「男しか行けない場所=風俗」に女が潜入取材してみたら理不尽なことだらけだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
otokoshika_01_150221.jpg
『男しか行けない場所に女が行ってきました』(イーストプレス)

 イケメン男優が少女マンガさながらの甘い設定でセックスまで見せる、「女性向けAV」が市民権を得た昨今。だがしかし、「女性向け風俗」はあるのかといえば、出張ホストなどはあるもののその存在がポジティブに語られることはない。

 やはり風俗はまだまだ男性のモノなのだろう。

 そんな風俗を女性が見たら、ぶっちゃけどうなのか。『母がしんどい』で知られるマンガ家・田房永子が数年前に体験した風俗取材の裏側を描いたコミックエッセイ『男しか行けない場所に女が行ってきました』(イーストプレス)を読むと、エロ本などに載っている「風俗像」と彼女が見た「風俗の現実」の間に、すさまじいギャップがあることがよくわかる。

 マンガ家として駆け出しだった当時、エロ本に風俗レポートマンガを描いていた田房氏だったが、“無駄なものにびっくり”の連続だったという。

「レポート漫画家としては、『すごいですね、素晴らしいアイディアですね』と取材先の人たちに感服したけれど、ひとりの女としては、『なんて無駄なものが街中にたくさんあるんだろう』と思っていた」

 さらに描き続けるうちに、「本当に思ったことは書けない」ことに気づく。

 たとえばこうだ。風俗嬢・マリンちゃんに性感帯を聞く田房氏だが、マリンちゃんは「乳首とか書くとそこばかり責められて嫌だから、肩って書いてください」と、田房氏のほうも見ずに答えるなどつれない様子。だがマンガには、そのまま書くことはできない。田房氏は苦悩した、そしてついに、答えをひり出す。

「エッチなお店で働く21歳ピチピチのマリンちゃん。なんと肩が性感帯というドスケベ敏感BODYの持ち主! 毎日お客さんにイカされちゃってるんだって」

 また人妻アロママッサージの店長(金村義明似)と、風俗嬢の人妻さんを取材したときだった。描いたマンガは「きゃっおちんちんがおおきくなっちゃった! なんだか私も…ヘンな気分…」といった内容であったが、やはりそこに至るまでには田房氏に受難が振りかかっていた。

 まずは店長の、「これは加藤鷹とかAV男優御用達メーカーのパンツなんですけどね」という得意ヅラや、そのご自慢のパンツを脱ごうとするので制止すると、「平気ですよ全然、チンポ見られるの慣れてるんで」と、見慣れていない田房氏のことなど全く意に介さないことなどを、さらりとかわすことから始まる。さらに取材終了後の、「肝心なのは舐めですから」という突然の店長のクンニ自慢には、「この年一番の放心を味わった」という。

「『本当のこと』は、私の中に虚しさとともに降り積もっていった」と、田房氏は語る。

 特にイライラが募ったのは、密着型理髪店という、理容師たちが胸やお尻を強調したピッチピチの服を着ているのを、全身鏡越しに視姦したり、洗髪中におっぱいが当たるか当たらないかのジラシ感を楽しんだりする理髪店に、男性編集者とカップルを装い潜入取材したときだった。

 イライラポイントは、「客たちが全員、すまし顔で入ってくること」にあったという。

「女の子がミニスカートを履いていて、大きな鏡で太ももが見られて、顔に近づいたおっぱいにドキドキする店だって絶対分かってるくせに、『……あれ? なんですかここ? 普通の理髪店じゃないんですか? 普通の店だと思って来ました。……まあ仕方ないですね、もう入っちゃったし。髪切ってもらえればいいんで、僕は』みたいな顔して入ってくるのである」

 そのせいもあってか、漏らすようにつぶやいた理容師ギャルの「女の人の頭触るの、久しぶりだから嬉しい…」という言葉が、田房氏の耳に残ることになる。

 しかし、うっとおしいことばかりではない。社長は背の小さい哀川翔、専務は前髪オールバックの嶋田久作、舎弟は眉毛を剃っている長髪長身ヴィジュアル系という、「完全なるヤーな風貌の従業員の方たちが出迎えてくれた」のは、ラブドールと性行為ができるドール風俗店。 

 舎弟がふたりから「おい、テツ!」と呼ばれていたことも田房氏の胸を熱くさせたが、それだけではなかった。ドールの撮影をするため、3人がポージングを作ってくれていたときだった。

「ドールはけっこう重たいので3人がかりで『エイやっ!』とか『よいしょぉっ!』とか『テツ、足持て、足!』とか言いながら」
「そのうえドールの首がゴリンッ! と後ろに回転したりする。みんな真剣なので笑わないように必死で我慢していたら、自分の腕に顔をうずめて肩を震わせているテツさんが目に入った」

 こんなにも印象的なシーンに出くわしても、やはりありのままを描けるわけではないから、田房氏のもどかしさは募る一方だ。

 気に掛かる出来事は、取材とは関係のない場所にもおとずれることがある。 

 それは「龍宮城風ガールズバー」に知人のアラフォーサラリーマン男性と入店取材したあとの、居酒屋でのことだった。3歳と0歳のこどもがいるひとりの男性は、「最近、洗体にハマっている」と言い、「妻にバレないように、徹底的に、“土壌”を作っている」というのだ。つまり毎日激務を装い、「仕事が夜6時に終わっても夜8時に終わっても、終電で帰ればいいという日常を設計し、実行している」のだ。

 そう話す男性に対し、田房氏は憤慨する。

「『じゃあ、奥さんはいつも子育てをひとりでやってるんですね』とやんわり尋ねると、W氏は『え?』という感じで(中略)そしてさっきよりも強い口調で『俺は本当に苦労して、毎日“根回し”を頑張っているんだよ!?』と笑いながら主張した」

「本番もしている」や「経産婦のアソコは怖い」「奥さんにも女でいて欲しい」など、さらに続くW氏の無神経な主張に、田房氏はこう締めくくっている。

「この世の中は、W氏みたいな男を中心に回っている」

「男だけの場所」に向けられた田房氏の「女目線」、最後には一体何を見たのだろうか。男性にも女性にも気付いてほしい「男社会の真実」が、ここにはある。
(羽屋川ふみ)

最終更新:2018.10.18 05:52

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

男しか行けない場所に女が行ってきました

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

「男しか行けない場所=風俗」に女が潜入取材してみたら理不尽なことだらけだったのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。羽屋川ふみ裏側の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
2 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
3 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
4 中曽根元首相が慰安所開設の証拠
5 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
6 中曽根康弘「慰安所つくった」証言と「土人女を集め慰安所開設」文書
7 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
8 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
9 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
10 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
11 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
12 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
13 谷村新司のオカルト告白がスゴい
14 安倍首相が政治資金報告書に“7千万円荒稼ぎ”記載も「桜を見る会」前夜祭は…
15 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
16 はあちゅうのセクハラ冷笑過去検証
17 杉田水脈議員が「保育所はコミンテルンの陰謀」
18 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
19 自民党がネトサポに他党叩きを指南
20 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
3 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
5 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
6 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
7 安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
8 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
9 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
10 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
11 菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
12 菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
13 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
14 大坂なおみの黒人差別抗議マスクに冷ややかなマスコミとスポンサー
15 河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
16 菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
17 菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
18 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
19 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
20 三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄