五輪記録映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛! 開催反対の声を“コロナの不安を五輪にぶつけるのは…”と八つ当たり扱い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
五輪記録映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛! 開催反対の声をコロナの不安を五輪にぶつけるのは…と八つ当たり扱いの画像1
『スッキリ』に出演する河瀨直美


 東京五輪開催の是非をめぐり、政府や東京五輪組織委員会から「ヤバい」としか言えない発言が相次いでいる。

 政府分科会・尾身茂会長が「いまの感染状況で開催というのは普通はない」と発言していることに対し、菅義偉首相は開催すべき理由を「まさに平和の祭典(だからやる)」と発言したが、丸川珠代・五輪担当相は「われわれはスポーツの持つ力を信じていままでやってきた。まったく別の地平から見てきた言葉をそのまま言っても、なかなか通じづらいというのが、私の実感でもある」と発言。さらに組織委の橋本聖子会長も「世界共通の課題を東京五輪が乗り越える姿、レガシーを見せることが東京大会の使命」などと言い出した。

「平和の祭典」「スポーツが持つ力」「レガシーを見せる使命」……。多くの国民が感染や経済的な不安を抱えて自粛生活を余儀なくされているというのに、具体的な感染防止策を打ち出すこともなくこんな浅薄な精神論で開催に納得しろとは、バカにするのもいい加減 にしろ、という話だろう。

 だが、こうした閣僚や組織委の発言以上にヤバい、いや、もはや「五輪カルト」と言うべき主張が五輪関係者から飛び出した。東京五輪の公式記録映画の監督を務める河瀨直美氏だ。

 河瀨氏は本日4日放送の『スッキリ』(日本テレビ)に出演。番組では、尾身会長ら専門家の発言を取り上げて観客を入れての大会開催に疑義が呈されていたのだが、そのなかで河瀨氏はまず、こんな持論を展開した。

「みなさんの議論を聞いていたなかでいちばん思うのは、やはり情報が……たとえば組織委員会のみなさんがいま何をしているのかといった情報が出ていないな、うまく伝わっていないな、と」
「組織委員会のみなさんとIOCっていうのは日々・日夜、議論し尽くされていますね」

 何を言い出すかと思えば、まさか“組織委はがんばっているのが伝わっていない!”と主張するとは……。しかも、河瀨氏は「議論し尽くされていますね」などと断言したが、東京五輪開催まで50日を切ったというのにいまだに緻密な感染シミュレーションやそれを防止できるという科学的なエビデンスに基づいたデータを示そうともしていないのは、組織委やIOC、政府ではないか。

 だが、河瀨氏はつづけて、公式記録映画の撮影を2年前からはじめていることや「すでに400時間回している」などと語り、番組出演後には体操の内村航平選手が出場する大会の撮影に行くことを明かすと、こんな話をはじめたのだ。

「彼、ほんとうに物静かな方ですけど、いま映っているこのパフォーマンス(注:内村選手の鉄棒の演技)、すごい美しいですよね。これを32歳まで維持するそのモチベーション、そしてオリンピックに対する思い、すごい控えながら言われてますけど、並の、並の精神力じゃできない。そういう部分において、アスリートファーストのオリンピックがほんとうに感動的であるんだ!っていうことっていうのは、みんな、私自身も含めて忘れちゃいけないなと思っています」
「つまりオリンピック憲章に書かれた、ほんとうの意味のアスリートファーストのオリンピックというのは非常に素晴らしい、感動的だ。まずこれがあると思います」

「アスリートファーストの五輪はほんとうに感動的だ!」って、世界で約370万人もの人びとが新型コロナで亡くなり、いまも国内外で命を奪いつづけている現実を河瀨氏も知らないわけがない。なのに「感動的だから」という理由で開催しようというのは、絶句するほど意識が低すぎる。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

五輪記録映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛! 開催反対の声を“コロナの不安を五輪にぶつけるのは…”と八つ当たり扱いのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。スッキリネトウヨ安倍晋三東京五輪河瀨直美組織委員会編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
2 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
3 「詩織さん全面勝訴」で証明された警察と検察のおかしさ! 
4 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
5 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
6 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
7 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
10 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
11 共謀罪で小林多喜二の悲劇が再び現実に
12 東京五輪チケットに「首相枠」、聖火ランナーも「桜を見る会」状態
13 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
14 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
15 黒人差別問題でK-POPファンが差別主義者を撃退!
16 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
17 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
18 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
19 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
20 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
5高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
8河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
9八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
10高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
11 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
12河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
13自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
14安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
15DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄