地方創生フェイクだけじゃない! 安倍首相が施政方針演説で東京五輪聖火最終ランナーの原爆との関わりや平和への思いを無視し改憲扇動に利用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
地方創生フェイクだけじゃない! 安倍首相が施政方針演説で東京五輪聖火最終ランナーの原爆との関わりや平和への思いを無視し改憲扇動に利用の画像1
首相官邸HPより


 昨日の施政方針演説でとんでもないフェイクを垂れ流したことが判明した安倍首相。地方創生の「成功例」として島根県に移住した男性の実名を自慢げにあげたものの、すでにその男性は島根での仕事を辞めて、転出していたのだ。本日夕方には、北村誠吾地方創生相も〈安倍首相が20日の施政方針演説で東京から島根県江津市に移住したと紹介した男性が、昨年末の段階で同市から転居していた〉(読売新聞)ことを会見で認めた。

 この件は本サイトでも記事(https://lite-ra.com/2020/01/post-5217.html)にしているので、詳細はそちらをご一読いただきたいが、「桜を見る会」問題ではあれだけ「個人情報」を理由に説明を拒否し続けたにもかかわらず、自分に都合のよいところは一般人の実名をあげて、しかもフェイク。あらためて、一国の首相としてありえないとしか言いようがない。

 だが、昨日の施政方針演説で個人の名前を歪曲利用したのは、この移住男性のケースだけではなかった。

 安倍首相は今回の施政方針演説で、「桜を見る会」問題もカジノ疑獄も任命大臣のスキャンダルについても一言も口にせず、「東京五輪で一丸となれ」のフレーズでごまかし、戦争政策から終わりの見えぬ被災地復興、果ては改憲までを東京五輪に結びつけた。

 このことについては、すでに「五輪の政治利用だ」「オリンピック憲章違反だ」と激しい批判の声があがっているが、しかし、この安倍首相の「五輪政治利用」がさらに許せないのは、1964年東京大会の聖火リレーで最終走者を務めた坂井義則さんの名前を持ち出したことだ。

 安倍首相はこう切り出した。

「五輪史上初の衛星生中継。世界が見守る中、聖火を手に国立競技場に入ってきたのは、最終ランナーの坂井義則さんでした。8月6日広島生まれ。19歳となった若者の堂々たる走りは、我が国が戦後の焼け野原から復興を成し遂げ、自信と誇りを持って高度成長の新しい時代へと踏み出していく。そのことを、世界に力強く発信するものでありました」

 そしてこう続けた。
「『日本オリンピック』。坂井さんがこう表現した64年大会は、まさに、国民が一丸となって成し遂げました。未来への躍動感あふれる日本の姿に、世界の目は釘付けとなった。半世紀ぶりに、あの感動が、再び、我が国にやってきます。本年のオリンピック・パラリンピックもまた、日本全体が力を合わせて世界中に感動を与える最高の大会とする。そして、そこから国民一丸となって、新しい時代へと、皆さん、共に踏み出していこうではありませんか」

 安倍首相は「国民一丸」のアイコンとして、1964年東京大会の聖火リレーで最終走者を務めた坂井義則さんの名前を持ち出したのだが、しかし、坂井さんをめぐる一番肝心なことに一切触れなかった。

 昨年のNHK大河ドラマ『いだてん』でもクローズアップされたが、坂井さんは1945年8月6日、アメリカが広島に原爆を落とした数時間後に広島県三次市で生まれた。聖火ランナーに選ばれたのもその原爆と深い関係があった。

 あらためて、当時の新聞記事や坂井さんのインタビューを読んでみる。国内メディアは選出された坂井さんに「原爆っ子」と見出しをつけ、海外メディアは「アトミック・ボーイ」と呼んでいた。後年になって坂井さんはメディアに、「本当に俺に資格があるのか」と悩んだ末「一億総国民が団結しているのに、一人だけそっぽを向けない。役に立てるのならば頑張らなければ」との思いで決意したと語っている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

地方創生フェイクだけじゃない! 安倍首相が施政方針演説で東京五輪聖火最終ランナーの原爆との関わりや平和への思いを無視し改憲扇動に利用のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。個人情報原爆安倍晋三広島改憲施政方針演説東京五輪編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 吉村知事がコロナ協力金めぐる税金無駄遣いを棚上げし岸田クーポン批判
2 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
3 岸田首相のオミクロン対策はザルだ! 入国禁止は外国人だけで差別性丸出し
4 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
5 安倍晋三に中国電力から原発マネーが 
6 玉川徹が『ドクターX』に出演して岸部一徳に言われた一言
7 関東連合元幹部がIT長者の素顔を暴露
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 田崎史郎が『ひるおび』共演・柿崎首相補佐官就任で不機嫌に!
10 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
11 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
12 瀬戸内寂聴が生前、「美しい憲法を汚した安倍政権は世界の恥」
13 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
14 植村隆の名誉毀損裁判で不当判決!櫻井よしこの捏造を無視
15 三原じゅん子が「政権を握っているのは総理大臣だけ」と無知発言
16 伊藤詩織氏がはすみとしこ氏を提訴!安倍親衛隊議員の責任
17 菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
18 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
19 HIROレコ大買収隠しで上戸彩を利用
20 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
1維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
2自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
3自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
4高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
5安倍晋三に中国電力から原発マネーが 
6橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
7コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
8吉村知事がコロナ協力金めぐる税金無駄遣いを棚上げし岸田クーポン批判
9吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
10政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
11岸田首相のオミクロン対策はザルだ! 入国禁止は外国人だけで差別性丸出し

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄