ジャニーズ事務所が分裂寸前!? ジュリーVS飯島の派閥抗争が深刻化!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
johnnys_01_140817.jpg
共演できれば大盛り上がり間違いなしだが……


 先日、北海道岩見沢市で行われたロックフェス「JOIN ALIVE」で、ジャニーズとしては初の野外フェス参加を果たしたTOKIO。ウルフルズやACIDMAN、ゲスの極み乙女。ら幅広いアーティストが参加し、来場者の年齢も趣向もさまざまだったが、TOKIOがステージに上がると立ち入り禁止区域にまで人があふれるほどの大盛況。ネット上には、実際にフェスに参加した人の「TOKIOの曲、よかった!」「男でも充分楽しめた」といった声や、「ジャニーズだけで野外フェスをやってくれたらいいのに!」という願望まで飛び出した。

 そもそもジャニーズは、嵐とSMAPという二大国民的アイドルグループを擁する。この2組が出演するだけでもフェスは大盛り上がりになることが約束されたようなものだが、夏フェスらしくジャニーズJr.のみのフレッシュなステージや、マッチ先輩や少年隊などの往年のファンを楽しませる渋いステージ、はたまたダンスミュージックを集めたDJコーナーなど、FUJI ROCK FESTIVALのようにステージ割りをしても面白そうだ。──この夢のようなイベントがもしも行われれば、芸能史に残る伝説となりそうだが、しかし、ジャニーズフェスが開催されることは決してないだろう。

 その理由は何か。多忙なタレントたちのスケジュール調整ができないからか、あるいは膨大なファンを収容する場所がないからか。そうした物理的な問題もあるだろうが、もっとどうにもならない最大の事情がある。それは、ジャニーズにおける“派閥”の問題だ。

 ジャニーズ専門グラビア誌「J-GENERATION」(鹿砦社)2014年7月号の「知っておきたいお役立ち知識 ジャニーズ基礎のキソvol.1 派閥ってなに?」の記事によると、ジャニーズ事務所は、ジャニー喜多川社長の姪にあたる藤島ジュリー景子氏が率いるジュリー派と、SMAPをイチから育て上げたチーフマネジャーの飯島三智氏の飯島派に分かれているという。現在、ジュリー派に属するのはTOKIO、嵐、V6、関ジャニ∞、KAT-TUN、NEWS、Hey! Say! JUMPで、飯島派に属するのはSMAP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、山下智久、A.B.C-Zと言われ、KinKi Kidsとタッキー&翼はジャニー社長の直轄なのだとか。
 
 派閥といっても、しょせんは事務所内部の話では? そう思う人もいるだろうが、この派閥問題の根は深く、じつはバラエティやドラマ出演のキャスティングにも大きな影響を及ぼしているほどなのだ。

 たとえば、キムタクや香取慎吾などが主演を務めるドラマでいわゆる“バーター”として出演するジャニーズの若手は、同じ飯島派のKis-My-Ft2のメンバー。『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)や中居正広がMCを務める『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)や『UTAGE』(TBS系)などの深夜バラエティにゲスト出演するのも、同じ飯島派のメンバーのみ。逆に、『キスマイBUSAIKU!?』(フジテレビ系)といったKis-My-Ft2による深夜帯の小さい冠番組にSMAPがゲスト出演することはあっても、ジュリー派である嵐のゴールデンタイムのバラエティ『VS嵐』(フジテレビ系)や『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)などに出演することは、一切ない。そもそも『VS嵐』にはフジテレビで新ドラマが始まる際に番宣でキャストたちが出演することも少なくないが、『HERO』放送開始日近くに『VS嵐』に出ていたのは、映画のプロモーションを兼ねた、同じジュリー派の関ジャニ∞だった。
 
 しかも、この派閥の住み分けは、年々深刻化している。それがもっとも露骨に現れているのが、各局が放送する、生放送の大型音楽特別番組だ。

 7月12日に生放送された『THE MUSIC DAY 音楽のちから』(日本テレビ系)では総合司会を嵐の櫻井翔が務めていたが、11時間総勢約70組ものアーティストのなかでジャニーズ所属タレントの出演者は、嵐、KAT-TUN、関ジャニ∞、TOKIO、NEWS 、V6と、ジュリー派所属グループのみ。一方、SMAPの中居正広がMCを務めた8月2日の『音楽の日』(TBS系)では、13時間総勢100組以上が登場したが、ジャニーズで出演したのはSMAP、Kis-My-Ft2 、Sexy Zone、舞祭組(Kis-My-Ft2)、山下智久、A.B.C-Z、中山優馬と、飯島派がズラリ。ジャニーさん直轄のKinKi Kidsも出演していたが、ジュリー派は一組も出演していない。

 いずれも10時間を超す長丁場で出演者も数十組を超えるため、その顔ぶれはたいして代わり映えしない。それだけに、ジャニーズの住み分けの徹底ぶりが目立つ。もちろん、SMAPの草彅剛がMCで8月13日に生放送された『FNSうたの夏まつり』(フジテレビ系)でも、やはりSMAP、Kis-My-Ft2、山下智久の飯島派のみが出演。同番組は“口パク排除”を謳うフジテレビの音楽担当・きくち伸氏がプロデューサーだったため、「嵐が出演しなかったのは口パクだからではないか」との見方も流れたが、やはり派閥抗争の結果と考えるほうが妥当だろう。

 当然ながら、こうした事情はジャニーズタレントが勢ぞろいする年末恒例の『ジャニーズカウントダウンコンサート』(以下、カウコン)にも影響している。このイベントにSMAPだけが過去に1度も参加していないことは有名な話だが、昨年は初めてSMAPの香取慎吾が登場した。が、逆に、ジュリー派の嵐、TOKIO、V6は出演しなくなっている。グループの垣根を超えたコラボやここでしか見られないユニットがカウコンの特色だったが、同じ派閥しかコラボしなくなっているのだ。

 こうして見ると、全グループの合流は想像以上に難しい。ジャニーズフェスなど、ほとんど不可能に近いのだ。

 ──もともとジャニーズ事務所は、アメリカのエンタテインメントにジャニーさんが深く感銘を受けたのが始まり。しかしこの派閥抗争に、ファンを楽しませようという思いはまったくない。ここはエンタテインメントの精神に立ち返り、いっそのこと飯島派対ジュリー派でガチの歌合戦でもして、抗争に決着を着けたらどうだろう。

 中居正広と櫻井翔の司会対決にはじまり、SMAPが嵐の口パクをからかうかのように生歌を披露し、嵐はSMAPにないダンスのユニゾンでこれに対抗。次世代を担う関ジャニ∞とKis-My-Ft2がトークバトルを繰り広げ、飯島派とジュリー派を代表して、脱退者である森且行と赤西仁が乱入……。確実に盛り上がること間違いなしだと思うが、ジュリーさん、飯島さん、どうでしょう?
(江崎理生)

最終更新:2014.09.16 07:58

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

ジャニーズ事務所が分裂寸前!? ジュリーVS飯島の派閥抗争が深刻化!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPジャニーズ江崎理生の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 「表現の不自由展」再開で立川志らくと竹田恒泰が“小学生以下”妄言
2 安倍首相が台風の最中「休養」に批判殺到
3 NHKが台風19号接近のさなか台風情報に安倍政権PR紛れ込ませ
4 「ノーベル賞は日本人ではありませんでした」報道で露呈したもの
5 安倍首相が台風被害拡大の中「ラグビー」勝利に大はしゃぎツイート
6 報ステ後藤謙次の安倍批判がキレキレ!
7 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
8 上田晋也の番組で東国原英夫と千原せいじが日韓問題への無知晒す
9 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
10 志らくが津田大介との“あいトリ”討論で “お上忖度体質”を露呈
11 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
12 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
13 三浦大知が歌う歌は天皇皇后の沖縄への想い
14 堀江貴文が“手取り14万円”「お前が終わってんだよ」でまた無知晒す
15 ラグビー日本代表への“日本の心”押し付けがひどい!
16 葵つかさが「松潤とは終わった」と
17 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
18 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
19 安倍首相が「桜を見る会」で税金使って地元後援者を大量招待
20 「家政婦」の名目で24時間労働の介護で日当1万円、残業代なし
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄