まさか!? ミッフィーが万引き! されたんじゃなくて、したんだよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
usako_01_140814.jpg
『うさこちゃんときゃらめる』(福音館書店)

 サブカル古書店「まんだらけ」での万引き問題が議論を呼んでいる。25万円相当の「鉄人28号」のブリキ製人形を万引きされた「まんだらけ」が、期日までに返却に来なければ犯人と思われる人物の顔写真を公開すると警告。報道陣も大勢詰めかけたためか、結局期日までにフィギュアが返却されることはなく、また警視庁からの要請により顔写真の公開も中止となった。

 いまだ議論が冷めやらぬ今回の万引き事件だが、実は意外なあのコにも万引きの過去があるのをご存知だろうか。オランダ生まれのうさぎキャラ・ミッフィーこと、うさこちゃん。ミッフィーといえば、口と鼻を表す×がチャームポイントで、絵本やアニメ、さまざまなコラボグッズも販売されるなど、世界中で愛されているキャラクターだ。あの、かわいいミッフィーが実は万引き事件を起こしていたのだ。かわいいだけでなく、おとなしくていいコキャラだけに、にわかには信じ難いかもしれない。

 問題の万引き事件は、『うさこちゃんときゃらめる』(ディック・ブルーナ 訳・松岡享子/福音館書店)で描かれている。

 ある日、お母さんと一緒にクッキーを買いに出かけたうさこちゃん。お母さんがお買い物をしているあいだ、お店の片隅でキャラメルを見つける。赤、青、黄色、緑……と、いろんな紙に包まれたキャラメルを、「まあ、なんて、おいしそう!」「ほしいなあ」と思う。そこでやめておくか、お母さんに「ほしい」と言えたらよかったのだが……。

〈それから、うさこちゃんは、とても、
 とても わるいことをしました。
 だれも みていないとき、きゃらめるを
 こっそり ぽけっとに いれたのです……〉

 うさこちゃんは母親や店員の目を盗み、キャラメルを万引きしてしまったのだ。

 でも、うさこちゃんがほしかったキャラメルを手に入れて浮かれていたかというと、そうではない。その日はベッドに入っても眠れず、いけないことをしてしまったという後悔の念にさいなまれるのである。

 次の日になってもその気持ちは消えない。うさこちゃんの様子が変なことに気づいたお母さんが「どうしたの」「なにかあったの」と聞くと、うさこちゃんは小さな声で答える。「きのう、おみせにいったとき、きゃらめるを とったの。それで、いまも ぽけっとに あるの。」

 驚いたお母さんは、今すぐお店に返しに行きましょうと言うのだが、そのページに描かれたうさこちゃんの目には大粒の涙が一滴。

〈うさこちゃんは、おみせに いくのは
 いやでした。あんなこと しなければ
 よかった。ああ、はずかしい。〉

 やはり、うさこちゃんとて、お店に盗品を返しに行くのは勇気のいることで、躊躇があるようだ。

〈でも、これは じぶんの したことです。〉

 うさこちゃんは勇気をふりしぼり、お母さんに付き添われ、キャラメルを返しに行く。そしてお店で「こんなことは もう にどと ぜったいに しません」と言うのだった──。

 あのおとなしそうなミッフィーが万引きをしていたとは驚きだが、それ以上に驚かされるのは、その描き方だろう。同書には、誰のひと言の説教も、罰も、ない。ほんの12枚の絵と短いテキストで、罪を犯したうさこちゃんの心の揺れだけが、実に細やかに描かれている。つい出来心で万引きしてしまったが、罪悪感にさいなまれ、でも誰にも言えず、ひとり苦しむうさこちゃん。読んでいるこちらも、胸がつまりそうだ。

 こうした一見シンプルに見えてものすごく繊細な表現は、ミッフィーの生みの親であるグラフィックデザイナー、ディック・ブルーナの持ち味だ。

 太いシンプルな線で描かれたミッフィー、素人目には「1分くらいで描けるんじゃないかな」「目をつぶってても描けるんじゃないかな」と思ってしまいそうなほどだ。しかし『ディック・ブルーナのデザイン』(芸術新潮編集部編/新潮社)によると、ブルーナがその線を描くスピードはおそろしく遅いのだという。実はあの太くてシンプルな線は、なんと、点描画でも描くように、短い点をつないでゆき、描いているのだ。実際、ブルーナの絵をよく見ると、その線は少し震えているように見える。

 絵だけではない。祖母の死(『うさこちゃんのだいすきなおばあちゃん』)、きょうだいの誕生(『うさこちゃんとあかちゃん』)、クラスメイトの差別事件(『うさこちゃんとたれみみくん』)、そして、この万引き事件。様々な出来事を経て、うさこちゃんはその内面も少しずつ成長を遂げているのだ。先日、創作活動から引退していたことがわかったディック・ブルーナ。いま一度「うさこちゃん」シリーズを読み返してみるのもいいかもしれない。

 ちなみに、記事のなかで「ミッフィー」といったり、「うさこちゃん」といったりしたが、どちらも本名ではない。本名はオランダ語で「ちいさなうさぎ」という意味の「ナインチェ」。「ミッフィー」は英語圏の呼称で、「うさこちゃん」は翻訳者・石井桃子による名日本語訳だ。
(酒井まど)

最終更新:2017.02.18 01:09

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

うさこちゃんときゃらめる (4才からのうさこちゃんの絵本セット2) (ブルーナの絵本)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

まさか!? ミッフィーが万引き! されたんじゃなくて、したんだよ!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。キャラ絵本酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 「表現の不自由展」再開で立川志らくと竹田恒泰が“小学生以下”妄言
2 安倍首相が台風被害拡大の中「ラグビー」勝利に大はしゃぎツイート
3 「ノーベル賞は日本人ではありませんでした」報道で露呈したもの
4 安倍首相が台風の最中「休養」に批判殺到
5 NHKが台風19号接近のさなか台風情報に安倍政権PR紛れ込ませ
6 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
7 報ステ後藤謙次の安倍批判がキレキレ!
8 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
9 上田晋也の番組で東国原英夫と千原せいじが日韓問題への無知晒す
10 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
11 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
12 志らくが津田大介との“あいトリ”討論で “お上忖度体質”を露呈
13 ラグビー日本代表への“日本の心”押し付けがひどい!
14 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
15 堀江貴文が“手取り14万円”「お前が終わってんだよ」でまた無知晒す
16 葵つかさが「松潤とは終わった」と
17 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
18 安倍首相の「消費税増税」国会答弁で開き直り「法人税減税」を自慢
19 安倍首相が「桜を見る会」で税金使って地元後援者を大量招待
20 池上彰が政権のテレビへの圧力を明言
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄