菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ! 夜の渋谷では人流増加、新治療薬は対象が限定的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

菅首相がぶち上げた「新たな治療薬」は重症だけでなく重症寸前の中等症2にも使えない可能性

 ようするに、新たな治療薬で重症者が減るから大丈夫というのだが、これ、本当なのか。

 菅首相が唐突にぶち上げたこの「新たな治療薬」というのは、19日に厚労省が特例承認した、中外製薬の「カシリビマブ」と「イムデビマブ」を同時に投与する「抗体カクテル療法」の点滴薬のこと。「抗体カクテル療法」は米トランプ前大統領が入院したときに使用されたことでも有名だが、中外製薬によると海外でおこなわれた治験では入院や死亡のリスクを約70%減らすことが確認されたという。

そして、菅首相はこの「抗体カクテル療法」を「徹底して使用する」と宣言したわけだが、これだけを聞くと、「みんなこれで重症化が防げるようになるのか」「重症化させなければ医療逼迫も解消される」などと考えるだろう。

 だが、はっきり言って、いまの東京の感染状況を考えれば「焼け石に水」で、その効果を得られる人はきわめて限定的になる公算が高い。

 というのも、この「カシリビマブ」および「イムデビマブ」の添付文書には〈「SARS-CoV-2による感染症の重症化リスク因子を有し、酸素投与を要しない患者を対象に投与を行うこと〉と書かれており、厚労省も20日付で自治体向けに出した事務連絡のなかで〈本剤は、現状、安定的な供給が難しいことから、当面の間、これらの患者のうち、重症化リスクのある者として入院治療を要する者を投与対象者として配分を行うこととします〉と記載している。

つまり、菅首相はあたかもこの「新たな治療薬」が現状を打開するゲームチェンジャーのようにぶち上げ、多くの患者に広く使用されるかのように語ったが、実際は「安定的な供給が難しい」もので、入院中の基礎疾患などがある人だけが対象となりそうなのだ。

 また、この薬は「酸素投与を要しない患者」つまり軽症者など症状の軽い患者が対象で、重症者だけではなく、重症者一歩手前の「中等症2」は対象外だ。

「中等症2」というのは「酸素を吸わないといけない、人工呼吸器の一歩手前の状態」のこと。感染症専門医である岡秀昭・埼玉医科大学教授は「今は重症が少ないと言われるが、実は重症という氷山の下に中等症2が予備軍のように大勢いるというのが第5波の特徴」だと指摘し、「中等症2で入院した患者がわずか数日で悪化し、生命維持装置が必要になるケースもあり、警戒を緩められない」と語っている(NHKニュース26日付)。

 つまり、重症予備軍として中等症2の患者が大勢いるにもかかわらず、「新たな治療薬」は使われない可能性が高いのだ。

 その上、前述したこの薬剤の添付文書には、〈症状が発現してから速やかに投与すること。臨床試験において、症状発現から8日目以降に投与を開始した患者における有効性を裏付けるデータは得られていない〉とも書かれている。現在、東京では入院・療養等調整中の患者が3404人もいるが、こうしてすぐに入院できずに待機しているあいだに、投与の対象外になる可能性もある。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ! 夜の渋谷では人流増加、新治療薬は対象が限定的のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。抗体カクテル療法政府分科会新規感染者東京五輪編集部舘田一博菅義偉の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 眞子内親王の結婚に際しても佳子内親王が個人で勇気あるコメント!
2 松井府知事と橋下徹の台風対応が酷い!
3 菅田将暉らの「投票呼びかけ動画」参加のローラに差別丸出しのバッシング
4 投票呼びかけに松本人志が「軽い感じで行かれても」と投票抑圧発言
5 小室圭さんをとにかく糾弾したいワイドショーの事実歪曲とグロテスクな差別性
6 安倍、甘利、麻生、山口が立憲と共産党へのデマ攻撃!
7 玉川徹が『バイキング』の小室圭さんバッシングの嘘を批判!
8 眞子内親王をPTSDにした小室圭さんバッシングの裏にある差別的本質!
9 佳子内親王の「姉の一個人の希望を」に批判殺到はおかしい
10 甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
11 広島原爆の日に安倍首相が卑劣な詐欺行為
12 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 佳子さまはなぜ学習院をやめたか
15 週刊誌の秋篠宮バッシングは官邸が発信源か?
16 大阪医療崩壊でも吉村知事が緊急事態宣言の要請を遅らせた理由
17 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
18 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
19 田崎史郎ら御用が垂れ流す「安倍さんは人事に不満」説の嘘,
20 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
1Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
3安倍、甘利、麻生、山口が立憲と共産党へのデマ攻撃!
4菅田将暉らの「投票呼びかけ動画」参加のローラに差別丸出しのバッシング
5ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
6Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
7維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
8投票呼びかけに松本人志が「軽い感じで行かれても」と投票抑圧発言
9岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
10岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
11安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
12眞子内親王の結婚に際しても佳子内親王が個人で勇気あるコメント!
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄