みのもんたのバックに“芸能界のドン”が!芸能マスコミの豹変ぶりに唖然

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
minomonta_01_141101.jpg
文化放送『みのもんたの ニッポンdiscover again』公式HPより


 先日、みのもんたの復帰祝いパーティの様子がスポーツ紙各紙で大きく報じられた。

 記事では、「芸能人から政財界まで大物がそろい踏み」「みの節健在」など、会の盛況な様子に加え、会見でみのが「日本を動かすような番組をやりたい」と報道番組復帰への強い意欲を語ったことを伝えていて、おおむね好意的なトーンとなっていた。

 民放キー局の社長が勢ぞろいしたうえ、和田アキ子からアグネスチャンまで芸能人も多数参加。そんな中でみの自身が司会をするなど大はしゃぎだったのだが、この会がここまで大がかりなものになったことには、別の背景があるという。

「実はこの会の発起人は、芸能界のドンとも呼ばれるバーニングの周防(郁雄)さん、田辺エージェンシーの田辺(昭知)さん、イザワオフィスの井澤(健)さんという音事協の中心メンバーです。冒頭のあいさつを井澤さんがしましたし、中央のテーブルに陣取った周防さんをはじめとする音事協の重鎮に出席者が平身低頭して挨拶する姿が目立つなど、芸能社会の力関係が垣間見られるような会でした。マスコミも各社のB担が勢ぞろい。これでは息子の不祥事などの、みのに関するネガティブな部分に触れることもできないでしょう」(出席したプロダクション関係者)

 つまりこの会、みのもんたを復活させようと“芸能界のドン”が画策した打ち上げ花火だったというのである。

「日刊スポーツなどは、記事にわざわざ発起人3人を紹介するクレジットを入れるなどの配慮がうかがえますし、業界的にはみののバックにドンがついたんだというアピールになっているようにも見えます」(同)

 ちょうど1年前。自らの次男が起こした窃盗事件を受けてレギュラー番組『朝ズバッ!』を降板したみのにとってみれば、救世主にでも会ったような気持ちなのかも知れない。1千万円ともいわれるパーティーの経費を自腹で出したというのも、その表れだろう。

 しかし、情けないのは、“芸能界のドン”がバックについたことによる芸能マスコミの豹変ぶりである。これまで、独立系だったみののことは書きたい放題。『朝ズバッ!』降板時にもバラエティ番組への出演を続けることへのバッシング報道まで重ねていたはずなのに、このパーティでは手のひらを返したように好意的な記事を書いているのだ。


 みのは、昨年の降板会見で“バカヤロー”と次男を一喝するパフォーマンスを見せ、「文藝春秋」(2013年12月号)では、そもそも日テレ入社がコネだったと告白。“筆記試験が難しくて住所と名前しか書けなかった”などと自虐気味に語るなど、自らの子育ての反省を綴っていた。

「ところが最近になって、その次男が、みのの経営する会社『ニッコク』で働いていることが明らかになった。結局、いまだに親の庇護の下で生活を続けている訳ですが、会見でそのことに突っ込む気配はありませんでしたね」(週刊誌記者)

 それどころか、スポーツ報知などは、「ニッコクに勤務する次男も、スタッフとしてパーティーの運営を手伝った」と、美談仕立てに報じており、親子のいびつな関係が社会的な騒動を引き起こしたという観点が皆無なのである。配慮どころか擁護に回ったわけで、その風見鶏ぶりには空恐ろしくもなる。

 また、恐ろしいといえば、もうひとつ。過去の人のようにも思えるみのを支え、大々的なパーティまでやって復活させようとしているバーニングの思惑も気になる。

「これには、バーニングの台所事情が関係しているようです。これまで力を入れていた韓流アーティストの売り上げが、数々のトラブルもあって低調。一方、安定しているのが、系列の事務所所属である宮根誠司と羽鳥慎一。ワイドショーのような帯番組はギャラも高いうえに、番組に自社系列のタレントブッキングも可能になるなどのうま味も大きい。バーニングはこの機にみのを復活させて、ワイドショーをやらせようと考えているんじゃないでしょうか」(テレビ局員)

 実際、みの以外でも、バーニングは今、系列のタレントを報道番組にどんどん送り込もうという戦略をたてているといわれる。

「視聴率低迷で打ち切りが噂される『モーニングバード』の羽鳥を、これまた来年3月で打ち切りともいわれる『報ステ』の後釜番組にねじこもうと画策しているとも言われています。その流れで、みのを『モーニングバード』の後番組に提案しているという話もあります」(前出・テレビ局員)

 しかし、音楽番組やバラエティならともかく、政治家や闇勢力との関係も取沙汰される芸能界のドンがワイドショー、はては報道番組までを牛耳るというのは、「報道の自由」をおびやかしかねない事態ではないだろうか。

 その力の膨張に手を貸してきた芸能マスコミの罪はつくづく重いといわざるをえない。
(田部祥太)

最終更新:2015.01.19 04:44

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

芸能人はなぜ干されるのか?

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

みのもんたのバックに“芸能界のドン”が!芸能マスコミの豹変ぶりに唖然のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。バーニングマスコミ田部祥太の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
2 防衛省が予算増PRのためインフルエンサー100人に接触計画、一体誰が?
3 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
4 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
5 高橋洋一ら安倍応援団が特区ビジネス
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
8 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
9 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
10 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
11 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
12 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
13 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
14 外務省「旭日旗」正当化のインチキ!
15 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
16 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
17 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
18 「詩織さん全面勝訴」で証明された警察と検察のおかしさ! 
19 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
20 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
1 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
5 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
6 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
8 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
9 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
10 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
11 河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
12 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
13 高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
14 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
15 防衛省が予算増PRのためインフルエンサー100人に接触計画、一体誰が?

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄