【左巻き書店 夏のブックフェア】

この夏、ネトウヨに読ませたい三冊(1) 戦友を殺し、屍肉を食らう。それが戦場だ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
140811_hidarimaki1c.jpeg


 69回目の敗戦記念日がめぐってくる。あたらしい戦争への準備が着々と進められている、この暑苦しい夏。「戦争」とはなにか、そのほんとうの姿を、読書によって知るにふさわしい季節だ。

 しかし、いまや戦争をめぐる本といえば、「右傾エンタメ」(©石田衣良)と侵略戦争正当化論や日本賛美本が出版界を席巻し、ベストセラーの上位を占めている。

 そして。派手で景気のいい戦闘シーンの合い間に、使命感や勇壮さに満ち、情愛あふれる人間関係が展開される世界が、戦争のイメージとして流布されている。

 日本軍は、愛する人のために自分を犠牲にすることをいとわず、勇壮で思いやりがあり、規律正しく戦った。こうした日本人の美しい心を破壊したのは、だらけた戦後の平和と民主主義だ。ああ、もう一度、戦争を起こして、美しい日本を取り戻したい。──おまえたちは、きっとこんなふうに、戦争への憧れを増幅させているんだろう。

 まったくの嘘っぱちだよ。そんな美化された戦争なんて、「右傾エンタメ」のなかにしか存在しない。

 戦争とはなにかを知りたければ、長い時間のなかで高い評価を得ているまともな文学作品がたくさんある。わが左巻き書店は本物の左巻きのための本を用意している本屋だが、この夏は特別に、おまえたちネトウヨが読むべき戦争小説3冊を揃えてやった。

 戦争を賛美し、戦争を希求する者たちよ。おまえたちを、ほんとうの戦場に叩き込んでやろう。おら、この小説たちを読め。

 まずは『軍旗はためく下に』(中公文庫)、結城昌治の直木賞受賞作だ。結城は1952年実施の講和恩赦の事務に携わり膨大な軍法会議記録を読んだことを契機に、軍隊の暗部を知るところとなり、素材となる事件の取材を重ね、戦争の不条理をフィクションのかたちで告発した。全編に戦争の悲惨さと追い詰められた兵士の悲愴さが満ち満ちているが、中国戦線での一場面はこう描かれる。  
 
「日本軍が部落に着く頃は、住民はほとんど逃げたあとで、老人や幼い子供が残っているだけだ。兵隊は野獣に等しくなっている。飢を満たし、渇を癒し、女を見つければ強姦した。泣叫ぶ嬰児を、うるさいという理由だけで刺殺した兵隊もいた。あるいはまた、行軍の途中、通りかかった老人を敵の密偵に違いないと言い、追いかけて射殺した下士官もいた。彼らは単に獰猛だったのではない。心の奥底で、つねに何かを恐れ、気が狂いそうなほど怯えていたのだ」

 これだけで戦争とはどういうものか、その本質は充分に暴かれている。だが、戦争の惨酷とはもっと人間を暗い深淵へと突き落とすものであることを知らされるのが、次の証言だ。

「あるとき、海岸近くのジャングルで十人ほどが腹ぺこで屯していた。そこへA軍曹がふらっと現れ、野豚の肉と塩を交換しないかと言ってきた。…その連中は早速交換に応じ、その肉を水たきにして食った。」
 その後、下士官BがAを追跡したまま行方不明になった。
「Aは簡単に自白したそうですが、二度目の肉はBを射殺し、自分で食った余りだったらしい。そして最初の肉も上官を殺したものだということまで話しだした。」
 そして、この証言者はこう語り続ける。
「日本人同士でも、人間が人を食わない理由はありません。兵隊は飢えていたのです。頭がおかしくなって、泥土を食うほど飢えていました。モラルは人間のつくった幻想でしょう。しかしあの島では、あらゆる幻想が消えていた。野戦病院で見たある下士官は、生きた野鼠を、その粗い毛を吐き出しながら食っていた。…一本の小さな芋を争って殺された兵隊もいます。」

 戦友を殺して人肉を食うなんてあり得るはずがない!と否定したいだろ。だが、かわいそうだが、フジサンケイグループの反共オピニオン誌「正論」(産経新聞出版)でも戦時中の人肉食を認めてるぜ。「戦後、マニラ東方山地にこもった振武集団の参謀長だった少将が、集団で人肉を食べた兵たちを銃殺刑にした事実を暴露した。」(「正論」平成17年9月号。Web版「正論」でこの記事は今も読める)。

 登場人物が語っている通り、戦争はモラルという幻想を吹き飛ばし、人肉を食らうところまで人間性を破壊するものなのだ。それでも、信じないやつは、明日の第2回を読め。もっとおそろしい現実にたたきこんでやろう。
(左巻き書店店主・赤井 歪)

●左巻き書店とは……ものすごい勢いで左に巻いている店主が、ぬるい戦後民主主義ではなく本物の左翼思想を読者に知らしめたいと本サイト・リテラの片隅に設けた幻の書店である。

最終更新:2014.11.17 12:04

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

この夏、ネトウヨに読ませたい三冊(1) 戦友を殺し、屍肉を食らう。それが戦場だのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ネトウヨ左巻き書店文学の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 伊藤詩織氏への名誉毀損ははすみとしこ氏だけじゃない、国会議員も
2 文通費問題で「やる気なし」なのは維新!松井代表がセルフ領収証OKに
3 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
4 クーポン券事務費967億円「過大でない」は嘘 子ども食事支援は22億円
5 吉村知事がコロナ協力金めぐる税金無駄遣いを棚上げし岸田クーポン批判
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 玉川徹が『ドクターX』に出演して岸部一徳に言われた一言
8 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
9 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
10 岸田首相のオミクロン対策はザルだ! 入国禁止は外国人だけで差別性丸出し
11 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
12 安倍晋三に中国電力から原発マネーが 
13 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
14 三原じゅん子が「政権を握っているのは総理大臣だけ」と無知発言
15 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
16 安倍首相が百田尚樹『日本国紀』をPR
17 瀬戸内寂聴が生前、「美しい憲法を汚した安倍政権は世界の恥」
18 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
19 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
1 吉村知事がコロナ協力金めぐる税金無駄遣いを棚上げし岸田クーポン批判
2 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
3 クーポン券事務費967億円「過大でない」は嘘 子ども食事支援は22億円
4 安倍晋三に中国電力から原発マネーが 
5 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
6 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
7 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
8 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
9 伊藤詩織氏への名誉毀損ははすみとしこ氏だけじゃない、国会議員も
10 岸田首相のオミクロン対策はザルだ! 入国禁止は外国人だけで差別性丸出し
11 文通費問題で「やる気なし」なのは維新!松井代表がセルフ領収証OKに

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄