ジャニーズWEST写真集で自虐ネタ!? 関西のジャニーズがジャニっぽくない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
johnnyswest_141228.jpg
「Johnney's net」より


 今年4月にデビューを果たしたジャニーズWEST。KinKi Kids、関ジャニ∞に続いて3組目の関西出身グループで、現在は『ハピくるっ!』『関ジャニ∞のジャニ勉』(以上、関西テレビ)、『リトルトーキョーライブ』(テレビ東京系)といったバラエティ番組をレギュラーに持ち、デビュー1年目とは思えぬ達者なトークを披露している。

 また、12月にはファースト写真集を発売。中間淳太と神山智洋が一緒にお風呂に入り、中間が神山にシャンプーしてあげているショットや、食堂で小瀧望にスープを飲ませる藤井流星など、全編を通してメンバーの仲の良さが伝わる作りになっており、ファンの妄想をかき立てるアイドルらしい1冊となっている。

 しかし、よーく目を凝らして見ると、ところどころにジャニーズWESTの“タブーを自虐する”ようなショットも散りばめられているのだ。

 たとえば、「趣味はダイエット、特技はリバウンド」を公言するぽっちゃりキャラ・桐山照史は、これまでアイドル誌でシャツをはだけることはあっても、基本的に腹部を出すことはなかった。しかし、写真集では、水着ショットで禁断の腹出し。写真では肉がだぶつくことも腹が出てることもなく、まるでぽっちゃりキャラへの期待をあざ笑うかのように、スッキリとした体形を披露している。

 同じく体ネタでいうと、濱田崇裕も。「ジャニーズWESTの濱田崇裕君よりなで肩の人類っているの?」というスレッドが立つほど極端ななで肩で知られている濱田。今回の写真集では、VネックのTシャツという体の線が強調される衣装で、ウワサに違わぬ驚異的ななで肩を披露しているのだ! まるでファンに自慢の肩を見せているかのような、濱田のウインクも憎めない。

 もっともタブーを感じさせるのが、ホテルの一室で撮られた藤井の写真。ベッドに寝転び、誘っているかのようなせつない表情でカメラを見上げているので、思わずドキッとしてしまうほどアイドルらしい色気のある写真なのだが、これがどうにもアノ騒動を思い起こさせてしまう。

 その騒動とは、ジャニーズWESTのデビュー翌日に「週刊文春」(文藝春秋)が報じた、「藤井流星の性的暴力、未成年飲酒・喫煙」だ。「文春」に掲載された写真は、白の服を着た藤井がベッドで煙草を吸っているというもの。もちろんまったく同じ構図ではないが、写真集では他のメンバーが洗面所で歯磨きをしたり、着替えていたりとベッド以外の写真が使われているのに対し、わざわざ藤井がベッド写真を担当しているのが、「あてこすり」に思えなくもない。

 これらの写真が偶然なのか計算なのか真偽は不明だが、タブーを自虐したように思えてしまうのは、関西ジャニーズならではのサービス精神や笑いへの情熱を感じるからだろう。同じジャニーズといえども、東京のジャニーズに感じる洗練されたカッコよさとは異なり、非常に親しみやすい関西のジャニーズ。その違いはどこから生まれるのだろうか。

 もともと関西ジャニーズは、東京のジャニーズとは異なり、Jr.時代の活躍の場は圧倒的に少ない。東京のJr.が番組収録やコンサートにバックダンサーとして出演したり、アイドル誌にページを割いてもらったり、Jr.だけの公演に恵まれているのに対し、関西Jr.は先輩が関西方面に公演に来たときのみバックダンサーを務めることができる。いまでこそ関西Jr.が活躍できる番組が誕生したが、ごく最近までは圧倒的な露出の差があったのだ。関ジャニ∞が嵐と共演するたびに、扱いの違いを愚痴り、いまだに対抗心を燃やしているのはよく見かける風景だろう。

 それが原因なのか、上下関係がゆるやかなのも関西ならでは。9月に放送された『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)では、関ジャニ∞の村上信五が「我々大阪で、自分たちだけでやってる時間が非常に長かったんですよ。だから東京に出て来たときにジャニーズのセオリーがわからなかった」とJr.時代は先輩がいなかったからこそ、のびのびと自由に活動できたことを語っていた(のびのびすぎて、先述の藤井級のスキャンダルがほかのメンバーにも……という噂もあるほど)。

 また、関西特有の「お笑い」文化に触れていたことが、関西ジャニーズのサービス精神を育んだことは否めない。もともと関西のテレビ業界はローカル番組が多く、『モモコのOH!ソレ!み〜よ!』(関西テレビ、重岡大毅出演)、『ピーコ&兵動のピーチケパーチケ』(同、小瀧&中間出演)でハイヒールモモコや矢野・兵動の兵動大樹ら、ゴリゴリの関西芸人と共演し、自ずと腕が磨かれる。

 露出の少なさ、上下関係のゆるやかな環境、お笑いへの傾倒……。それらが親しみやすい関西ジャニーズ特有の空気や個性を生み出し、東京のジャニーズとは違った魅力でファンを引き付けているのかもしれない。

 来年2月4日にリリースされるジャニーズWEST 3枚目のシングルのタイトルは「ズンドコ パラダイス」。ネットではあまりにも奇抜なタイトルに失笑が漏れているが、ある意味これこそが関西ジャニーズの真骨頂ともいえる。関ジャニ∞につづく大ブレイクとなるだろうか。
(江崎理生)

最終更新:2018.10.25 12:34

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ジャニーズWEST 1st PHOTOBOOK 『 おおきに。 』

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

ジャニーズWEST写真集で自虐ネタ!? 関西のジャニーズがジャニっぽくない理由のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ江崎理生の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 松井府知事と橋下徹の台風対応が酷い!
2 投票呼びかけに松本人志が「軽い感じで行かれても」と投票抑圧発言
3 眞子内親王の結婚に際しても佳子内親王が個人で勇気あるコメント!
4 小室圭さんをとにかく糾弾したいワイドショーの事実歪曲とグロテスクな差別性
5 菅田将暉らの「投票呼びかけ動画」参加のローラに差別丸出しのバッシング
6 安倍、甘利、麻生、山口が立憲と共産党へのデマ攻撃!
7 眞子内親王をPTSDにした小室圭さんバッシングの裏にある差別的本質!
8 玉川徹が『バイキング』の小室圭さんバッシングの嘘を批判!
9 甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
10 佳子内親王の「姉の一個人の希望を」に批判殺到はおかしい
11 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
12 葵つかさが「松潤とは終わった」と
13 佳子さまはなぜ学習院をやめたか
14 大阪医療崩壊でも吉村知事が緊急事態宣言の要請を遅らせた理由
15 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
16 田崎史郎ら御用が垂れ流す「安倍さんは人事に不満」説の嘘,
17 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
18 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
19 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
20 『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
1 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
3 安倍、甘利、麻生、山口が立憲と共産党へのデマ攻撃!
4 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
5 菅田将暉らの「投票呼びかけ動画」参加のローラに差別丸出しのバッシング
6 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
7 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
8 投票呼びかけに松本人志が「軽い感じで行かれても」と投票抑圧発言
9 岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
10 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
11 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
12 眞子内親王の結婚に際しても佳子内親王が個人で勇気あるコメント!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄