痩せられないのは“母親の呪い”が原因!? トラウマ解消でダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
juso_01_140822.jpg
『呪詛抜きダイエット』(大和書房)

 連日のように猛暑がつづく日本列島。薄着の季節になり、思ったよりダイエットの成果が出なかったと落ち込んでいる人もいるのでは? ダイエット商材のCMや情報番組を見るたびに「これが欲しい!」「楽して痩せたい!」という思う一方で、心のどこかで「でもどうせ痩せないんだよな」「ムダになるから最初からやらないほうがいい」とブレーキをかけていないだろうか? そういった呪いを跳ね飛ばし、自分らしい体型を手に入れた一部始終を描いたのがマンガ家・田房永子氏の『呪詛抜きダイエット』(大和書房)だ。

 田房氏は、実母の過干渉や心ない一言で長年にわたって傷つけられた過去から母との絶縁までをつづった著書『母がしんどい』(新人物往来社)で、多くの人の共感を得た。幼いころから自己肯定感が低く、鏡を見ることが苦手で、ファンデーションが一部にしか塗れていなかったり眉毛がなかったりということもざら。鏡が全面にあるヨガ教室でも苦痛を感じていたという。食事制限をすればダイエットに成功していたものの、根本的な食欲は治まらずにリバウンド。チョコレート付きのビスケットや鳥のからあげなど「太りやすい食べ物」を買ってきては、「何かがとりついているかのよう」に食べてきたのだ。

 精神科クリニックや催眠セラピーを通し、母との確執を含めた過去と向き合うことに慣れてきた田房氏は、「太る食べ物を大量に食べなければいけない『理由』がある それが知りたい」と自分自身でセラピーを施していく。

 そんな田房氏の心の奥底にいたのは、小学5年生の“私”。母親がパジャマを普段着として着るようにと買ってきて、反抗もむなしくパジャマで修学旅行に参加することに。田房氏は、そういった母の行動は「いじめ」だったと初めて認識する。そして、母親にいじめられているという事実を認められなかったからこそ、母にされたことではなく“私がもともとみじめだからイヤな思いをするんだ”と防御壁を作り、「みじめでいなきゃいけない」と長年自分に呪いをかけてきたことにも気付く。つまり、自分自身を守るために、自分を太らせてきたのだ。

 過去に向き合えた翌日には、「体がポンプみたいになってすごい勢いで排出を始めた」というように、吐き気に襲われ、トイレに駆け込む。そして、次の日からは高カロリーのものに全く食指が動かなくなったという。自分への呪いが解けたことで、自ずと健康な体を取り戻したのだ。

 とはいえ、「私はみにくい」「キレイになるためにお金を使ったりプロに頼んだりしちゃいけない」と思う自分を解放したりと、田房氏のダイエットは前途多難。しかし呪いをひとつひとつ解いていくことで、散歩やヨガ、食事制限などに前向きに取り組めるようになるのだ。

 田房氏がダイエットの結果を数字として求めなかったことも、ダイエット成功の理由だろう。「−○kg」ではなく、「私は私が気に入る容姿になればいい」ということに重点を置くことで、過激なダイエットや過剰なプレッシャーを防いだのだ。

 いつもダイエットが続かない人は、「どうせ自分は長く続けられない」「1kg、2kg減ったところで意味がない」などと、知らず知らずに自分に呪いをかけていないだろうか? 自分自身のトラウマやコンプレックス、過去と向き合い、「どんな自分になりたいか」を見つけることからダイエットを始めてみてはいかがだろうか。
(江崎理生)

最終更新:2014.08.22 03:40

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

関連キーワード

痩せられないのは“母親の呪い”が原因!? トラウマ解消でダイエット のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。いじめ子ども江崎理生の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 テレ朝で黒鉄ヒロシが慰安婦像デマと韓国ヘイト
2 統計不正で厚労省課長が「官邸関係者」明記の圧力メール
3 ウーマン村本と宇賀なつみのテレビ批判に羽鳥慎一が
4 沖縄県民投票を妨害し続けた安倍政権!辺野古署名呼びかけ人にも
5 メリー氏が文春の記者に「殴るぞ」…
6 安倍が統計不正答弁中の根本厚労相に「戻れ」指示
7 小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
8 加計学園獣医学部の「四国枠」合格者がたった1名! 
9 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
10 「憲法9条を守れ」と主張する芸能人
11 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
12 蓮池透氏が著書で安倍の冷血を批判!
13 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
14 安倍が拉致被害者に「北朝鮮に戻れ」と
15 田宮二郎自殺の真相を夫人が告白!
16 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
17 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
18 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
19 グッディ!土田マジギレ真の原因
20 安倍首相が統計不正に「選挙5回勝ってる」とヤジ
1 安倍首相が統計不正に「選挙5回勝ってる」とヤジ
2 嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
3 渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
4 安倍が統計不正答弁中の根本厚労相に「戻れ」指示
5 安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
6 勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
7 加計学園獣医学部の「四国枠」合格者がたった1名! 
8 安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
9 小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
11 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
12 安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
13 統計不正で厚労省課長が「官邸関係者」明記の圧力メール
14 ウーマン村本が朝鮮学校差別を煽る政治とメディアを痛烈批判
15 ウーマン村本と宇賀なつみのテレビ批判に羽鳥慎一が
16 フィフィの蓮舫デマに新聞が丸乗り! 背景に安倍忖度と女性蔑視
17 「安倍がトランプをノーベル賞に推薦」を海外メディアが
18 安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
19 辻元清美の外国人献金に大騒ぎする夕刊フジの愚劣
20 橋本聖子が池江選手の病を利用しスポーツ界の不祥事放置を宣言

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄