甘利明幹事長に新たに「闇パーティ」広告塔疑惑が浮上! 違法の疑いがある例の“政治献金あっせん団体”が仕切ったパーティで…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
甘利明幹事長に新たに「闇パーティ」広告塔疑惑が浮上! 違法の疑いがある例の政治献金あっせん団体が仕切ったパーティで…の画像1
甘利明 Official Webより


 各社世論調査で支持率がいずれも6割に届かない結果となった岸田文雄内閣。共同通信の結果(支持率55.7%)で見ると、2001年以降でもっとも低かった2008年の麻生太郎内閣発足時に次ぐ低さとなっているが、その原因と見られているのが、甘利明を幹事長に据えた人事の影響だ。

 実際、内閣支持率が5割を切って49%となった毎日新聞の調査では、「政治とカネ」の説明責任が問われる甘利氏の幹事長起用を「評価しない」と答えた人は54%にものぼっている。

 当然だ。本サイトでもいち早く指摘したように、甘利幹事長といえば経済再生担当相だった2016年、千葉県の建設会社・薩摩興業の依頼で都市再生機構(UR)へ移転補償金の値上げを“口利き”した見返りに、少なくとも総額1200万円の現金や飲食接待の賄賂を受けとっていたと「週刊文春」(文藝春秋)がスクープ。この報道を受けて甘利氏は大臣を辞任したが、辞任会見では涙を浮かべて「政治家としての美学」などと辞任を美化しようとする浅ましさを見せた挙げ句、その後は「睡眠障害」を理由に約4カ月にわたって国会を欠席。その後おこなわれた会見はたったの約10分で終了する始末だった。

 にもかかわらず、10月1日の就任会見で甘利幹事長は「この事件にかんして事情をまったく知らされていない」「私は寝耳に水」と言い出したのだ。

 だが、この甘利氏の抗弁にさっそく「週刊文春」が反撃を加えた。本日発売の同誌では、2016年に甘利氏への現金提供などを実名告発した薩摩興業の元総務担当者・一色武氏の証言などを振り返り、2013年11月14日に甘利氏が大臣室で50万円を受け取った際の詳細、さらに2014年2月1日に神奈川県大和市にある地元事務所で甘利氏に50万円を渡した際には、甘利氏がURとのトラブルについての資料に目を通し、直接、その場で秘書に指示を出していたことも伝えた。つまり、「私は寝耳に水」などという抗弁は大嘘であることをあらためて突きつけたのだ。

 また、甘利幹事長は就任会見で「特捜OBの弁護士に依頼し、それを基に、辞任会見で質問が出尽くすまでお答えをした。調査結果は会見のときに文書もお渡しした」などとも語ったが、これらについても同誌記事では〈挙手をした小誌記者が質問に当たることはなく、「後の日程もありますので、この辺で」と会見を打ち切っていた〉〈今に至るまで、調査報告書を公表していない。特捜OBが誰なのかすらも一切明かしていない〉と指摘。何から何まで嘘まみれであったことを伝えている。

 このようにすぐにバレる嘘をつき、いまなお国民を欺きつづける甘利幹事長。しかも、甘利幹事長の疑惑はこれだけに終わらない。甘利氏の新たな「政治とカネ」の問題を、今度は「しんぶん赤旗 日曜版」がスクープしたからだ。

それは、甘利幹事長が政治資金規正法違反で告発されたばかりの「闇パーティ」の広告塔になっていた、という問題だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

甘利明幹事長に新たに「闇パーティ」広告塔疑惑が浮上! 違法の疑いがある例の“政治献金あっせん団体”が仕切ったパーティで…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。しんぶん赤旗 日曜版ライズ・ジャパン安倍晋三志友会甘利明編集部菅義偉闇パーティの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
2 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
3 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
4 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
5 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
8 有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
9 IR汚職“起訴”の企業会長夫人と同姓同名の人物が進次郎、鈴木道知事に献金も
10 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
11 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
12 辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
13 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
14 『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
15 岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
16 コロナ感染が再拡大するなか安倍首相が有名人とステーキ会食!
17 「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
18 『ZERO』降板の村尾、安倍首相ブチギレ事件
19 自民党の圧力に「朝生」が屈服!
20 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
1Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
3甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
4『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
5甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
6ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
7Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
8岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
9辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
10岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
11安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
12維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
13すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄