河井克行・案里事件で検察が安倍首相の地元事務所を捜査対象に…文春も「検察は安倍秘書の動きを調べ、調書も作成ずみ」と

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

広島地検の幹部が黒川辞職の夜、地元記者に語った「官邸からの捜査への圧力」

 こうした事情を当然、検察側も把握。実際に先月末には自民党本部関係者への任意での事情聴取がおこなわれたことが伝えられたが、まさに検察はこの安倍首相の関与について踏み込もうとしたものではないかといわれているのだ。

「というのも、今回、検察は自民党の“金庫番”といわれるM事務総長の周辺を聴取したといわれているからです。M事務総長は20年以上前から自民党の事務方トップを務め、それこそ自民党の裏の金を動かしてきた人物。しかも、第二次安倍政権以降、安倍首相はM氏を重用しており、近年は安倍首相から直接、指示を受けて金を動かすこともしばしばあるといわれていた。つまり、検察は、河井陣営への1億5000万円提供について、直接的に安倍首相がM氏に指示した可能性を調べているのではないか」(司法担当記者)

 じつは昨日18日発売の「週刊文春」も〈司直のメスは安倍首相周辺にまで向かおうとしている〉とし、捜査関係者がこう述べている。

「河井夫妻の捜査で、いま検察が重大関心を寄せているのが、安倍秘書軍団の動き。彼らがどこをどのように回ったのか、入念に調べているのです。安倍秘書軍団に関する調書も作っています」

 もし安倍事務所にまで捜査が及べば、いよいよ政権が吹き飛びかねない。だからこそ、安倍官邸はこの間、黒川弘務・東京高検検事長(当時)を使って広島地検の捜査を潰そうとしてきた。そして、次期総長人事で官邸と対立していた稲田伸夫検事総長が広島地検の捜査を後押しすると、今度は稲田氏に“裏取引”に応じるよう駆け引きをつづけていた。そこに突如、浮上したのが黒川氏の“賭け麻雀”問題だった。

 そして、当時、本サイトでも伝えたように、このときも安倍官邸は「稲田氏に監督責任がある」と主張し、捜査を潰すべく稲田氏を辞任させようと陰に陽に圧力をかけたのだ。

 実際、前述した昨日発売の「週刊文春」によると、黒川氏が辞職した5月22日の夜、広島地検の幹部は地元記者の前で怒りをあらわにしながら、このように語ったという。

「官邸が圧力をかけて、河井夫妻の捜査をやめさせようとしている」
「官邸は(稲田伸夫)検事総長を(監督責任で)辞めさせて、河井捜査を止めようとしているようだが、そうはいかない。法務・検察は内閣に人事を握られているが、俺は捨て身でやる」

 もちろん今後も、安倍自民党はもちろん、自身の秘書まで捜査が及ばないよう安倍首相は苛烈な圧力をかけつづけるだろう。はたして、検察はその圧力をはねのけて、安倍首相の関与までたどり着けるのか。しっかりと注視しなければならない。

最終更新:2020.06.19 09:54

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

河井克行・案里事件で検察が安倍首相の地元事務所を捜査対象に…文春も「検察は安倍秘書の動きを調べ、調書も作成ずみ」とのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍晋三広島地検河井克行河井案里編集部週刊文春の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 岸田首相のオミクロン対策はザルだ! 入国禁止は外国人だけで差別性丸出し
2 安倍晋三に中国電力から原発マネーが 
3 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
4 玉川徹が『ドクターX』に出演して岸部一徳に言われた一言
5 伊藤詩織氏がはすみとしこ氏を提訴!安倍親衛隊議員の責任
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
8 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
9 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
10 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
11 三原じゅん子が「政権を握っているのは総理大臣だけ」と無知発言
12 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
13 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
14 自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
15 維新が「文句だけの立憲民主党」と大嘘ポスターで野党をデマ攻撃!
16 「維新」議員の顔ぶれがひどい!ヘイト、極右、金、暴力を報道された議員まで
17 頓挫した大阪ワクチンと吉村・松井の闇!日大事件で逮捕の人物も関与か
18 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
19 山本太郎・れいわ代表が「モーニングショー」で吠えた
20 Netflix版『新聞記者』に米倉涼子、綾野剛、横浜流星など、豪華キャストがずらり
1文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
2維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
3自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
4自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
5高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
6橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
7コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
8安倍晋三に中国電力から原発マネーが 
9吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
10政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
11岸田首相のオミクロン対策はザルだ! 入国禁止は外国人だけで差別性丸出し

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄