出し合って慰め合っているようで、少し痛々しい気持ちになるが、話は次第にあの2人のことに言及していく。そう、当時人気絶頂だった布川の先輩・近藤真彦と、その恋人・中森明菜だ。しかもビックリするのが近藤と中森の学校でのこんな知られざるエピソードだ。

〈中村 でも、私は学校で明菜さんに会ったことがなかった。
 布川 たまに来てたんだけど、実は(布川と同じクラスだった明菜は)1学年上のマッチさんと同じ教室で授業を受けていたんだよ。なんでそんなことが許されたのかわからないけど。二人がまだ付き合う前の話さ〉

 学年が違う近藤と明菜が同じ教室で授業を受けていた! 破局から25年以上が経つ現在でも、明菜のマッチ“愛”は健在ともいわれているが、これもやはり明菜が押し掛けていたのだろうか。なぜ学校は何も言わなかったのか。謎は深まるばかりだが、いずれにしても、明菜のマッチへの執着を物語る驚愕エピソードである。

 明菜の過剰とも思えるマッチへの愛を物語るエピソードは、まだある。

〈中村 フックンは明菜さんと親しかったの?
 布川 10代の頃、仕事の後によくみんなで食事をしていた。その中に明菜さんもいた。マッチ先輩との待ち合わせの合間に来ることもあったなあ。お店の電話で連絡を取りあっていた。
 中村 携帯電話がない時代だもんね。
 布川 ところが、マッチ先輩から仕事で遅れるという連絡が入ると、明菜は一気に落ち込んでしまう。トイレに閉じこもってしまったこともあった〉

 恋人・マッチが遅れるというだけで、激しく落ち込みトイレに閉じこもってしまう。その後の自殺未遂騒動や精神不安定状態を予見するようなエピソードではないか。

 一方の中村も負けてはいない。なんと、自分自身が故・尾崎豊と関係があったことを告白しているのだ。

〈布川 尾崎(豊)って俺と同い年なんだよね。六本木に行くと会ってた。(略)。
 中村 実は私、一時期、彼と親しくしていたの。20歳を過ぎたころよ。
 布川 知らなかった。付き合っていたの?
 中村 それはちょっと、フフフ(笑)〉

 とまあ、こんな感じで、当時のアイドルたちの知られざるエピソードを次々暴露するフックンと中村。

 いや、暴露だけではない。対談のなかで布川は“オレ様”再婚願望まで語っている。それは1学年上だったという豊原功補と小泉今日子の熱愛報道に話が及んだときのことだ。

〈布川 昔から俺が憧れていたキョンキョン(小泉今日子)と功補が付き合っていることを知ったときには、『マジかよ、あの野郎!』って(略)。まだ離婚したばかりで考えられないけど、キョンキョンとならもう一度結婚してもいいかなと思ってる〉

 なんとキョンキョンへの、上から目線ラブコール──うつを告白してたくせに、やけに元気じゃん、フックン。

 そういえば、布川はこれまでも、つちやとの離婚に、タレントの長男・隼汰、モデルの長女・桃花と、私生活をさんざんネタにしてきた。もしかして例のうつ告白も、離婚騒動が落ち着いて以降、これといった話題もなく露出も減った彼がテレビに出演するためのネタなのだろうか。

 まあ、でも、フックンならなんとなく許せる感じもするので、これからも、どんどん“プライバシー”と“思い出”を切り売りしていただきたい。
(林グンマ)

最終更新:2015.06.14 07:04

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

山口百恵→AKB48ア・イ・ド・ル論

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

明菜がマッチの教室に…うつ告白のフックンが明大中野の同級生アイドルの裏話を暴露!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 宮迫引退報道の一方、NEWS手越の“金塊写真”はなぜスルー?
2 NHKが民放テレビ局関係者の“ジャニーズ圧力証言”を報道
3 山本太郎と久米宏が安倍政権、原発タブー、杉田水脈を斬る!
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 「安倍やめろ」のヤジを警察が「選挙妨害」拡大解釈で取締り!
6 安倍首相が「忖度発言」候補を大応援!
7 秋篠宮家の料理番がブラック告発
8 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
9 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
10 安倍昭恵が和田政宗をトンデモ応援演説!公選法違反の呼びかけ
11 『モーニングショー』「緊急事態」を特集で羽鳥が田崎をツッコミ
12 グッディ!土田マジギレ真の原因
13 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
14 ジャニー喜多川社長の性的虐待問題を一切報じないマスコミ
15 『この世界の片隅に』ドラマ版と映画版の間で軋轢か
16 吉本が芸人に強要する共同確認書にSNS制限
17 松尾貴史が語るテレビで芸人が権力批判できない理由
18 太田光が右翼の抗議で転向していた?
19 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
20 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
1 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3 金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4 産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5 安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6 菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7 金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8 F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9 金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10 防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11 長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12 講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13 映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14 渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16 田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17 川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19 松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20 農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄